コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

キャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」制作者スティーブン・ デイヴィソンのコメントを発表

東京ディズニーランドでは、2017年1月13日(金)から3月17日(金)まで間、スペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」を開催します。今年は新たに特別なナイトエンターテイメントであるキャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」がスタートします。

製作者へのインタビュー動画が公開

ショーの公開に先駆け、この「フローズン・フォーエバー」の制作者であるスティーブン・デイヴィソン(Steven Davison/ エグゼクティブ、パレード&スペクタキュラー, ウォルト・ディズニー・イマジニアリング・クリエイティブ・エンタテイメント)のインタビューを、YouTubeの東京ディズニーリゾート公式チャンネルに公開しました。

今回の約90秒の動画では、ショーの制作者である スティーブン・デイヴィソン氏によるショーの見どころや、一番お気に入りのシーンなどを彼自身の言葉で語っているほか、1月13日(金)からスタートする「フローズン・フォーエバー」の一部を、どこよりも早くご覧いただくことができます。

東京ディズニーシーの「レジェンド・オブ・ミシカ」、「ファンタズミック!」、ディズニー・カルフォルニア・アドベンチャーの「ワールド・オブ・カラー」の制作を担当されたスティーブン・デイヴィソン氏は「フローズン・フォーエバー」に対し、「ディズニー最新のクリエイティブでアナと雪の女王を17分に凝縮」とコメント。

「城の形状を生かしたマッピング技術により、映画にはない臨場感や躍動感を表現し、パークならではなレーザーやパイロなどの演出も見所。今までに見たことのない映画『アナと雪の女王』の世界へお誘いする」とのことです。

スティーブン・デイヴィソン氏はオラフが歌い踊る「あこがれの夏」のシーンがオススメとのこと。公開が待ち遠しいですね!

©︎Disney

 - 東京ディズニーランド