コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

劇団四季、オリジナルミュージカル『夢から醒めた夢』を上演中

夢の配達人があなたに「夢」をお届けします。

【要クレジット】撮影:荒井健撮影:荒井健

赤川次郎と劇団四季の出会いから創られたこの『夢から醒めた夢』は1987年に「ニッセイ名作劇場」として、

また翌1988年には子供から大人まで楽しめる一般公演として上演されました。以降、全国各地で上演を重ね、多くの人々に感動を与える劇団四季オリジナルミュージカルの代表作となっています。

 

2000年にはバージョンアップが行われ、演出・振付・衣装・舞台装置などをすべて一新。

振付家でもある加藤敬二によってダンスシーンはエネルギッシュにリニューアルし、出演者たちによる開演前のロビーパフォーマンスも誕生しました。

個性豊かな登場人物(幽霊?)たちと出会うピコの冒険の物語は新たに生まれ変わったのです。

 

<ストーリー>

好奇心旺盛で元気な少女ピコは夢の配達人に導かれるまま閉園後の遊園地に入り、そこで交通事故で命を落とし

幽霊となった少女マコと知り合います。母親にお別れを言うために、一日入れ代わってくれる人を探していたマコ。不思議なことにあこがれるピコは、マコの願いを聞き入れて代わりに霊界へ行くことを決めます。

霊界空港の待合室では新任の役人デビルとエンジェルら空港職員が働いています。”光の国”行きロケットに乗ることが許されているのは、真っ白のパスポートを持ったもののみ。いじめを苦にして自殺したメソなど、生前に罪を犯したり人を悲しませたりした者は、グレーのパスポートしかもらえず、働きながら罪の汚れが洗い流されるのを待っていました。

明日は年に一度の”光の国”行きロケット707便が出発する日。マコから預かった白いパスポートが入ったバックをメソに預けて、ピコは707便ロケットを見に行きます。

待合室に戻ってきたピコは、メソに預けていたバックを受け取り、パスポートを取り出すものの、いつの間にかグレーから真っ黒に…。マコが地獄に堕ちてしまうと思い込んだピコはショックで気絶してしまいます。

ピコは人間界へ戻ることができるのでしょうか?マコは無事に”光の国”へ旅立つことができるのでしょうか?

 

 

【公演情報】

公式ホームページはこちら

 

<公演日程>

7月21日(日)~9月1日(日)

 

<会場>

四季劇場 [秋](〒105-0022 東京都港区海岸1-10-48)

<会場アクセス>

JR山手線/京浜東北線 浜松町駅北口より徒歩約7分

都営地下鉄浅草線/大江戸線 大門駅B1出口より徒歩約9分

東京臨海新交通ゆりかもめ 竹芝駅から徒歩約3分

 

<料金>

一般料金 = S席9,000円 A席7,000円 B席5,000円 C席3,000円

バルコニー席4,000円

学生料金 = S席4,500円  A席3,500円 B席3,000円 バルコニー席 2,000円

※上記の料金は消費税(5%)を含んでおります。

※学生料金の対象は大学生・専門学生以下となっております。

 

<予約方法>

電話予約:劇団四季予約センター 0120-489444 (午前 10 時~午後 6 時)

インターネット予約:SHIKI ON LINE TICKET(24 時間受付)

直接購入:各劇団四季専用劇場、各プレイガイド

 

<お問合せ>

劇団四季東京公演本部 TEL:03-5776-6730(日祝休)

協力:劇団四季

 - 劇団四季