コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

今年のニコニコ超会議は「働く乗り物」展示も熱い!

4月26(土)〜27(日)に幕張メッセで開催されるニコニコ超会議。

ニコニコ超会議3_キービジュアル横

今年は、昨年以上にコアな催し物がたくさん!

今回は、「働く乗り物」系の展示に的を絞り、ご紹介します。

ニコニコ超会議でしか見れないスペシャルな展示が盛りだくさん!

 

陸上自衛隊のヘリコプター「AH 64D アパッチ・ロングボウ」

昨年の超会議2では「10式戦車」を展示し、安倍首相も訪れ注目を集めた「自衛隊ブース」。今回は、陸上自衛隊のヘリコプター「AH 64D アパッチ・ロングボウ」を展示。「AH 64D アパッチ・ロングボウ」とは、世界最強の攻撃ヘリコプター「AH 64A アパッチ」を改良した機体で、メインローター(機体上部で回転する翼)上に大きな丸い高性能レーダー「ロングボウ」を搭載している点が特徴です。陸上自衛隊では13機が運用中。

アパッチロングボウ

<AH-64Dアパッチ・ロングボウ 実機データ>

[乗員]2人,[全長]17.73m,[全幅]14.63m,[全高]4.9m (スティンガーランチャー搭載時5.70m)

 

海上自衛隊「DDG-172 護衛艦 しまかぜ」

海上自衛隊「DDG-172 護衛艦 しまかぜ」の模擬演習バーチャル体験が可能な設備を用意し、自衛隊の本格展示を見ることができる。「DDG-172 護衛艦 しまかぜ」は第三世代ミサイル搭載護衛艦(DDG)の一種で、対潜ヘリコプターの運用を行うため、後部に発着甲板が設けられており、ヘリコプターの発着艦が可能だ。はたかぜ型護衛艦とも呼ばれている。

護衛艦しまかぜ※実物の展示はなくバーチャル体験のみ。

<DDG172 護衛艦「しまかぜ」実物データ>

[定員]260人,[全長]150m,[全幅]16.4m,[全深]9.8m

 

深海探査のレジェンド「しんかい 6500」

海洋研究開発機構(JAMSTEC)の全面協力のもと、有人潜水調査船「しんかい 6500」がニコニコ超会議3で展示されることが決定。 それに伴い、会場に「超深海ブース」を新設する。「しんかい 6500」が一般イベントで展示されるのは初めて、とのこと。

しんかい6500_2有人潜水調査船「しんかい 6500」

©JAMSTEC

 

JAMSTEC が所有運用している、水深 6,500 メートルまで潜れる日本唯一の有人潜水調査船。世界中の海域で熱水噴出域や大地震震源海域などの潜航調査を数多く実施しており、新種の“巨大イカ”や海底 6,366m にある“海底の裂け目”など、数々の大発見をした。

しんかい6500_1

©JAMSTEC

2013 年 6 月には、JAMSTEC とニコニコのコラボ企画として、世界初 の試みとなる有人潜水調査船による深海 5,000 メートルからの生中継を実施。カリブ海中部のケイマンライズにある深海 5,000m の世界最深熱水域より、科学探査の現場を リアルタイムでノーカット生中継して成功を収め、ニコニコ生放送の視聴者数も 30 万人を記録した。

ゴールドスターによる「しんかい 6500 陸送生中継」のほか、ブースではコックピットツアーやマニピュレータ体験企画も

今回、全長 9.7m 重量 26.7t の「しんかい 6500」を初の一般展示するにあたり、会場までの輸送方法が大きな問題となった。 その超難関プロジェクトを成功させるべく、トレーラー輸送のエキスパート「株式会社ゴールド・スター」の全面協力が実現。

ゴールドスタートレーラー輸送のエキスパート「株式会社ゴールド・スター」

幕張メッセまで陸 上輸送される様子をニコニコ生放送でも完全生中継してユーザーにお届けする。また、「超深海ブース」では、「しんかい 6500」の心臓部 である耐圧殻(コックピット)に入れるツアーや、深海生物や岩石等を採取するために開発されたマニピュレータ(ロボットハンド)を特別に稼働させたユーザー参加型の体験企画を実施。現役パイロットも登場し、ユーザーとの空き缶つぶし競争など多くの企画を実施するとのこと。

コックピット「しんかい 6500」の耐圧殻(コックピット)内

©JAMSTEC

マニピュレーター

「しんかい 6500」のマニピュレータ(ロボットハンド)

©JAMSTEC

高井研 上席研究員

©JAMSTEC

<「しんかい6500」 実機データ>

全長:9.7m 幅:2.8m 高さ:4.1m 空中重量:26.7t 最大潜航深度:6,500m

 

宇宙から帰ってきたロケット(一部)

宇宙航空研究開発機構 JAXA協力のもと、超会議3に「宇宙ブース」の設置が決定。実際に宇宙に打ち上げられたロケットの先端部分に付属していたフェアリング部分(約5m)を展示するほか、数量限定で来場者にもフェアリングの一部をプレゼント。フェアリングとは、ロケットの最先端部に位置し、このフェアリングの中に搭載している衛星などを、打上げ時の振動や大気中を飛行する際に生じる熱から護る部品のこと。

フェアリング㈪ロケット本体から分離した白い部品がフェアリングだ。

フェアリング㈰白い大きな部品がロケットから分離する前のフェアリング

有人宇宙船「ソ ユーズ」

有人宇宙船「ソ ユーズ」の展示や宇宙技術者のトークショーなども開催します。

有人宇宙船「ソユーズ」本物の「ソユーズ」がやってくる

「ニコニコ超会議号」

アーティスト向谷実氏がプロデュース。前夜大阪を出発し上野までを走るブルートレイン「ニコニコ超会議号」が今年も運行されます。上野発青森行き最終寝台特急「あけぼの」下り列車、さらに「ニコニコ超会議号」の牽引機を2年連続で務めたヒサシやステップが特徴的なEF81-138(青森車)が今年も「ニコニコ超会議号」を牽引するのか、注目です。

IM2_2056ブルートレイン「ニコニコ超会議号」(昨年の模様)

幕張メッセの超鉄道エリアでは、引退した新幹線などのパーツをオークションで販売したり、鉄道会社各社の限定物販などが行われました。

IMG_1064

昨年以上に、盛りだくさんな内容となったニコニコ超会議。

様々なジャンルの展示や催しが楽しめる大型イベント、「乗り物」好きの皆さんもニコニコ超会議へ!

【ニコニコ超会議3開催概要】

公式サイトはこちら

超会議3ロゴタイプ&マーク-3

<イベント名称>

ニコニコ超会議3

<主催>

ニコニコ超会議3実行委員会

<会場>

幕張メッセ国際展示場1〜8 ホール

<開催期間>

2014年4月26日(土)10:00〜18:00

27日(日)10:00〜17:00

<入場券>

一般入場券

一般入場前売券:1,500円

一般入場当日券:2,000円

一般入場2日間通し券:2,500円(前売りのみ)

優先入場券(前売りのみ)

「優先入場口」から入場できる数量限定チケット

優先入場前売券:1,600円

優先入場前売2日通し券:2,700円

チケットの購入はこちら

 

<ニコニコ超会議関連記事>

「ニコニコ超会議3」に土俵が登場?!「大相撲超会議場所」今週末開催!はこちら

「大相撲超会議場所」発表会の模様はこちら

 

協力:株式会社ドワンゴ/株式会社ニワンゴ

 - ニコニコ超会議 ,