コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

DRUM TAO「RHYTHM of TRIBE~時空旅行記~」東京公演開幕!

伝統芸能の枠を超えて「和太鼓」を驚異のパフォーマンスで表現し、「THE日本のエンターテイメント」として世界で称賛されている国内屈指のノンバーバルエンターテイメント和太鼓集団、DRUM TAO。

これまでに世界24カ国・500都市で上演され、世界観客動員数は800万人に迫り、2016年のオフ・ブロードウェイでは全公演SOLD OUT!Newsweek日本版が、「TAOは日本を世界へ売り込む『顔』になる!」と絶賛。

2017年には、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー、世界5カ国でワールドアルバムランキングTOP3入りを果たす。2017年から始まった訪日外国人向けナイトエンタメ「万華響」は、今年も5月、6月にわたりロングラン開催。「第6回観光庁長官表彰」「総務大臣表彰」受賞。現在3班で、国内外あわせて年間約400公演を行なっています。

そのDRUM TAOの2018年の新作が遂に完成し、5月11日(金)、大分県の日田市民文化会館パトリア日田にて開幕いたしました。

新作「RHYTHM of TRIBE~時空旅行記~」は、日本の伝統芸術をさらに進化させたエンターテイメントとして、SAMURAI達が過去と現在、未来を行き交う魂の旅をテーマに表現します。圧倒的な音表現を持つ和太鼓を中心に篠笛・三味線・琴などを用い、日本の伝統芸術の枠を超えて、想像を裏切る「最新の日本エンターテイメント」。

国籍もジャンルも越えて鳴り響くリズムにのって、心は躍り、身体を揺らすこの夏の注目作です。

そして7月19日(木)~27日(金)、東京都江東区のチームスマイル・豊洲PITにて東京公演が開幕しました。
初日公演の取材が許されましたのでお伝えします。

初日公演の様子

日本の伝統芸術を、更に進化したエンターテイメントとして表現。

SAMURAI達が過去と現代を行き交う魂の旅にいざない、古からのメッセージが、時を超えて現代に光を放つ。

異次元の衣装は7年目となるコシノジュンコがデザイン、TAOが繰り広げるパフォーマンスと大迫力の映像テクノロジーの融合。映画のような展開は、あらゆる想像を覆す、最先端の「THE 日本エンターテイメント」

2016年の「舞響-Bukyo-踊る○太鼓」で初タッグを組んだ映像クリエイティブ集団ZERO-TENが、本作の映像制作も担当。プロジェクションマッピングによる映像で、舞台を異空間にいざないます。コンセプトのトータルプロデュースは、音楽・映画・美術・舞台など幅広いジャンルに造詣の深い立川直樹が手掛けます。

東京初『TAOの夏祭り』同時開催!

TAOの拠点でもある大分県の竹田市久住では、毎年メンバー自身が手掛ける盛りだくさんの「夏フェス」が開催されており、大変な盛り上がりをみせます。

この度、東京で『TAOの夏祭り』を初めて開催。

開演時間の2時間前にOPENし、豊洲PITのロビーには、メンバーによるグッズ販売、TAO福引、メンバーのフォトスタジオ等が軒を連ね、開演までの時間はあっという間に過ぎてしまいそう。

そしてこの日は開演1時間前からロビーでの15分程のお迎えLIVEが。

皆が良く知っているあの曲、意外な曲も演奏されるかも?極めて近い距離感でTAOサウンドを感じられ、大人から子供までTAOを満喫することができます。

【公演概要】

公式ホームページはこちら

<公演日程>
2018年7月19日(木)~27日(金)

<会場>
チームスマイル・豊洲PIT

<公演時間>
約2時間(途中休憩無し)※多少の前後あり

<料金>
8,500円(全席指定・税込)

※1ドリンクオーダー制(別途、500円必要) ※6歳児未満入場不可

<出演者>
DRUM TAO

<STAFF>
演出・制作:フランコドラオ
衣装デザイン:コシノジュンコ
舞台デザイン:松井るみ
コンセプト:立川直樹
製作:タオ・エンターテイメント
宣伝写真:宮澤正明
映像:ZERO-TEN
主催:ぴあ/サンライズプロモーション東京/読売新聞社

 

 - 舞台