コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

劇団四季、創立60周年を記念し『ミュージカル李香蘭』を上演中。

劇団四季は創立60周年を記念し、四季オリジナルミュージカル“昭和の歴史三部作”を順次上演しており、3作品目として『ミュージカル李香蘭』の上演がスタートした。

『ミュージカル李香蘭』撮影:上原タカシ_TUX8859撮影:上原タカシ

『ミュージカル李香蘭』は昭和初期、日本人でありながら、中国人女優“李香蘭”として生きた山口淑子の数奇な半生を軸に、日中戦争の歴史を客観的、かつダイナミックに描いた“昭和の歴史三部作”の第一弾。91年の初演以来、844回というオリジナルミュージカルとしては圧倒的な公演回数を誇る他、92年には日中国交回復20周年記念公演として中国4都市(北京/長春/瀋陽/大連)を巡演、また97年にはシンガポール公演も行われ、国際的にも高い評価を得ている。今や“日本を代表するミュージカル”ともいえる。

戦後68年。若い世代にとって戦争は遠い出来事となり、戦争体験世代の高齢化によって、語り部も失われつつある。果たして“昭和の戦争”がどのようなものであったのか、その実相に迫る作業は今後ますます難しくなっていくのではないだろうか。悲劇が繰り返された“昭和”という時代を風化させてはいけない。その想いから、四季は『ミュージカル李香蘭』を含む一連の“昭和の歴史三部作”を製作、上演を続けている。昭和という時代と、戦争の悲劇に正面から向き合い、時代の真実に迫ったこの三部作は日本人の心に寄り添った主題を扱っていることもあり、高い評価を受けている。次の世代を担う若者たちへ“ミュージカル”というかたちで、昭和の戦争を語り継ぐ劇団四季。創立60周年を記念して上演されるにふさわしい演目だ。 この機会をお見逃し無く!

【ストーリー】

1946年、上海軍事裁判所。ここに一人の女性が引き出された。名は“李香蘭”。日本の国策映画に数多く出演したことから、祖国・中国を裏切った反逆者(漢奸)の罪を問われ、裁判に掛けられたのだった。しかし、彼女は告白する「私は日本人。名は山口淑子です」と…。

 

【公演情報】

公式ホームページはこちら

<公演日程>

9月8日(日)~9月29日(日)

<会場>

四季劇場[秋] (東京都港区海岸1-10-48)

<会場アクセス>

JR山手線/京浜東北線 浜松町駅北口より徒歩約7分

都営地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅B1番出口より徒歩約9分

東京臨海新交通ゆりかもめ 竹芝駅から徒歩約3分

<料金>

S席9,000円/A席7,000円/B席5,000円/C席3,000円

バルコニー 4,000円/学生バルコニー 2,000円(要学生証)

<予約方法>

<予約方法>

ネット予約:SHIKI ON-LINE TICKET(24時間受付)

電話予約:劇団四季予約センター  0120-489444 (午前10時~午後6時)

直接購入:各劇団四季専用劇場、JR東日本主なびゅうプラザ

チケットのご購入はお早めに!

協力:劇団四季

 - 劇団四季