コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc3 Produced by TBS スペシャルトークイベント開催!

『メタルマクベス』は、2006年に劇団☆新感線と宮藤官九郎が初めてタッグを組み、初めて挑んだシェイクスピア作品であり、ロックバンドが劇中で生演奏する音楽に特化したスタイルで上演された。
シェイクスピアの『マクベス』の世界観は変えずに、2206年の廃退した近未来と、空前のバンドブームに沸いた1980年代の日本を二重の構造に置き換えるという大胆なアレンジによって創り上げられた脚本は前代未聞のシェイクスピア作品として大きな話題となりました。

この『メタルマクベス』が、初演から12年の時を経て、宮藤自ら脚本を書き直し、キャストを変え、演出にアレンジを加えて、disc1、disc2、disc3と題して3作を連続上演します。


7月23日より上演が行われたdisc1、9月15日から上演が行われているdisc2、そして『メタルマクベス』連続上演の最後を飾るdisc3が11月9日(日)より東京都江東区のIHIステージアラウンド東京にて開幕します。
それに先駆け2018年10月6日(日)、東京都江東区のアーバンドックららぽーと豊洲・シーサイドデッキメインステージにてスペシャルトークイベントが開催されました。

トークイベントの様子

定刻になると、司会を務めるTBSアナウンサー日比麻音子さんの呼び込みで、


本日の主役、ランダムスター/マクベス浦井役の浦井健治さん、レスポールJr./元きよし役の高杉真宙さん、グレコ/マクダフ柳下役の柳下大さんの3名が来場者に拍手で迎えられながらステージに登壇。
季節外れの好天に先ずは浦井さんから「皆さん熱中症に気をつけて下さい!」と注意喚起。
高杉さんは「来場者の皆さんと距離が近いので緊張するとは思いますけど、皆さんと
お話しできたら良いなと思っています。」とご挨拶。
柳下さんも「ホントに暑いので気をつけて下さい」と注意喚起されました。

全員が着席した所で作品紹介VTRが流れ、登壇者3名がそれぞれの役の概要を説明。


浦井さん「W・シェイクスピアの「マクベス」をクドカンさんの執筆といのうえさんの演出でより分かりやすく、よりメタルな感じで、今の日本で一番、「マクベス」を『メタルマクベス』にする意味っていうのは、この舞台ならではの醍醐味じゃないかなとメッセージも含めて思います。360度回転劇場はまだ舞台に立った事は無いんですけど、先輩達が兎に角、大変だぞという話なので、体力勝負なので我々は肉を食べて頑張っていこうと思います」


高杉さんは「僕は父上が正に殺されるシーンというのを見ていたので凄く悲しくはなりますけど、浦井さんが己を殺す感じが見ていて辛いです。」と、稽古真っ最中の様子を語られ、


柳下さんは「稽古が始まってそんなに経ってないんですけど、楽しいですね。頼りになる大先輩の浦井さんがいるので。」と稽浦井さんをプッシュ。
各人が話し終えると、折角の機会という事で“ミュージカルの王子様”の浦井さんに劇中曲のサワリを歌ってもらう事に。


会場は大拍手に包まれます。

そんな皆が存分に楽しんでいるららぽーと豊洲のステージに中継が繋がれます。

そしてモニターに映し出されたのは、なんと今、正に公演真っ最中のIHIステージアラウンド東京にいる、ランダムスター/マクベス魔Ⅱ夜役の尾上松也さん。


この日12時30分開演の昼公演の第一幕が終了し、第二幕までの20分間の休憩時間中に参加するというかなり無茶な中継、しかもその後18時開演の夜公演も有る為「健ちゃん!休ませてくれ!」と満面の笑みから本音が。
そして3人へ「兎に角、稽古場だと色々分からない事だらけなので、稽古場ではイメージを膨らませてそして、いのうえさんが楽しんで出来ると芝居も面白くなるので、
いのうえさんを一生懸命笑わせてあげてください。」と尾上さんからのエール。


9月15日から始まった公演も折り返し地点だが?とのMCからの問いに、「今、丁度、皆もどんどんノって来てまして、カンパニーの熱もドンドンと上がっている所なのでね、もっともっと盛り上げて行きたいなと思いますよ。disc3も11月9日から始まりますが、こちらも10月25日までやっていますので、disc2をまた更に盛り上げて頂けると嬉しいです。皆さん。この後、ソワレもあるので是非来て下さい。」と尾上さんに会場から拍手がおくられました。

