コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ピクニックエリアでプーたちとピクニックを楽しもう

東京ディズニーランド、パークエントランス左側にあるピクニックエリア、ここは、パーク内へのお弁当の持ち込みができないためお弁当を持したゲストのために作られたスペースです。

パーク外ではありますが、ディズニーの世界を味わいながらお弁当を食べることができる施設となっています。

そんな場所でピクニックを楽しむプーたちの様子を見てみましょう。

IMG_0957

プーたちが100エーカーの森でピクニックをする様子は作品中にも表れています。

原作『クマのプーさん』第5章「コブタが、ゾゾに会うお話」では冒頭でプー、ピグレット、クリストファー・ロビンが3人でピクニックをしている様子が描かれています。

また、ディズニー長編『くまのプーさん』(2011年)でも、スグモドルを捕まえるために、プーとピグレットはピクニックの様子を再現した罠を仕掛けます。

このように、よくピクニックを行っている100エーカーの森の仲間たち、今日はどのようなピクニックなのでしょうか。

 

IMG_0948

一番大きく立っているのがラビット。

このピクニックをいつもの調子で仕切ろうとしているようです。

IMG_0935

プーは少し手をあげながら立っています。

ちょうど遠くにクリストファー・ロビンがやって来るのを見つけたような腕の上げ方です。

IMG_0943

ピグレットは自分の身長の半分ほどもある大きな風船に乗っています。

これは短編『プーさんとイーヨーのいちにち』(1983年)でピグレットがイーヨーのお誕生日プレゼントとして持ってきたものです。

100エーカーの森があるイギリスではパーティーに風船はつきもの。『ティガームービー』(2000年)でも、ティガー柄の風船がたくさん登場します。

IMG_0945

そんなイーヨーはいつものように陰気を漂わせながら登場。

しかし横から見ると、いつもより少し前のめりになっているようです。

IMG_0947

 

ラビットが仕切ろうとしているこのピクニック、ピグレットは大きな風船を持ってきて、プーはクリストファー・ロビンも呼んだようです。そしてイーヨーもいつもより楽しげ。

何かをお祝いするピクニックのようですね。

夢と魔法の王国の入口では、100エーカーの森の仲間たちがいつもよりちょっぴり楽しいピクニックを行っています。

ちょっと休憩したくなったとき、パークから一歩出たところで彼らの賑やかなピクニックに参加してみるのも、パークの一つの楽しみ方かもしれません。

 - 東京ディズニーランド