コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

舞台「ひらがな男子」公演スタート!

日本テレビで毎月最終木曜日の深夜に放送している「アイキャラ」からバカリズムの原案により生まれたひらがなを擬人化させた男子キャラクター「ひらがな男子」。その「ひらがな男子」を基に、ついに舞台化。バカリズムが初めて2.5次元舞台の脚本を担当することでも話題を呼んでいます。

遂に舞台「ひらがな男子」が東京都渋谷区のAiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕します。
初回公演に先駆け、囲み取材と公開ゲネプロが行われました。

囲み取材の模様

囲み取材に登壇されたのは、登壇者(予定)「あ」役の佐奈宏紀さん、「う」役の高橋健介さん、「ち」役の武子直輝さん「の」役の後藤大さん、第1部の演出・作詞、第2部の脚本・演出・作詞を手掛けた川尻恵太さん。

初日の意気込みとして、佐奈さんより「遂に今日、初日なんですけども、稽古を頑張って来ました。なので、脚本のバカリズムさんと演出の川尻さんの最強のタッグ、そして僕達キャストで作ってきた、僕達なりの笑いを信じて、本番も頑張っていきたいと思います。」、高橋さんより、「今回は笑いのある舞台という事で、いっぱい稽古を積んで来たんですけども、お客さんが実際に入ると、良い意味で全くの別物になると思うので、お客さんの御蔭で漸く完成する作品だと思いますので、皆さん大いに笑って欲しいと思います。」、武子さんより、「今作は凄くハートフルで、いろんな方が楽しめる作品になっております。老若男女問わず、皆さんが楽しんで盛り上がれる舞台となっていますので、これから本番を迎えますが、皆で頑張って力を合わせてやっていきたいと思います。」、後藤さんより「今まで色んな稽古をやってきたんですけども、「ひらがな男子」の稽古は、今までとは変わった稽古の内容で川尻さんの面白さが色々詰まったものになっていると思います。僕達が一番楽しんで伸びやかにやれたらいいなって思っています。」とのコメントが各出演者から出されました。

本公演の見所について川尻さんは「一つ纏めるとすると、今までに無い2.5次元舞台という事になるんですけど、今までもそう言われて来たものって沢山有るんだと思うんですよ。でも、その中でも昨今、2.5次元って凄く大きくなって、「こんな脚本家さんが書いてるんだ」っていう作品は色々あると思うんですけども、その中でバカリズムさんて、多分一番“遠く”からやってきた人と言うか、舞台ではコントを書いてらっしゃって、テレビでは、ドラマとかを書いてらっしゃるんですけども、演劇というモノを一つすっ飛ばして、2.5次元舞台の脚本を書いて下さったので、演劇を知っている僕等からすると、セオリーに無い事が台本に沢山有って、それを発掘しながら皆で作って行くみたいな感覚の稽古でした。なので、皆初めての体験をしたものをそのまま舞台で出すという感じなので、見る方も初めて目撃する物に成るんじゃないかと思っています。僕も2.5次元舞台でコメディをやらせて頂く事が多いんですけど、基本的に2.5のコメディって、“ONテンポ”な物が凄く多いんですけど、バカリズムさんが書く物はその中に“OFFテンポ”というか、本当に“間”とか、じわじわとボディブローの様に効かせていく笑が散りばめられているので、そういうのも2.5次元が好きで見て頂く方も、初めて見てみようかなと思っている方も、全員が笑いやすく初めて体験してまた見たいと思える物になっていると思います。」と話されました。

最後に佐奈さんから来場者へのメッセージとして、「本当にこんなにお客様が“欲しい!”というか、お客様の反応が楽しみな舞台は本当に初めてで、川尻さんがずっと僕達に言ってくれていたのは、「人を楽しませる事を第一に作りましょう」という事をけっこう言って下さって、今回はお芝居なんですけど、エンターテイメントショーみたいな感じに作られているので、稽古場で笑いが絶えなくてスタッフさんを含め、稽古場に笑いが溢れている舞台って無いなと思う位、愛が溢れるひらがな男子の舞台でお客様も是非一緒に僕達と笑って熱い夏を吹き飛ばして楽しく劇場を後にしてもらえたらと思っていますので、是非、最後まで応援宜しくお願いします」とコメントされました。

ゲネプロの模様

世の中から文字という文字が消え果てた時代の日本。

人々は文字を使えない不自由な生活を送っていた。

そんな中、立ち上がったひらがなの「あ」は、仲間たちを探し求める旅に出る・・・

本編終了後は、間を置かずに第2部のお芝居仕立てのライブパートが。
是非、ペンライトを推しの色に染めて、楽しみましょう。

【公演概要】

公式ホームページはこちら

<公演期間>
2018年7月20日(金)~7月29日(日)

<会場>
AiiA 2.5 Theater Tokyo

<公演時間>
約2時間(途中休憩無し)

<料金>

7,800円(前売・当日共/全席指定/税込)

<出演者>
「あ」:佐奈宏紀
「う」:高橋健介
「え」:坂垣怜次
「こ」:ゆうたろう
「し」:和泉宗兵
「た」:稲垣成弥
「ち」:武子直輝
「に」:二葉要
「ぬ」:宇野結也
「ね」:長江崚行
「の」:後藤大
「ひ」:定本楓馬
「ふ」:中村太郎
「よ」:星乃勇太
「ぁ」:春日レイ
「ぃ」:春日結心
「ば」:福島海太

<STAFF>
第1部
脚本:バカリズム
演出・作詞:川尻恵太(SUGARBOY)

第2部
脚本・演出・作詞:川尻恵太(SUGARBOY)
音楽監督・作曲:あらいふとし+ミヤジマジュン
美術:松生紘子
照明:大波多秀起
音響:遠藤宏志
映像:ワタナベカズキ+CO2
振付:EBATO
衣裳:小原敏博
ヘアメイク:武部千里
特殊造形:林屋陽二
歌唱指導:カサノボ一晃
演出助手:白鳥雄介
制作進行:國枝クミ、高階未来
技術監督:寅川英司
宣伝美術:FILM/SUU
宣伝写真:上野山裕二、八木斗希雄
制作:ネルケプランニング
協力:一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会/マセキ芸能社
主催:舞台「ひらがな男子」製作委員会(日本テレビ/VAP/ネルケプランニング/ディレクションズ)

©舞台「ひらがな男子」製作委員会

 

 

 - 舞台