コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

舞台「魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~」授業開始!

2003年より2012年まで講談社が発行する少年漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載され、2005年から2007年にかけてテレビ東京系列にてTVアニメが放送。2011年には劇場版アニメが公開され、その他、OVA、ドラマ、ゲーム化等、多岐に渡るメディアミックスが展開され高い人気を誇る、赤松建・作の漫画「魔法先生ネギま!」。

修行のため、女子中学校の教師となった10歳の魔法使いの少年・ネギを主人公にした異色の学園ラブコメディは、ネギ先生を翻弄しながらも時に力となる、個性豊かな女子中学生31人が魅力の1つで、ドタバタラブコメディの要素に加え、爽やかなエロさがスパイスとなっています。

また本作は、10歳の少年が立派な魔法使いになるため、様々な人に出会い、試練を乗り越えていく成長物語としての側面も。
アメリカやフランスなどの海外14ヵ国でも出版される程、一世を風靡した作品です。

そして2018年7月、「魔法先生ネギま!」の初の舞台化作品となる、舞台「魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~」が東京都渋谷区のAiiA 2.5 Theater Tokyoにて公演されます。

初回公演に先駆け、囲み取材と公開ゲネプロが行われました。

囲み取材の模様

囲み取材に登壇されたのは、ネギ・スプリングフィールド役の⽣駒⾥奈さんを始め、全キャスト総勢21名。

開幕に向けての意気込みとして、生駒さん「今回は個性溢れるキャストのカワイイ女の子が沢山いる舞台だけでなく、「ネギま!」という、沢山の方に愛されている原作の漫画ですので、稽古中も色々な事が有りましたが、今日、無事に初日を迎えます。舞台が開けてから生まれる事もあると思うんですけども、稽古中に生まれた沢山の絆がこの2年A組には沢山あるので、そういう所も見所に、皆さん楽しんで頂けたらなと思います。」と答えました。

稽古中に色々有ったとの事だが、具体的に?生駒さんは「アイドルの子が半分、役者として活躍している子、大学に通いながらやっている子、とそれぞれ沢山居るので、皆集まってやるという事が中々難しかったんですけども、そこを補いながら皆で協力しあって。初めてここで会うこの子が多かったんですけども、支えあえてなんて素敵な女の子達なんだろうというエピソードです。」とコメント。

最後にファンへのメッセージ。生駒さん「「ネギま!」という作品を愛している方は凄く沢山いらっしゃると思うので、過去にTVドラマがありましたが、舞台で演じるのは私達が初めてなので、今は2.5次元というジャンルの舞台が沢山行われているんですけども、その中に新たに「ネギま!」という作品が生まれて、私達も初めての事に戸惑いながらも、でも私達が“コレを作り上げるんだ”という気持ちで、自信を持って取り組んできた物なので、皆さんの目の前にお見せする物は、とてもキラキラ輝いた楽しいものになっていると思いますので、是非、楽しむぞという気持ちで劇場に足を運んで頂けたら嬉しいです。そして必ず笑顔で皆さんを送り出したいと思いますので宜しくお願いします。」とコメントされました。

ゲネプロの模様

麻帆良学園2年A組に教育実習生としてやってきた、ネギ・スプリングフィールド。
まだ10歳のネギに、クラス中が興味津々だ。生徒の一人である神楽坂明日菜は、ひょんな事からネギの正体が、イギリスからやってきた魔法使いである事を知る。

しかし、ネギが使える魔法は、ブラジャーやパンツの瞬間移動!?明日菜に頼まれて作った惚れ薬も、うっかり自分で飲んでしまい、生徒からモテモテになってしまう始末。
まだまだ半人前のネギは、立派な魔法使いになる修行の為、日本にやってきたのだ。

教師としての最初のミッションは、“バカレンジャー”と呼ばれる明日菜、夕映、まき絵、楓、古菲の成績を上げる事。期末テストで赤点を取れば、ネギが一人前の教師になれないばかりか、クラスも解散の危機・・・!ネギと明日菜達はお互いの為、協力し合う事を誓う。

季節が過ぎ、ネギと生徒達のの絆が少しずつ深まっていく中、街に女子を狙った吸血鬼が現れるという噂が広まる。胸騒ぎを感じたネギが、2-A の生徒・のどかの後をつけると、魔女の様な吸血鬼が彼女に襲い掛かる所だった。

魔法使いとして、そして教師として生徒達を守る為、ネギは吸血鬼と戦う事を決意。

だが、魔法使いが戦うには“パートナー”との契約が必要で、その方法はキスをする事・・・!?

果たしてネギはパートナーを見つけ、強大な敵に立ち向かう事ができるのだろうか。

【公演概要】

公式ホームページはこちら

<公演期間>
2018年7月12日(木)~7月16日(月・祝)

<会場>
AiiA 2.5 Theater Tokyo

<公演時間>
約1時間45分(途中休憩無し)

<料金>
8,800円(前売・当日共/全席指定/税込)

※未就学児入場不可

<出演者>
ネギ・スプリングフィールド:⽣駒⾥奈
神楽坂明⽇菜:松岡⾥英
近衛⽊乃⾹:愛わなび
宮崎のどか:歌⽥初夏(AKB48)
エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル:北川愛乃(SKE48)
絡繰茶々丸:⻄潟茉莉奈(NGT48)
雪広あやか:神志那結⾐(HKT48)
明⽯裕奈:⾼槻みゆう(YOANI1年C組)
朝倉和美:⾨⽥奈菜
綾瀬⼣映:榊美優(STU48)
和泉亜⼦:川上明莉
⼤河内アキラ:⼩野沢蛍
柿崎美砂:森憩⽃
釘宮円:奥村優希
古菲:⾕川愛梨(NMB48)
早⼄⼥ハルナ:⽵内夢
佐々⽊まき絵:仲美海(劇団4ドル50セント)
椎名桜⼦:豊島美優
⻑瀬楓:⽊原実優
⻑⾕川千⾬:⼤胡愛恵

アルベール・カモミール:斎藤亜美

<STAFF>
原作:赤松健『魔法先生ネギま!』(講談社)
脚本・演出:畑雅文
音楽:楠瀬拓哉&月蝕會議
美術:中根聡子
照明:大波多秀起
音響:遠藤宏志
振付:EBATO
衣裳:加藤佑里恵
ヘアメイク:松前詠美子
歌唱指導:新良エツ子
殺陣:吉崎考行
演出助手:松倉良子、福田沙織
舞台監督:倉科史典
制作:ネルケプランニング
制作進行:S-SIZE
プロデューサー:松田誠、秋元伸介、松下卓也
主催:ネルケプランニング、Y&N Brothers、講談社

 (C)赤松健・講談社/舞台「魔法先生ネギま!」製作委員会2018

 - 舞台