コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ミュージカル「TOP HAT」制作発表、開催!

1935年、アメリカのRKOスタジオによる製作で、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの映画史上最高のダンスキング&ダンスクイーンが主演を務めた映画「TOP HAT」。
ミュージカル映画界に燦然と輝く本作を元に舞台化がなされ、イギリスのミルトン・キーンズ・シアターにて初演が行われたのが2011年8月の事。
以降、ウエストエンドを始めとするイギリス国内、更にはアイスランドで上演され、「英国ローレンス・オリヴィエ賞」で7部門にノミネート、3部門を受賞し大きな話題を呼び、日本国内では、2015年3月~4月に宝塚歌劇団宙組の朝夏まなと・実咲凜音による初公演、そして、同年9月~10月には、アラン・バーギット、シャーロット・グーチ等による、初来日のロンドン版公演が行われ、大喝采を浴びました。

そして、2018年11月、英国オリジナルクリエイター陣による待望の日本人キャスト版が東京都渋谷区の東急シアターオーブより開幕します。
それに先駆け、2018年10月2日、東京都千代田区の帝国ホテルは孔雀の間にて製作発表が行われました。

制作発表の様子

主人公のジュリーをイギリスに招く裕福な演劇プロデューサーのホレス役の益岡徹さんとヒロインのデイルの親友で自由奔放な妻、マッジ役の朝海ひかるさんが先陣をきってオンステージ。
続いてはデイルに恋心を抱くナルシストながら何処か憎めないイタリア人デザイナーのアルベルト役の屋良朝幸さん。

ホレスの執事、個性的な性格と変装が見所のベイツ役の浅野和之さん。そして最後はジェリー・トラヴァース役の坂本昌行さん、デイル・トレモント役の多部未華子さん。
演出家のマシュー・ホワイトさん、振付を担当されるビル・ディーマーさんも揃い、総勢8名が登壇されました。

先ずはマシューさんからご挨拶。

「皆さんこんにちは。こうしたまた私の大好きな町、東京に戻ってきて大好きなこの作品に皆さんと携われる事を楽しみにしております。」

続いてビルさん。

「こうしてこの素晴らしい作品を皆様に御提供出来る事を大変光栄に思っております。」

続いてはキャストの皆さんからのご挨拶。

坂本さん「本場のスタッフの皆さんと200着余りの衣裳を着るという事で、非常に楽しみにしておりますし、なんと言ってもこのキャストの皆さんと一緒に出来る事を非常に楽しみに思っております。」

多部さん「こんな華やかでゴージャスな素敵な舞台のキャストの一人として、参加させて頂ける事をとても光栄に思っています。」

屋良さん「HelloEveryone!この役は、今まで僕がやった事が無いキャラクターなので、新しい引き出しを自分で模索しつつ、また新しい自分に出会えたら良いなという気分でやりたいと思います。是非、応援宜しくお願いします。」

朝海さん「2015年に招聘版のTOP HATを拝見して、終演後、手が真っ赤になってジンジンする位、拍手をして「痛い」と思った記憶が今でも残っています。そんな作品に出演出来る事をとても光栄に思っております。皆様に楽しんで頂ける様、精一杯稽古をして頑張りたいと思います。」

益岡さん「今日は晴の席に連なる事が出来てとても嬉しいです。多分、あっという間に初日が来て、あっという間に千秋楽が来るのかなというのを今から取越苦労みたいに考えていますけども、自分のエネルギーと情熱と言いますか、パッションと言いますか、皆さんに負けない様に頑張って行きたいと思っています。」

浅野さん「子供の頃に見ていたフレッド・アステアの映画の舞台版にこうして出られるという事を、今回、本当に楽しみにしています。」

改めてこの作品の魅力は?

マシューさん「私がトップハットを好きなのは、やはりコミカルであって、スタイリッシュであって、チャーミングであって、そしてロマンチックであるというこの4つのコンビネーションにあると思います。勿論この作品では、素晴らしい振付と当時のアメリカでは一番有名な作曲家であった、アーヴィング・バーリンによる、素晴らしいスコアというのも素敵な要素だと思います。このTOP HATの様な作品は、現実の社会で今行われている様な非常に悲しい出来事から、全く違う、とても軽妙で明るく楽しいコメディの世界を皆さんに御覧頂く事によって、現実から少しでも逃避して頂ける作品になるのかなと思います。」

今日登壇の日本人キャストの印象は?

マシューさん「世界で一番のキャストだと思います。幸運に私達は一年半前に来日をしまして、キャスティングをしていたんですが、この作品は本当にキャスティングが難しい。皆、歌えて踊れて演技も出来なければならない。でも、素晴らしい皆さんとお稽古を始められる事を楽しみにしています。実は昨日、私とビルにとってお稽古の初日だったんですが、そこで台本読みをやったんです。後、歌を入れてやりましたがそれ自体がとても素晴らしく、台本読みでこの素晴らしさですから、これからより良い物になって行くと確信しています。」

日本のファンに見て欲しいシーンは?

