コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ワールドプレミアミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』に柚希礼音が出演!

宝塚歌劇団元星組トップスター柚希礼音がワールドプレミアミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』に退団後初の舞台出演をします!

main-7

 

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』とは

ワールドプレミア ミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』は、 『オペラ座の怪人』『エビータ』『キャバレー』『スウィーニー・トッド』『蜘蛛女のキス』─数々の傑作ミュージカルを生み出し、 史上最多21度ものトニー賞受賞の栄誉に輝くブロードウェイ最高の演出家、 ハロルド・プリンスが、 自身の人生を描く新作ミュージカルを、 NYやロンドンに先駆けてここ日本で世界初演。 彼が信頼するブロードウェイスター達と共に、 自らが手掛けた数々のヒット作から、 珠玉のショーストップナンバーを厳選し、 世界最高レベルの華やかなミュージカルショーを製作するとのこと。

柚希礼音が出演!

この、 ブロードウェイミュージカルの新たな伝説誕生ともいえる作品に、 ブロードウェイトップレベルのミュージカルスターと共に、 宝塚歌劇100周年を飾り、 数々のレジェンドを打ち立てた、 稀代の元トップスター柚希礼音の出演が唯一の日本人として決定しました。

<柚希礼音 コメント>

いつかエンターテインメントの本場アメリカで舞台に立ちたいと、 宝塚音楽学校に入る前、 夢見たことがありました。

今回ついにその夢への扉が開く…とワクワクしています。
この夢のようなチャンスをいただけたのは、 多くのことを学んだ宝塚歌劇団での16年間があってこそ。 この道のりは、 私にとって決して遠回りではありませんでした。 『オペラ座の怪人』を創られたハロルド・プリンス氏をはじめ、 ブロードウェイの第一線のクリエイターによる新作で、 さらにNY演劇界の主役級の方々とご一緒できるのは身の引き締まる想いです。

今回の舞台は、 身に余る高い壁への挑戦となることでしょう。
しかし宝塚で育まれた何物にも代え難い財産─自分をプロデュースする力、 そして努力すればどんな高い壁でも乗り越えられる強い意志─を大きな力として胸に刻み、 ブロードウェイに向かって羽ばたきます。 プリンス氏の演出が、 自分も知らない新たな柚希礼音を引き出してくださることでしょう。 また、 プリンス氏が私に合う素晴らしいダンスナンバーを選んでくださるとも伺っていて、 言葉ではとても言い表せないほど心が躍っています。

退団後初の舞台出演で、 大志を実現すべく、 このビッグプロジェクトに挑む柚希礼音の活躍、楽しみですね。

三井住友VISAカード presents ワールドプレミア ミュージカル
『プリンス・オブ・ブロードウェイ』 公演概要

公式ページはこちら

【東京公演】
2015年10月23日(金)~11月22日(日)
東急シアターオーブ

【大阪公演】
2015年11月28日(土)~12月10日(木)
梅田芸術劇場メインホール

<チケット料金>
SS席17,000円/S席14,000円/A席10,000円/B席7,000円 (税込)

7月25日(土)チケット一般発売開始

<第一弾キャスト(予定)>
シュラー・ヘンズリー (Shuler Hensley)
『レ・ミゼラブル』、 『オクラホマ!』(トニー賞助演男優賞受賞、 ローレンス・オリヴィエ賞助演俳優賞受賞)、 『ターザン』、 『ヤング・フランケンシュタイン』

ラミン・カリムルー(Ramin Karimloo)
『オぺラ座の怪人』『ラブ・ネバー・ダイ』『オぺラ座の怪人25周年記念ロンドン公演』 ファントム役、 『レ・ミゼラブル』ジャン・バルジャン役(トニー賞主演男優賞候補)

ナンシー・オぺル(Nancy Opel)
『エビータ』、 『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ』、 『ユーリンタウン』 (トニー賞主演女優賞候補)、 『屋根の上のバイオリン弾き』、 『メンフィス』、 『シンデレラ』

ケイリー・アン・ヴォーヒーズ(Kaley Ann Voorhees)
ブロードウェイ『オぺラ座の怪人』にクリスティーヌ役で現在主演中の新星

※アルファベット順 諸事情により出演者の一部が変更になる場合がございます。

 

 - 宝塚歌劇団, ミュージカル