コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

“Can You Remember?” ―ミッキーマウス・レビュー

2009年5月25日に惜しまれながらクローズしたアトラクション「ミッキーマウス・レビュー」。

今回は長い歴史を持つこのアトラクションを振り返ります。

g_mmr0001
パークのシンボル、シンデレラ城のすぐ近く、ファンタジーランドで温かい空気を発していた在りし日の姿

「ミッキーマウス・クラブ」のミッキーが描かれた入口。上部にはドナルドとグーフィーの姿も。

 

1983年の東京ディズニーランド開園から親しまれていた「ミッキーマウス・レビュー」ですが、このアトラクションが最初にオープンしたのは1971年のこと、ウォルト・ディズニー・ワールドのマジックキングダム・パークに誕生しました。

東京ディズニーランドが開園する際に記念としてプレゼントされるため、マジックキングダム・パークでは1980年にクローズ、その後日本に運ばれ第二の人生を歩むことになりました。

このように東京ディズニーランドより長い歴史を持つこのアトラクションは、”It All Started With By A Mouse”(全ては一匹のネズミから始まった)と表現されるディズニーの歴史を体験することができるアトラクションでした。

 

それではアトラクションの中を振り返りましょう。

入口をくぐると、いよいよミッキーマウスと音楽の共演の始まりです。

DSC_0531
壁一面に並ぶミッキーの石像たち

どれもミッキーが主演した作品の像であり、スーパースター、ミッキーマウスの輝かしい功績を知ることができました。

g_mmr0002
ロビーに並ぶ数々のミッキー石像の中でも特に人気だった「ミッキーの青春手帳」の1シーン

1928年のデビュー以来常にショービジネスの最先端を走り続けるミッキーマウス、そんな彼がディズニーの仲間たちによるフルオーケストラの指揮者として、いつもよりちょっとおしゃれをして登場。

そんなアナウンスを聞いた後は、映写室へ。

 

ここでは立ち見映画のスタイルをとりながら、ミッキーマウスと音楽の歴史を知ることができました。

進行役を務めたのが、映画「ファンタジア」に登場する「サウンドトラック」。

ミッキーとほぼ同時にデビューし、彼の活躍を支えてきたサウンドトラック君がミッキーとサウンドの功績を横長の大きなスクリーンを使って説明してくれました。

ミッキーの初代声優を務めたウォルト・ディズニーの肉声をはじめ、ミッキーが演じた数々の役と共にミッキーの素晴らしい才能を観ることで、演奏会への期待が膨らみました。

 

そしていよいよ演奏会の会場へ。

g_mmr0004
会場はまさにミッキーのために作られたもの

この幕が開くと、いよいよ演奏会のスタート。

キャラクターたちはそれぞれ思い思いの楽器を演奏していました。

g_mmr0006
マッドハッターと三月ウサギの吹くバスクラリネットから顔を出すドーマウス

g_mmr0007
ミニーはバイオリンで「星に願いを」のソロを披露

DSC_0539
美しい音色に誰もが聞き入ってしまいました

 

さらに豪華なディズニーの仲間たちが登場。

g_mmr0009
白雪姫が森の動物たちと共に歌声を披露

g_mmr0010
七人の小人は映画さながらの演奏

DSC_0498
さらにアリスや三匹の子ぶたも登場し、歌います

g_mmr0011
三人の騎士が登場すると舞台は一気に賑やかに

最強のトリオが会場を右に左に飛び回ります。

 

シンデレラはフェアリーゴッドマザーと共に登場。素敵な魔法を見せてくれます。

DSC_0736

そして、シンデレラとプリンスチャーミングの「これが恋かしら」は美しいシルエットで観ることができました。

このアトラクションで「輝く昼下がり」や「これが恋かしら」の日本語歌詞を覚えた、という方も多いのではないでしょうか?

 

g_mmr0013
全員で「ジッパ・ディ・ドゥー・ダー」の大合唱

ブレア・ラビット、ブレア・ベア、ブレア・フォックスが登場するといよいよ演奏会もフィナーレ。

ここでは虹がかかり、ミッキーとディズニーの仲間たちが見せてくれる夢の世界が広がっていました。

 

g_mmr0014

最後は僕らの輝くスター、ミッキーマウスを称える「M-I-C-K-E-Y M-O-U-S-E」を合唱し、幕が閉じていきます。

 

DSC_0742

劇場を出ると、たくさんのディズニーキャラクターのパネルが並んでいました。

ミッキーマウスとディズニーキャラクターたちによる豪華な演奏会は、時代が経っても色あせないものでした。

たくさんのゲストに惜しまれながらクローズした「ミッキーマウス・レビュー」現在この場所は、ミッキーたちによる3D映像を用いた演奏会とドナルドのドタバタ騒動を描く「ミッキーのフィルハーマジック」として生まれ変わっています。

 - 東京ディズニーランド , , ,