コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

「ワンピース音宴~イーストブルー篇~」いざ出航!

1997年7月、集英社発行の少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」にて連載が開始され、2017年10月現在までに単行本の全世界累計発行部数は4億3000万部を突破。
1999年より、東映制作でフジテレビ系列にて放送を開始したTVアニメを始めとし、数え切れない程のメディアミックスを行い、今や世界的な知名度を誇る、漫画家・尾田栄一郎作の少年漫画「ONE PIECE」。

海賊王を夢見る少年、”モンキー・D・ルフィ”を主人公に、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン漫画である本作は、信頼できる仲間たち〝麦わらの一味〟とともに、大海原へ乗り出す夢・冒険・友情をテーマに掲げた壮大な物語が、性別年代を問わずファンに愛されています。

そのワンピースが2018年8月~9月にかけて、東京都中央区の東京国際フォーラムホールCにて大ヒットアニメ『ONE PIECE』の音楽をショーアップした“未踏のブラス・エンターテインメント”「ワンピース音宴」が世界初演されます。

ワンピースの音楽がミュージシャンたちによるブラスの生演奏と〝麦わらの一味〟を演じるパフォーマーのアクロバットで表現され「イーストブルー編」の名曲・名シーンの数々が蘇ります。

初回の公演に先駆けプレスコールと囲み取材が行われました。

プレスコールの様子

夢を追い、そして財宝を手に入れる為、人々は海へと駆り立てられた。

しかし、どんな冒険の最中でも忘れてはいけないモノがあった。

それは、「宴」。宴に無くてはならないのは、音楽である。

今ここに始まる「音宴」!

さあっ、音宴の船出の合図だ。これからお前達の目の前で繰り広げられる
音の大海原での大航海に乗り遅れるんじゃないぜ。「音宴」出航だ!

本作はTVアニメ第1~61話で描かれる東の海「イーストブルー編」を巡るACT1と

劇中を盛り上げる人気ナンバーを怒涛の如く披露する「音宴」のACT2に大きく分かれ、

途中20分間の休憩時間には、ホールC一階のロビーエリアにて、パーカッショニストとキャラクターが登場し、来場者の目の前で演奏を繰り広げる、「インターミッション・パフォーマンス」を実施。


どっぷりと2時間まるまる「音宴」を堪能できます。

スペシャルサポーターの山里亮太さんと平祐奈さんの
囲み取材も行われました

山里さん「凄かったですね。初めて見た時に「こういう感じです」って見せてもらったから、これはもう完成形じゃないかなと思っていたら、更にこういう進化を遂げるんだと驚かされっぱなしで。後、音楽に“こういう遊び方”が有るんだっていう、こういう風に音楽を使う事が出来るんだと感動しました。正に宴でしたね。音楽の新しい見せ方をみれたというのも発見というか。全力で楽しむ宴もありましたし、本当に楽しかったです。」

平さん「本当に大迫力で、ワンピースのキャラクターのキャストさんから、演奏されている方々の表情一つ一つも凄く素晴らしくて、皆さんキャストさん全員が、楽しまれているのがこちらまで伝わって来て、お客さんも一緒に一体になって、最初から最後まで楽しめるなというのが凄く夏の思い出になるなと思いました。」

ワンピース通の山里さんからみて、印象的なシーンは?

山里さん「ゾロとミホークの戦闘シーンは、音楽だけでアレをどう表現するんだろう?と思っていたんですけど、こうやってやるんだというその感動も有って、凄く印象に残っています。殺陣の刀が鳴る音って、ドラマや映画とかで散々見てきているんですけど、「本物の戦闘シーンの音の空気感ってこうなんじゃないかな」と、結果、音楽がそれを表現できたんじゃないかなと、凄さを観ました。」

平さんは幼少期にトランペットをやられていたが、今回観てやってみたいシーンは?