ビルさん「この作品には1930年代を髣髴とさせる沢山のダンスがあります。タップあり、社交ダンスあり、ジャズがあり、そしてミュージカルの振付もあります。これを現代の方達が観て頂いても本当に楽しんで頂けると思います。実際に映画でも御覧になった世界で、TOP HATを被り燕尾服を着た男性が一列になって出てくるという、気品とエレガンスさのあるこの世界を見ていただけるだけでも、楽しいと思います。」

続いて、出演者への質問

最初に本作へのオファーが来た時の気持ちは?

坂本さん「来日公演を2回見させて頂いた時に、なんてコミカルだけど、非常にお洒落な作品だなというのを見て感じました。漠然と舞台を見ながら、「こういう作品に出れたら良いな」と思っていた矢先にこのお話を頂いた時に100%の喜びと100%の怖さも感じました。何故かというと、やっぱりフレッド・アステアのステップ。あの軽やかなステップは恐らく彼にしか出来ないものだと思っています。それを自分がやるとなった時に、“さてと、どっからスタートして良いのか”“どう練習して良いのか”。とりあえず、タップをまた一から練習してみようという所から始まったんですけども、素直にこの作品を楽しめる事が出来ましたし、これから稽古を重ねる度により深く愛せる作品だなと思っております。」

オーディションを受けたそうだが、出演が決まった瞬間の気持ちは?

多部さん「今年の初めにオーディションを受けたんですけど、その前に特訓をして参加できたら良いなという思いで受けてはみたものの、決まってからは不安と、自信が無いのと、怖いのとネガティブな感情しか生まれてきません。今も。もっと前向きに自信を持って出来る様になるにはまだまだ時間が掛かりそうです。」

デイルをどんな風に演じたいか?

多部さん「今回の登場人物の中で一番、感情の波があり、揺れ動くのがデイルだと思っていて、その表現がもっと上手く出来たら良いなと思うんですけど、その中に踊りがあったり歌があったりして、その中にもデイルの感情の流れにそって振りが付いていたりとか、歌詞が付いていたりするので、トータルで感情の流れが出る様にうまく表現していけたら良いなと思っていて、そこをスタッフの皆さんに協力して頂いてだせていけたら良いなと思っています。」

屋良さんから見て、ベディーニはどんな役柄?

屋良さん「情熱的でナルシストで自分が大好きで自分を一番愛しているというキャラクターなんですけど、やっぱりこの仕事をしていく上で、ナルシストな部分は多少なりにも有ると。これはタレントさん全般にある事だと思いますので、僕はそういうキャラクターでは無いですけども、今回はその小さなナルシストの部分を存分に大きくしてベディーニというキャラクターを作っていけたらと思っています。」

益岡さんと朝海さんは夫婦役だが、どんな夫婦関係か?

益岡さん「ホレスはマッジと3年前に結婚したという設定になっておりまして、昔からマッジと友達ではあったんですが、それまで独身をずっと続け、マッジと結婚した事で“何かが終わってしまった”夫婦関係で、完全に主導権はマッジが持っていて、その周りで翻弄されながらうろたえたり、叩かれたりという関係です。」

朝海さん「テンポが何より大事なんだろうなと、昨日の台本読みをさせて頂いて、マシューさんからのアドバイスを頂いて、その事は凄く大事にしていきたいなと思いますし、何よりも台詞がとても楽しく、言っている自分が段々興奮してくる感じの台詞になっているので、そのまま脚本に預けたいと思います。」

益岡さん「あと一点、マシューさんが作品の世界観をアドバイスして下さった事があって、凄く印象に残った事が、作中では色んな応酬や傷つけ合いやどんでん返し等、色々有るんですけども、それを「スフレのような」、と。それが凄く印象に残りまして、軽やかで空気がいっぱい入って柔らかでフワッとしたものなんだというのを読後感としてお客様に伝えていく事が出来たらなと思ったんですが、多分それはきっと難しい事なのかもしれないんですけども、挑戦してみたいなと思っております。」

双方が役を務めると分かった時の気持ちと、稽古が始まり二人の呼吸の合い方は?

坂本さん「多部ちゃんの印象というのは、映像で見る多部ちゃんの印象が強くて多部ちゃんからミュージカルというモノがどこかで繋がらなかったんですけども、今年の3月に前倒しで振付をして頂いた時に実際にお会いして時間を共にしたんですが、僕の想像を簡単に超えたビックリする程の印象を180度変える多部ちゃんがそこにいました。」

多部さん「坂本さんのミュージカルを私は何年も前に拝見させて頂いた事があったので大舞台に立つ事に慣れてらっしゃる大先輩みたいなイメージで。今回はペアで踊る事が本当に多くて、これから本番まで頼りまくって、たまに坂本さんのせいにしたりとかして全部身を任せるつもりでいます。」

