コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

シャーロット・ケイト・フォックス、『シカゴ』来日公演に出演!

連続テレビ小説『マッサン』でエリー役を見事に演じきり、大きな注目を集めるシャーロット・ケイト・フォックスさんが、ミュージカル『シカゴ』で主演のロキシー・ハート役として今年10月にブロードウェイデビューします。またブロードウェイ公演に続き、12月には来日公演を実施します。

DSC_0347

ブロードウェイデビュー、来日公演の実施を記念して記者会見が行われております。

生演奏に合わせて、歌唱披露!

この記者会見のために来日された シャーロット・ケイト・フォックスさんはROXIE  MEDLEY として「FUNNY  HONEY」、「ME AND MY BABY」、「ROXIE」、「NOW ADAYS」の4曲をメドレーをバンドの生演奏に合わせ、披露しました。

DSC_0046

DSC_0020

すでに、ニューヨークにてお稽古が行われたとのことで、お稽古の模様を記録したムービーが上演され、お稽古の思い出や苦労が語られました。

インタビュー映像の上映

エグゼクティブプロデューサーのバリー・ワイズラーさんへのインタビュー映像が流れ、シャーロットさんは「アメリカから日本に仕事をしに来て、アメリカで仕事をするために日本で仕事をする、という不思議な体験をしました。」「何事もプロセスだとおもっているので、この仕事をしたから着地点に届いた、という感覚はないですね。」「とは言え、ブロードウェイのアンバサダー劇場のステージに一人で立った、ということは夢のような出来事でした。」とコメントしました。

DSC_0117

シャーロットさんは「ブロードウェイのステージというとすごく大きいと想像する方も多いかと思いますが、実際は限られたスペースの中で作られており、手の届く範囲にいろいろなものがあり、とてもアットホームな環境です。」ともコメントし、ダンス・キャプテン/振付のデヴィッド・ブッシュマンさんからの「とても笑いのたえない現場になりました。」というメッセージに対し、「よくダンスのレッスンで転んだからね!」と笑顔で答えられました。

来日キャストの一部発表!

12月の来日公演ではブロードウェイでもヴェルマ役として活躍されているアムラ=フェイ・ライトさんの出演が決定しました。

舞台への抱負

シャーロットさんは「出演が決まり、気持ち悪くなりました。ブロードウェイに出るというのは大きなことですし、頭の片隅にいる悪いことを考える部分がお前にできるわけないよ!と囁いてきます。大きな舞台ですが、楽しんで頭の中の小さな声に黙らせたいと思います。」「日本に来る前の私とそのあとの私は違う人なのではないか、と思うぐらい変わりました。演技もですし、全てです。いつも最善を尽くすこと、を肝に銘じて演じていきます。」とコメントし、会見を終えました。

DSC_0212

シャーロットさんらしい日本語を交えての会見となりました。
本場ブロードウェイ来日する東京公演、どうぞお見逃しなく!

【ブロードウェイミュージカル『シカゴ』来日公演概要】

公式ページはこちら

<日時>
2015年12月4日(金)〜23日(祝・水)

<会場>
東京・東急シアターオーブ

<舞台形式>
生演奏/英語上演/日本語字幕あり

チケット等の詳細はこちら

取材協力:キョードー東京

 - ミュージカル