平さん「今回は、木琴の音に惚れました。凄い心地いい可愛い音で触ってみたいと思いました。」

山里さん「でも参加するって言われても、あの凄いクオリティを観た後にそんな簡単に「私も入ってみたいです!」って言えなくさせる凄さがあったよね。メインキャラクター以外の人達も皆、凄い人が揃っているから、客席に下りてきて、近くで演奏を聴くとズシズシと響く響く。」

最後にメッセージをお願いします

山里さん「コレはもう照れていないで全力で参加すれば、自分の参加する思いが強ければ強いほど、楽しみが何十倍にもなって帰ってくるので、全力で前のめりで挑んで頂きたいなと思います。」

平さん「本当にお客様を魅了して下さる「音宴」。家族やお友達、心が弾んで夏のいい思い出になると思うので、ワンピースは「大航海」するんですが、観ても絶対「後悔」させないので、是非見て下さい。」

スペシャルサポーターのお二人もどっぷり楽しんだプレスコール。

ワンピースのあらゆるライブエンターテイメントの集大成とも感じられた本作。
麦わらの一味に加わりたければ、今すぐ劇場へ。

【『ワンピース音宴~イーストブルー編~』公演概要】

公式ホームページはこちら

<公演期間>
2018年8月12日(日)~9月2日(日)

<会場>
東京国際フォーラムホールC

<公演時間>
約2時間(20分間の途中休憩を含む)

<料金>
S席9,800円A席8,300円B席6,800円(全席指定・税込)
※3歳以下のご入場はお断り致します。予めご了承ください。

<演奏曲目>
◆ACT1
プロローグ:海賊王になるんだ!
オープニング:ウィーアー!(きだたにひろし)
フーシャ村:片翼の鷹/偉大なる海路へ!
シロップ村:たのもしい仲間!
『ウソップ海賊団登場』
バラティエ:ゾロ
『サンジとこっくたち』
『ゾロ対ミホーク』
ココヤシ村:追いつめられた
ナミのふるさと:許せないヤツとは、戦え!
『アーロンパークへ』
『ルフィ対アーロン』

他、アニメ劇中曲より

◆ACT2
ローグタウン:memories(大槻マキ)
リヴァース・マウンテン:RUN!RUN!RUN!(大槻マキ)/ココロのちず(BOYSTYLE)
ブルック・バンド:ビンクスの酒/NEW WORLD
『“麦わらの一味”アイキャッチ』
テーマソング:Share The World(東方神起)/Fight Together(安室奈美恵)/fanfare(Mr. Children)
フィナーレ:Family/ウィーゴー!(きだたにひろし)

※曲目は予告なく変更になる可能性有り。

<出演者>
『パフォーマー』
モンキー・D・ルフィ:松浦司(cv.田中真弓)
ロロノア・ゾロ:福地教光(cv.中井和哉)
ウソップ:森良平(cv.山口勝平)
サンジ:高澤礁太(cv.平田広明)
ナミ:大北岬(cv.岡村明美)

シャンクス:村瀬文宣
ヒグマ:宇乃徹
ミホーク:宇乃徹(cv.掛川裕彦)
アーロン/バギー:田中精
少年時代ルフィ:川口調

<映像出演>
ブルック:cv.チョー

<ミュージシャン>
◆パーカッション
石川直
中部敬之
ケイリー・ブルック
ハヴィ・オルテガ
カイル・ハリー
ウォレン・タイラー

◆トランペット
米所裕夢
アマンダ・ベイト
ジョーダン・ウェッブ
アズミ・バルタギ

◆トロンボーン
リサ・ライザネック・チャペル
マシュー・ヒュータード
アンソニー・ガルシア

◆ホルン
三上悠
ブライアン・ストロメッツ

◆チューバ
グラハム・ローズ
プリチャード・ピアース

◆サックス
西田剛
田辺栞
スペンサー・ペリン
ジョシュア・エスクティア
ハーマン・ルーカス

◆フルート
ウィリアム・アンダーウッド

◆クラリネット
ディレイニー・フォレスター

◆ミュージックマネージャー
ジェフ・ハリガン

※出演者はやむを得ない事情により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※公演中止の場合を除き、チケットの変更及び払い戻しはいたしません。あらかじめご了承ください。

【STAFF】
原作:尾田栄一郎(集英社『週刊少年ジャンプ』連載中)
演出・構成・振付:金谷かほり
音楽監督:田中公平
主催:キョード−東京/フジテレビジョン/東映アニメーション音楽出版
協賛:伊藤園
後援:BSフジ/WOWOW
監修:集英社/東映アニメーション
企画制作:キョードー東京

© 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 - 舞台, アニメ