コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

「八王子ゾンビーズ」公演開始!

映画、ドラマ、情報番組のパーソナリティーなどマルチに活躍する三代目J Soul Brothersの山下健二郎の初主演舞台「八王子ゾンビーズ」。

脚本・演出は映画・ドラマの脚本や舞台の作・演出、小説等、さまざまなジャンルで活躍している鈴木おさむが担当し、主題歌はm-flo、劇中歌は☆Taku Takahashiが本作のために書き下ろした楽曲に決定しました。
音楽×ダンス×ゾンビをテーマにした完全オリジナル作品が幕を開けます。

初回公演に先駆け、初日会見と公開ゲネプロが行われました。

会見の模様

初日会見に登壇されたのは、羽吹隆役の山下健二郎さん、孔明役の駿河太郎さん、仁役の久保田悠来さん、琉斗役の藤田玲さん、そして脚本・演出を手掛けられた鈴木おさむさんの5名。

質疑応答の模様を詳細にお届けします。

Q:本作の見所を教えてください

山下さん「完全オリジナル作品なので、全部を見て欲しいと言ってしまったらそこまでなんですが、今回新しい試みとして「応援上演」というのがありまして、映画で「応援上映」ってあるじゃないですか。それの舞台版といいますか。舞台って神聖な場所でも有るし、あまり声を出して何をするって場所じゃないと思うんですけど、その演出の時だけは笑ったり応援したり、今回はタンバリンがあるので、タンバリンを叩いたり、手拍子したり皆で楽しいで欲しいなと思います。」

Q:初日を迎えた今の心境をお聞かせください

山下さん「いよいよ来たかという感じですけども、皆で稽古を頑張って来たので、早くステージに立って、お客さんに見て欲しいなという気持ちが今は強いです。」

Q:今回は鈴木おさむさんとのタッグとなりますが、鈴木さんの演出はいかがですか?

山下さん「脚本もオリジナルで演出して頂いて、やっぱり毎回やっていて楽しかったですし、皆で作り上げたという感じがあるので、通し稽古を何回もしてその中で生まれた笑いだったりとか動きだったりとか。その中でエンターテイメント性も強いですし、歌も踊りもそして最後は感動する部分も有りますし、全部がこの舞台に詰まっているんじゃないかと思っていますので、年齢関係なく多くのお客さんに楽しんで頂ける内容なんじゃないかなと思います。」

Q:稽古中の印象的なエピソードをお聞かせください

山下さん「稽古期間中に丁度、隅田川花火大会がありまして、稽古終わった後、皆で観たのが凄く良い思い出です。あと、皆で何回か集まって稽古場の近くの中華屋に行きましたね。その店の大将と凄く仲良くなって最終的に肩組まれてました。麻婆豆腐と焼き餃子が美味しかったですね。」

鈴木さん「RIKACOさんが“姉御”でね。毎日ミキサーでフルーツジュースを作ってくれたりマッサージしてくれるわで、ちょっと緊張感も与えてくれたり、本当にあの人の御蔭でチームが一つになったかなと。“ゾンビの母”ですね。」

Q:舞台初主演の山下さんの座長ぶりはいかがですか

久保田さん「分け隔て無く、同じ目線で接してくれるというのは凄く有り難かったですね。特にゾンビはいっぱい絡みが有るので、そこで一緒になって作り上げていく空気を作ってくれるのは、凄い座長らしかったなと思います。最初に振付を付けてくださった方にプラスして山下さんがオリジナルで色々アレンジを加えて、皆を引っ張って教えてくれたり、後は中華を奢ってくれたり。」

駿河さん「皆知っていて朝の顔で僕も見ていたし、どんな人だろうと思っていたんですが、全然このまんまで、色々な経験というか、人の痛みが分かる座長って凄いなという感じです。」

鈴木さん「売れている人の共通点で僕が思う事が有りまして、根性がある。自分が分からない所に入る事は普通怖い筈なんですけど、そこに対して突っ込んで行く勇気と根性。そして“三代目の看板”を背負って戦っている感が半端無いなと思います。それが凄く、ゾンビとか役者の皆さんと戦いながら、そして座長でいる感じが凄いカッコイイなと思ってますね。」

Q:山下さんはダンスのアレンジをされたとの事ですが、いかがでしたか?

