コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ” いよいよスタート!

東京ディズニーシーでは、2016年4月15日(金)より337日間にわたって、「東京ディズニーシー15 周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」を開催します。

11310
祝祭感あふれるパークで、ゲストのみなさまとミッキーマウスやディズニーの仲間たちの新たな冒険の旅が、いよいよスタートです。

世界のディズニーテーマパークで唯一、「海」をテーマとして 2001年9月4日に誕生した、東京ディズニーシー15 周年のテーマは“Wish”(願い)。それは、未来を思い 描き、そこへ向かうワクワクする気持ちです。そして、 “Wish”の象徴となる色鮮やかな「ウィッシュ・クリスタ ル」が、パークのいたるところで色鮮やかにキラキラと輝きます。

ミッキーマウスやディズニーの仲間たちも、それぞれ の“Wish”によってさまざまな色に輝く「ウィッシュ・クリスタル」を身に付けて、ゲストを新しい冒険の旅へとナビゲートします。「愛」を願うミニーマウスには赤色、「友情」を願うドナルドダックには青色、 「元気と健康」を願うグーフィーには緑色の「ウィッシュ・クリスタル」がそれぞれ輝き、ミッ キーマウスは、みんなの願いが集まったクリアなクリスタルを身に付けています。

ディズニーの仲間たちのウィッシュ・クリスタル

ディズニーの仲間たちの“Wish”(願い)が「ウィッシュ・クリスタル」となって、さまざまな色に輝きます。

11311

「愛」を願うミニーマウスには赤色、「友情」を願うドナルドダックには青色、 「元気と健康」を願うグーフィーは緑色のウィッシュ・クリスタルがそれぞれ輝き、ミッキーマウスはみんなの願いが集まったクリアなクリスタルを身に付けています。

新規ショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」

「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」は東京ディズニーシー15 周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”のオープニングを華やかに飾る、期間限定のハーバーショーです。

“Wish” (願い)を輝かせる新たな冒険の旅へ期 待に胸を膨らませるゲストの前に、クリスタルの不思議な力に導かれた、ディズニーの仲間たちが旅の案内役として登場し、ショーがスタートします。

091512

ディズニーの仲間たちは、“Wish”を表現する色の「ウィッシュ・クリスタル」を身に付けています。ミニーマウスは「愛」を表現した赤いクリスタル、ドナルドダックは「友情」を表現した 青いクリスタル、グーフィーは「元気と健康」を表現した緑のクリスタルで、それぞれの願いを賑やかな歌やダンスで披露します。そして、ミッキーマウスはみんなの願いが集まったクリアなクリスタルを身に付けており、「大好きな仲間たちと一緒に旅を続けて、みんなを元気にしたい」と願うと、たくさんのディズニー の仲間たちやダンサーたちが、ゲストと一緒に手振りや手拍子で盛り上がり、みんなの願いをひとつに集めます。

フィナーレではみんなの”Wish”が一つになって、カイトが大空を舞い、中央にそびえ立つ透明なクリスタルのオブジェからはパイロが次々と打ち上がり、15 周年の新たな冒険の旅立ちを盛大 にお祝いします。

リニューアル「ビッグバンドビート」

アメリカンウォーターフロントのブロードウェイ・ミュージックシアターで公演中のレビューショー「ビッグバンドビート」が、2006 年7 月の公演開始以来、初めてショー内容やコスチュー ムを一部変更してリニューアルします。

「ビッグバンドビート」は、ビッグバンドの全盛期にあたる1920年代から40年代にかけて、世界中を熱狂させたスウィングジャズを中心としたレビューショーです。ビッグバンドの演奏をバックに歌うシンガー達の歌声、エネルギッシュなタップダンスのリズムが響くダンスナンバー、ミッキーマウスが迫力あるドラム演奏をするクライマックスシーンなどはそのままに、バンドマスターのグーフィーが活躍するシーンや、新規コスチュームのミッキーマウスとミニーマウスがリズミカルなダンスを披露するシーンが加わるなど、新たな魅力をお楽しみいただけます。

そして、ショーに出演したディズニーの仲間たちやダンサーたちが勢ぞろいするカーテンコールのシーンでは、15周年イベントの期間限定で、15周年のテーマソングをジャズアレンジした楽 曲で華やかなフィナーレを迎えます。

©Disney

 - 東京ディズニーシー