コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

最新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」でニモのフレンズに!

東京ディズニーシーは2017年5月12日(金)、ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』の世界を舞台に映像とライドシステムの動きを融合させることにより、映画の海底の世界を体験できる屋内型アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」をオープンします。

ニモのフレンズにたくさん出会えるライドアトラクション!

魚サイズに縮むことができる潜水艇「シーライダー」に乗り込んだゲストは、ニモやドリーたちと同じ目線で、広い海の世界を冒険します。

プレショーで見ることのできる潜水艇「シーライダー」の模型

出会えることのできるニモたちのフレンズ(キャラクター)はニモ、マーリン、ドリー、クラッシュ、スクワート、エイ先生。ピーチ、ジャック、ブロートハンク、ベイリー、デスティニー、ラッコと盛りだくさん。

この中からランダムで登場するため、乗る度に違ったストーリーを楽しむことができます(1度に全てのキャラクターには出会えるわけではありません)。

「ニモ&フレンズ・シーライダー」のストーリー

「ニモ&フレンズ・シーライダー」の舞台は、ポートディスカバリーの中心的な施設である海洋生物研究所。

海洋生物研究所では、海洋生物の研究を行うと同時に、訪れるゲストに海とそこに住む生き物たちを大切にすることを呼びかけています。

ポートディスカバリーは海洋生物の住処

ゲストはここで、海洋生物学研究所の科学者たちがチジミニウムと呼ばれる特殊なマテリアルを開発したことを知ります。

海洋生物学研究所の科学者

チジミニウムは電気を通すと収縮するという特性があり、このチジミニウムを使って作られたのが魚の形をした潜水艇「シーライダー」です。

「シーライダー」は中に人間を乗せた状態で、安全に魚サイズに縮むことができます。また、人口フィッシュ知能を搭載したことにより、「シーライダー」は本物の魚のような動きをすることができるだけでなく、操縦士が載っていない状態でも自動運転で本物の魚たちと一緒に行動することができます。

122人乗りの潜水艇「シーライダー」

前方のみでなく、頭上にも海の世界が広がります。

海中に潜り込んだ「シーライダー」はニモやドリーたちとはじめとする様々な海洋生物たちに出会い、彼らと交流します。

ニモのフレンズと同じ目線で海中の世界を楽しめるライドアトラクションはこれまでのライドとは異なる大きな動きをするシーンもあり、手に汗握る展開も。世界中で東京ディズニーシーでしか体験できない、日本オリジナルのアトラクションをどうぞお見逃しなく!

©Disney ©Disney/Pixar

 

 - 東京ディズニーシー