様々なコーナーも終え、最後に来るdisc3に対する意気込みを


浦井さん「本当に回る劇場は日本(アジア)で此処だけ。この劇場で劇団☆新感線さんが約2年弱、髑髏城の七人から始まった公演、「メタルマクベス」のオーラスという事で、自分達にもかなり負荷がかかっていると思います。ですけれども、お客様の力を借りてしっかり60公演の完走を目指しながら、橋本さとし兄さんから、そして松也からの襷を我々がちゃんと受け継いでやっていけたらと思っているのでガンガンに盛り上がって頂いて、拳を上に突き上げてやっていけたらと思っているので、是非とも劇場の方に足をお運びください。」


高杉さん「僕は今回、ずっと緊張している状態で稽古に臨んで、本番も緊張すると思うので、大先輩の皆さんに色々と教えて頂きつつ、本番に臨んでいきたいなと思いますし、Disc3も大晦日の31日までやっているので、そこまで気を抜かず、皆で最後まで舞台上に立って「メタルマクベス」の世界を演じ切りたいなと思っておりますので、是非皆さん、宜しくお願いします。」


柳下さん「浦井さんが言った様にこの劇場でしか出来ないステージという物を今まで見た方も、見ていない方も、沢山の知り合いの人を誘って、12月31日、年内いっぱいやっているので、今年の締め括りにピッタリな舞台だと思います。是非皆さん、足を運んで下さい。宜しくお願いします。」
と締め括られました。



三作続いた「メタルマクベス」のトリを飾るdisc3。
チケットは是非、お早めに。

【ONWARD presents 新感線☆RS 『メタルマクベス』disc3 Produced by TBS公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2018年11月9日(金)〜12月31日(月)

<会場>
IHIステージアラウンド東京

<公演時間>
未定

<料金>
13,500円(全席指定・税込)※未就学童児入場不可

<出演者>
ランダムスター/マクベス浦井:浦井健治
ランダムスター夫人/ローズ/右近B:長澤まさみ
レスポールJr./もときよし:高杉真宙
グレコ/マクダフ柳下:柳下大
グレコ夫人/シマコ/林:峯村リエ
パール王/ナンプラー:粟根まこと
右近/医者:右近健一
エクスプローラー/バンクォー橋本:橋本じゅん
レスポール王/元社長:ラサール石井

礒野慎吾
吉田メタル
中谷さとみ
村木 仁
冠徹弥
上川周作
小沢道成

伊藤結花
植竹奈津美
駒田圭佑
鈴木智久
鈴木奈苗
鈴木凌平
新納智子
早川紗代
本田裕子
山﨑翔太
米花剛史
渡辺翔史
川原正嗣
藤家剛
工藤孝裕
菊地雄人
あきつ来野良
横田遼
北川裕貴
翁長卓

『ミュージシャン』
岡崎司(guitars)
髙井 寿(guitars)
福井ビン(bass)
松田 翔(drums)
松﨑雄一(keyboards)

<STAFF>
原作:ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」松岡和子翻訳版より
作:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり
音楽:岡崎司
振付&ステージング:川崎悦子
美術:堀尾幸男
照明:原田保
衣裳:伊賀大介
音響:井上哲司
音効:末谷あずさ
殺陣指導:田尻茂一、川原正嗣
アクション監督:川原正嗣
ヘア&メイク:宮内宏明
小道具:高橋岳蔵
特殊効果:南義明
映像:上田大樹
大道具:俳優座劇場舞台美術部
歌唱指導:右近健一
演出助手:山﨑総司、加藤由紀子
舞台監督:篠崎彰宏、芳谷研
宣伝美術・宣伝画:河野真一
宣伝写真:岡田貴之
宣伝衣裳:伊賀大介
宣伝ヘアメイク:宮内宏明、スズキミナコ(長澤まさみ)
宣伝小道具:中田彰輝
宣伝:脇本好美、浅生博一、長谷川美津子 ディップス・プラネット
キャスティングアシスタント:細野博幹
制作助手:伊藤宏実、大森祐子、福島美咲、泉野奈津子
デスク:高畑美里
制作:辻未央、中柄毅志
制作プロデューサー:細川展裕、柴原智子
主催:TBS/ディスクガレージ/ローソンエンタテインメント/電通
後援:BS-TBS/TBSラジオ
特別協賛:株式会社オンワードホールディングス
制作:ヴィレッヂ
企画・製作:TBS/ヴィレッヂ/劇団☆新感線

Produced by TBS Television, Inc., Imagine Nation B.V., and The John Gore Organization, Inc.
©1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

 - 舞台