コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

東京ディズニーランドホテル調理部井上仁さん、「氷彫刻世界大会」にて最優秀賞受賞

東京ディズニーランドホテルの調理部に所属する井上仁さんが、 北海道旭川市で開催された「2016 年 氷彫刻世界大会」において個人最優秀賞(内閣総理大臣賞・秀江賞)を受賞しました。井上さんの最優秀賞は今回を含め、 個人戦で4回、団体戦で2回、計6回目の受賞となります。

2016年氷彫刻世界大会 受賞作「夢を乗せて」受賞作「夢をのせて」

氷彫刻世界大会は今回で28回目の開催となる公式の国際大会で、井上さんは個人戦に臨み、2月6日(土)の19時から2月8日(月)の11時までの制限時間40時間で、氷彫刻の技術や芸術性を競いあいました。会場となった旭川平和通買物公園に個人戦出場者の力作27基が並ぶ中、個人最優秀賞という栄誉ある賞を受賞しました。

ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテルでは“食”を通じた素晴らしい体験を提供すべく、社内研修等様々な取り組みを実施しており、ディズニーホテルはこれからも引き続き、より多くのゲストにかけがえのない想い出を提供していくとのことです。

井上さんのコメント

井上 仁

「今回の作品は、静と動の融合をテーマに彫刻しました。馬車の両脇に女性をシンメトリーに配置し、繊細な馬車には蝶などさまざまな飾りをつけました。 自分自身の中で、今までにない難しいデザインにあえて挑戦しました。この経験を活かし、 今後ともゲストのみなさまに感動体験を提供できるよう努めてまいります。」とコメントしました。

©Disney

 - ディズニーホテル