コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

『舞台「野球」飛行機雲のホームラン』プレイボール!

演出家・西田大輔による新作・舞台「野球」が、第100回目の甲子園を迎える今年の夏、2018年7月27日よりいよいよ幕を開けます。1944年、戦禍の中「野球」に憧れを抱き、白球を追いかけた少年達の物語。主演の安西慎太郎をはじめ、演技に高い評価を集める俳優陣が揃いました。

野球監修には、元プロ野球選手で野球解説・評論・指導者の桑田真澄が就任。
自らキャスト陣を指導し、野球の技術、楽しさを伝えます。

また、音楽には独創的な楽曲で注目を集める笹川美和がテーマソング「蝉時雨」を書き下ろし、舞台に更なる感動を生みます。

初回の公演に先駆け、始球式(初日舞台挨拶)と公開ゲネプロが行われました。

始球式(初日舞台挨拶)の模様

始球式に“登板”したのは、穂積均役の安西慎太郎さん、唐澤静役の多和田秀弥さん、岡光司役の永瀬匡さん、菱沼力役の小野塚勇人さん、田村俊輔役の松本岳さん、早崎歩役の白又敦さん、浜岡喜千男役の小西成弥さん、佐々木新役の伊崎龍次郎さん、堂上秋之役の松井勇歩さん、大竹明治役の永田聖一朗さん、初日から島田治人役の内藤大希さん、遠藤貞明役の藤木孝さんの初日の主要出演者全員と作・演出を手掛けられた西田大輔さんの総勢16名。

舞台出演に向けての意気込み見所をコメントいただきました。

安西さん「先ず、作品的には時代背景としていろいろありますけども、本当に本当にこの劇場、お客様もそうですし、舞台上に居る僕達、袖、その全てが舞台と言うか、すべての空間を表現していますので、僕達の全力プレーを見て欲しいなという思いがあります。以上です。」

多和田さん「この時代背景、そして限られた時の中で少年達が大好きであった野球というモノに対して打ち込む姿、熱意、輝きをこの舞台を通してお客様と一緒に体感できるように頑張っていきたいと思います。そして、西田さんが仰っていたんですけども、本当に新しい演劇が出来ているんではないかなという実感が自分も有るので、後はフルパワーで、全力で初日からやっていきたいと思います。」

藤木さん「野球を熱烈に愛する遠山貞明・中佐役です。この作品は西田さんの大傑作だと思います。そして劇場でしか味わえない、演劇でしか実現できない演出も見所だと思います。頑張って致します。どうぞ宜しくお願い致します。」

そして、作・演出の西田さんより、「反戦という言葉をメッセージにするのでは無く、やっている事でそうではない伝え方で、僕等なりのメッセージを伝えられたらなと思い此処まで頑張って来ました。普段自分としては、演出している作品は、非常に冷静である事を心がけているんですが、それさえも忘れる位の俳優の熱と制作陣の熱意が嘘の無いお芝居を作ってくれたんだと思います。本当に一球一球が勿論、物語の中にあるんですけども、舞台上で一球落としたら、お芝居が終わってしまうような緊張感と、それと覚悟を持ってたった一日の野球の試合に臨みます。本当に演劇でしか出来ない事を俳優の皆さんとスタッフと作り上げて来ました。どうぞこの作品が色んな方に届く様にどうぞ宜しくお願いします。」とコメントされました。

そして舞台挨拶の最後は、出演者代表による始球式。
勿論、安西さんが登板し、事にド真名ストレートを決め、始球式を終えました。

ゲネプロの模様

届かなかった、あのマウンドに―少年たちの生きた夏

1944年―戦況が深刻化し、敵国の競技である野球は弾圧され甲子園は中止されていた。

甲子園への夢を捨てきれずに予科練に入隊した少年達は、「最後の一日」に出身校同士で紅白戦を行う―

甲子園優勝候補と呼ばれた強豪・伏ヶ丘商業学校。実力は未知だが有力と思われる会沢商業学校。

野球への憧れ、強い仲間への憧れ―「憧れ」を通して、人が生きていく力、「生きたい」という希望を描く。

この舞台で行われるのは、予科練の少年達による1回表から9回裏までの一試合の野球。
本当に、ただそれのみです。映像演出や特殊効果、照明技術という派手さを身上とする演出は皆無。
見事なまでに泥臭い野球の試合そのものです。

しかし、開演から2時間45分後、観覧者は間違いなく少年達に心を突き動かされている事でしょう。

場内通路を使って客席の観覧者がまるでマウンドに選手として居るかのような演出も。
舞台袖から送られる声援等、臨場感は実際の球場に負けず劣らず。

そしてカーテンコールにて、穂積均役の安西慎太郎さんから「本日よるから初日の幕が開けるんですけども、全員野球でしっかりよい初日を迎えられるように頑張って行きたいと思いますので最後まで応援宜しくお願いします。」と挨拶がありました。

野球に憧れた少年達が全てを注いだ一試合、是非劇場で見届けて下さい。

【舞台「野球」飛行機雲のホームラン~Homerun of Contrail概要】

公式ホームページはこちら

<公演日時>
東京公演:2018年7月27日(金)~8月5日(日)
大阪公演:2018年8月25日(土)・26日(日)

<会場>
東京:サンシャイン劇場
大阪:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

<公演時間>
約2時間45分(15分間の途中休憩を含む)

<料金>
8,900円(全席指定・税込)

※未就学児入場不可
※購入後の返金・クレーム及びお席の振替は一切お受け出来ません。予めご了承下さい。

<出演者>
穂積均:安西慎太郎

唐澤静:多和田秀弥
岡光司:永瀬匡
菱沼力:小野塚勇人
田村俊輔:松本岳
早崎歩:白又敦
浜岡喜千男:小西成弥
佐々木新:伊崎龍次郎
堂上秋之:松井勇歩
大竹明治:永田聖一朗
菊池勘三・海軍少尉:林田航平
穂積大輔・海軍中尉:村田洋二郎
唐澤ユメ:田中良子

島田治人:内藤大希(友情出演・Wキャスト)※東京7/27(金)~7/31(火)のみ出演
島田治人:松田凌(友情出演・Wキャスト)※東京8/1~8/5・大阪8/25・26のみ出演

遠藤貞明・海軍中佐:藤木孝

竹内諒太
本間健大
書川勇輝
秋山皓郎
今井直人
田上健太

<STAFF>
作・演出:西田大輔
野球監修:桑田真澄
音楽:笹川美和(cutting edge)
テーマソング:笹川美和「蝉時雨」(cutting edge)
挿入歌:笹川美和「サンクチュアリ」「光とは」「止めないで」「誘い」(cutting edge)
美術:角田知穂
照明:大波多秀起
音響:前田規寛
衣裳:瓢子ちあき
ヘアメイク:新妻佑子/小林麗子
BGM:こおろぎ
演出助手:梅澤良太
舞台監督:清水スミカ
宣伝美術:山下浩介
宣伝写真:加藤孝
協賛:Calbee 2018プロ野球チップス
特別協力:MIZUNO
企画制作:エイベックス・エンタテインメント/Office ENDLESS
主催:舞台「野球」製作委員会

Copyright© 2018 舞台「野球」All Rights Reserved.

 

 - 舞台