コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

舞浜駅の発車予告ベルが『アナと雪の女王』でおなじみの音楽に期間限定で変更!

東京ディズニーランドでは、1月12日(火)から3月18日(金)の間、スペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」を開催します。イベントスタートにあわせ、東京ディズニーリゾートの玄関口にあたるJR京葉線舞浜駅では、1月12日(火)よりホームの発車予告ベルをディズニー映画『アナと雪の女王』の音楽に変更します。

アナとエルサのフローズンファンタジー(イメージ)

新しい発車予告ベルは、ディズニー映画『アナと雪の女王』でおなじみの「生まれてはじめて」 (東京方面・上り線)、「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」(蘇我方面・下り線)のメロディに。東京ディズニーリゾートを訪れたゲストは、舞浜駅のホームに降りた瞬間から、『アナと雪の女王』の世界に包まれます。

この発車予告ベルは、1月12日(火)の初電から3月18日(金)の終電までお楽しみいただけるとのことです。

※現在の発車予告ベルの音は、ディズニーソング「It’s a small world」(上り線)、 「Zip-A-Dee-Doo-Dah」(下り線)です

©Disney

 - Tokyo Disney Resort ,