コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

東京おもちゃショー2018を探る

東京都江東区の東京ビッグサイトにて2018年6月7日~6月10日まで東京おもちゃショー2018が開催されています。
国内外合わせて約150社以上の出展がある中、コンフェティが気になったブースと商品をご紹介。

スターウォーズ関連

タカラトミーブースでは、2018年6月12日公開の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』関連の商品を展示。

そしてこのブースのイチオシはトランスフォーマーとコラボ商品、

「スターウォーズ/トランスフォーマー」第2弾の、「スターウォーズ/トランスフォーマー02ミレニアム・ファルコン」(6月下旬発売・税抜14,800円)

今年の日本おもちゃ大賞ハイターゲット・トイ部門の受賞商品で、ミレニアム・ファルコンが二つに分離し、ハン・ソロとチューバッカモチーフのトランスフォーマーに変形。

両者のミニフィギュアも付属し、コックピットに乗せる事が出来ます。

『着れちゃうダンボール』

今回のおもちゃショーの出展品の中でも異端中の異端と呼べるのが、ショウワノートが出品する「着れちゃうダンボールスター・ウォーズ大人用ダース・ベイダー編」。(2018年秋発売予定・税抜3,980円・監修中につき、仕様デザイン変更の場合あり)

この商品を装着しブースに立たれているのは何と、開発者本人。

身長150~180cmの大人用で製作にあたり道具は不要。
外装の塗装を含めて十分な強度を有しており、またマスク部分の目や兜部分に見た目以上の通気性がある為、ランニングスーツ等の汗対策をすると、驚くほど快適との事。またダンボール製なので、カスタマイズは自由自在。

フォースの力で「ホビー文具」という新しい文化を切り開きます。

ジュラシック・ワールド関連

マテル・インターナショナルが出品するのは映画「ジュラシック・ワールド」の関連商品。

スーパービッグ!T―レックス(6月発売予定・税抜予価8,900円)を筆頭に「炎の王国」の重要恐竜である、インドラプトルを展示。

スマートフォンアプリとアクションフィギュアが連動する仕掛け等、マテルならではの商品展開がなされます。

『アニア』

タカラトミーでは、2014年より発売開始された手のひらサイズの動物フィギュアシリーズ、「アニアアニマルアドベンチャー」のラージサイズクラスの新商品として、映画「ジュラシック・ワールド炎の王国」公開に合わせた関連商品が登場。

劇中のテーマパーク、「ジュラシック・ワールド」が存在する島、イスラ・ヌブラル島を商品化した「アニア探検!ジュラシック・ワールド」(6月発売予定・税抜き6,480円)を

展示。

1mを超えるビッグなマップには複数のギミックが隠されており、ブルー、T-レックス、インドラプトル等、6種類の恐竜のアニアも同時発売の予定。映画の世界観を見事に再現しています。

ブースではブルーと主人公の“オーウェン”が来場者を楽しませていました。

ディズニー関連

『ミッキーマウスとロードレーサーズ』

タカラトミーブースでは、こども向け番組チャンネルのディズニージュニアで放送中で、7月からはテレビ東京系にて放送中の「ディズニー・サンデー」にて地上波放送開始予定の「ミッキーマウスとロードレーサーズ」のトミカ等の商品を展示。

ラジコン、DIY、ガレージケース等、大変多岐に渡る商品展開が成されるようです。

『マイファーストおしゃれドレス』

ディズニープリンセスおしゃれドレスシリーズはスカート部分に各プリンセスのストーリーがプリントされるなりきり度の高い仕様(8月下旬発売予定・税抜3,800円)

そして、サイズが90~100のおしゃれドレスよりも小型の文字通り、子供達が最初に触れるおしゃれドレス、「マイファーストおしゃれドレス」を展示。ヘッドアクセサリー付きで6月下旬発売予定・税抜3,800円。

『「ディズニーツムツム」フィギュアシリーズ』

バンダイブースでは2018年9月発売予定の「ディズニーツムツム」フィギュアシリーズを展示。
小学生女児の認知率が実に75%以上(※1)あるという「ツムツム」。

メイン商品となるコレクションパック(税抜1,200円)には、S:約2cm、M:約3.5cm、L:約5cmの3サイズ各18種類の中から各サイズ1つずつパッケージされ、ゲームアプリのように積み上げて遊ぶもよし、9月発売予定のディスプレイセット・スペシャルディスプレイセット(税抜1,980円、税抜3,800円)で飾るもよしという想像性溢れる商品。

また中身が分からないブラインド仕様でアクセサリーパーツ付きのサプライズパック(税抜600円)や、

ハッピーフレンズパック、DXミッキーツムツムキャリー(税抜4,800円)等も有り、9月から多彩な展開が行われるようです。

『Disney KIDEA』

樹木の「KI」と発想・アイディアの「DIA」、子供の「KID」を掛け合わせた造語「KIDEA」。
2016年より展開中の商品、バンダイブースにて木製積み木玩具を展示。

高級木材であるブナを使用し、対象年齢は1.5歳~(一部商品は3歳~)。

現時点で70種類以上のラインナップがあり、子供達に木の温もりを伝えます。

会場内には、この他にも沢山の目玉商品が展示されています。是非、足を運んでみては?

※1 バンダイWEB調査2018年実施(7~12歳女児1,885名)

【おもちゃショー概要】

公式ホームページはこちら

<期間>
2018年6月7日(木)~6月10日(日)※7日・8日はバイヤーズデー

<会場>
東京ビッグサイト西1~4ホール

<料金>
入場無料

<出展社>
国内外151社

主催:一般社団法人日本玩具協会
共催:東京都
後援:経済産業省

(C)2018 TOMY. ©Disney ©Disney. Based on the “Winnie the Pooh”

works by A.A. Milne and E.H. Shepard. ©Disney / Pixar

 - 展示会