坂本さん「多部ちゃんがマイペースで何事にも動じず、ニュートラルでいてくれる方なので、僕もニュートラルでリラックス出来ているので非常に稽古も楽しいですしこれからお芝居するにあたってその自然の空気の中でお芝居をやっていけたら楽しいなという感じは受けました。」

多部さん「まだちょっと坂本さんとの呼吸は感じていていないんですけど、でも、本当に些細な事でも言い合えるような関係性になれたらもっともっとより良い物が生まれるんじゃないかと思ってもっと自然にこれから話しかけられたら良いなと思っています。」

いよいよ約1ヵ月後には幕を開ける日本人キャスト版ミュージカル「TOP HAT」。
チケットのお求めはどうぞお早めに。

【ミュージカル「TOP HAT」公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2018年11月5日(月)~11月25日(日)
大阪公演:2018年12月1日(土)~5日(水)

<会場>
東京:東急シアターオーブ
大阪:梅田芸術劇場メインホール

<公演時間>
未定

<料金>
S席13,000円A席9,000円
(全席指定・税込)
※※未就学児のご入場はお断りいたします。

<楽曲リスト>
『一幕』
M1:「Overture」(Vo.坂本昌行・アンサンブル)
M2:「Puttin’ on the Ritz」(Vo.坂本昌行)
M3:「No Strings」(Vo.アンサンブル)
M4:「The Hotel」(Vo.アンサンブル)
M5:「I’m Putting All My Eggs in One Basket」(Vo.坂本昌行)
M6:「Isn’t This a Lovely Day」(Vo.坂本昌行)
M6b:「You’re Easy to Dance With」(Vo.多部未華子・アンサンブル)
M6d:「Eggs Reprise」(Vo.坂本昌行)
M7:「What Is Love」(Vo.アンサンブル)
M8:「Top Hat, White Tie and Tails」(Vo.坂本昌行・アンサンブル)

『二幕』
M9:「The Piccolino」(Vo.朝海ひかる・アンサンブル)
M10:「Non Scacciarmi Mai(Part1)」(Vo.アンサンブル)
M10a:「Non Scacciarmi Mai」(Vo.アンサンブル)
M11:「Piccolino Waiters’ Reprise」(Vo.アンサンブル)
M12:「Wild About You」(Vo.多部未華子)
M13:「Cheek to Cheek」(Vo.坂本昌行・アンサンブル)
M14:「Better Luck Next Time」(Vo.多部未華子)
M14a:「Presto!」(Vo.アンサンブル)
M15:「Latins Know How」(Vo.屋良朝幸)
M16:「Let’s Face the Music and Dance」(Vo.坂本昌行・多部未華子)
M17:「Outside of That, I Love You」(Vo.朝海ひかる・益岡徹)
M18:「Finale Part1」(Vo.全員)
M19:「Finale Part2」(Vo.アンサンブル)
M20:「Finale Part3」(Vo.全員)

<出演者>
ジェリー・トラヴァース:坂本昌行
デイル・トレモント:多部未華子
アルベルト・べディーニ:屋良朝幸
マッジ・ハードウィック:朝海ひかる
ホレス・ハードウィック:益岡徹
ベイツ:浅野和之

『アンサンブル』
三井聡
加賀谷一肇
加賀谷真聡
工藤広夢
斎藤准一郎
高瀬育海
堀江慎也
萬谷法英
武藤寛
吉井一肇
岡本華奈
小島亜莉沙
彩月つくし
笘篠ひとみ
花岡麻里名
松田未莉亜
吉田理恵
脇坂美帆

<STAFF>
原作:映画「トップ・ハット」(RKO製作)
作詞・作曲:アーヴィング・バーリン
原作脚本:ドワイト・テイラー/アラン・スコット
脚色:マシュー・ホワイト/ハワード・ジャック
演出:マシュー・ホワイト
振付:ビル・ディーマー
美術:ヒルデガード・ベクトラ―
衣装:ジョン・モレル
照明:ピーター・マムフォード
音響:ギャレス・オーウェン

<日本側スタッフ>
上演台本・訳詞:高橋亜子
照明:吉川ひろ子
音響:山本浩一
衣裳:東宝舞台
ヘアメイク:宮内宏明
音楽監督:岩崎廉
指揮:小林恵子
歌唱指導:ちあきしん
通訳:伊藤美代子/福井彰子
美術コーディネート:伊藤雅子
技術コーディネート:黒澤一臣
演出助手:河合範子
舞台監督:藤崎遊
協力:Kenneth H. Wax
東京公演主催:フジテレビジョン/シーエイティプロデュース/梅田芸術劇場
大阪公演主催:関西テレビ放送/シーエイティプロデュース/梅田芸術劇場
企画・制作:梅田芸術劇場/シーエイティプロデュース

© Fuji Television Network, inc./ CAT PRODUCE CO.,LTD. / Umeda Arts Theater Co.,Ltd. all rights reserved.

 - 舞台