山下さん「最初、振付師の方に有る程度、作ってもらって、そこから僕と振付の方と2時間位、振付とダンスと色々話し合ってそれを皆さんに落とし込んだという感じなんですけどもダンス経験有る方無い方、レベルの差も多少有ったので、そこのクオリティをどんどん上げて、正直、自分はパフォーマーなので、ダンスに関しては舐められたくなかったので、そこで皆にしっかりダンスのレベルまで持って行けるギリギリのラインを狙いたいという事で一夏中、こんだけ期間があるから練習すれば絶対大丈夫だという所まで攻めて作ったつもりです。」

鈴木さん「今回、ダンスがダンスであって、お芝居なんですよ。物語のダンスがお芝居になっていて、多分、健二郎君はそれを意識して直したと思うんですよ。ただのダンスでは無く、お芝居としてのダンスとして直しているのでそれが今回凄く面白いんです。」

Q:巷でゾンビ映画がブレイクしているが、鈴木さん的には負けられない?

鈴木さん「ほんとに「カメラを止めるな!」もそうで、ゾンビものが凄く流行っているんですけど、ウチのゾンビはゾンビになった理由が日本的というか、只のゾンビじゃないので、そこの所も楽しんで頂けたらと思うと。オリジナル作品ですので、これをキッカケに色んな形で広がっていったら良いかなと思います。」

Q:意気込みをお願いします

山下さん「いよいよ今日から始まりますけども、皆で青春を感じて夏を楽しんで、この夏最後まで誰一人かける事無く最高の舞台に出来る様、引き続き皆さん宜しくお願いします。」

ゲネプロの模様

ダンサーになる夢が破れ、自分を見つめなおすために、八王子の山奥のお寺にたどりついたタカシ(山下健二郎)は、とある満月の夜にお寺の墓場でゾンビVS住職(駿河太郎)の壮絶な戦いを目の当たりにする。

このお寺は、夜な夜な無数のゾンビがうごめく、奇怪な場所だったのだ。

「ここで見たものは忘れろ!」と意味有り気に住職に言われたものの、タカシは気になって再び墓場を訪れた。するとそこにはゾンビの姿が…。

しかしよく見ると、そこにいるゾンビ達は陽気でイケメンばかり。

彼ら曰く、満月にダンスをすることで成仏できるのだが、それを住職たちに邪魔されているとのこと。

「俺たちにダンスを教えてくれ!!」とゾンビ達にせがまれ、何故か、タカシとゾンビ達の交流が始まったが…。

不穏な動きを見せる住職の思惑とは?果たしてゾンビ達は、無事に成仏できるのか!?

【公演概要】

公式ページはこちら

<公演期間>
2018年8月5日(日)~8月19日(日)

<会場>
TBS赤坂ACTシアター

<公演時間>
約2時間(途中休憩無し)

<料金>
9,800円(税込・全席指定・前売&当日共)

<出演者>
羽吹隆:山下健二郎(三代目J Soul Brothers)
仁:久保田悠来
楓:小澤雄太(劇団EXILE)
琉斗:藤田玲
快斗:丘山晴己
翼:高野洸
瀧:牧島輝
三太:井澤巧麻
四太:前田隆太朗
下田:加藤啓
一刃:早乙女友貴
海:隅田美保(アジアン)
太山:酒井敏也
大池:RIKACO
孔明:駿河太郎

下尾浩章
工藤翔馬
高橋玲
遠藤誠
前川孟論

<STAFF>
脚本・演出:鈴木おさむ
主題歌:m-flo(rhythm zone / LDH MUSIC)
劇中曲:☆Taku Takahashi(m-flo, block.fm)
音楽:楠瀬拓哉、伊真吾(OVERCOME MUSIC)
美術:中根聡子
照明:影山雄一
音響:カムストック
衣裳:ダダグラム、LDHapparel(山下健二郎)
ヘアメイク:糸川智文
振付:NABE
殺陣師:安田桃太郎
歌唱指導:大嶋吾郎
制作:ネルケプランニング
制作進行:S-SIZE
演出助手:井口綾子
舞台監督:堀吉行、浅野玲
宣伝美術:江口伸二郎
宣伝写真:三宅裕介
宣伝衣裳:CONEXT、福田麻琴(RIKACO)
衣裳協力:T.A.S.
宣伝ヘアメイク:糸川智文、下川真矢(山下健二郎)、神戸春美(RIKACO)
主催:LDH/ネルケプランニング

©舞台「八王子ゾンビーズ」製作委員会

 - 舞台