コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

「テイルズ オブ ザ ステージ -ローレライの力を継ぐ者- LIVE&THEATER at 横浜アリーナ」稽古場公開!

1995年12月、当時の株式会社ナムコ(現株式会社バンダイナムコエンターテイメント)より発売されたスーパーファミコン用RPGソフト「テイルズ・オブ・ファンタジア」。

SFC用ソフトでありながら作中ボイスの導入、作曲家、吉田由香里による、OP,EDのテーマ曲等で話題になった本作を皮切りに、2017年2月発売の最新作「テイルズ・オブ・ザ・レイズ」に至るまで、様々なメディアミックスを行い、全世界累計出荷本数は1600万本を越え、若者を中心に絶大な人気を誇る「テイルズオブ」シリーズ。

昨年2017年6月、横浜アリーナにて行われた「テイルズオブ」シリーズのファンイベント「テイルズオブフェスティバル2017」6月2日(金)公演にて、シリーズ10周年記念作品「テイルズオブジアビス」を題材にして上演した初の舞台化作品『テイルズオブザステージ-最後の預言(ラストスコア)- LIVE&THEATER at 横浜アリーナ』を皮切りに、「テイルズオブザステージ-最後の預言(ラストスコア)-」は、8月に大阪メルパルクホール、そして9月に中野サンプラザで公演され、3会場合わせて1万人以上を動員し、大盛況の内に幕を閉じました。

あれから一年、待望の新作舞台となる『テイルズオブザステージ-ローレライの力を継ぐ者- LIVE&THEATER at 横浜アリーナ』が2018年6月15日に神奈川県横浜市の横浜アリーナにて公演されます。

本公演に先駆け、都内某所にて公開稽古場取材が行われました。

稽古場取材の模様

本番公演を一週間後に控えた追い込み真っ最中の熱気溢れる稽古場の空気に圧倒されながら、今回、報道陣に公開されたのは、オープニングシーン、六神将の登場シーン、バトルシーンの3場面。

広さとしては、かなり大きな稽古場であるにも拘らず、20名を超える出演者が文字通り縦横無尽に場内を駆け巡り、驚く程の速度感で場面が進行して行きます。

バトルシーンにおいては、ルーク・フォン・ファブレ役の岩城さんが、客席の来場者と一緒にある技名を叫ぶシーン有り。

本番が楽しみですね。

公開稽古終了後、出演者を代表して、アッシュ役の新井雄也さん、ルーク・フォン・ファブレ役の岩城滉太さん、ナタリア・ルツ・キムラスカ・ランバルディア役の朝倉ふゆなさん、ティア・グランツ役の星波さんの4名の囲み取材が行われました。

今回の見所として、新井さんは「今年の作品は、アッシュ目線での物語を描いていて、前作の「テイルズオブザステージ-最後の預言(ラストスコア)-」とは、また違った演出、イベント要素が盛り沢山の楽しい舞台となっております。是非是非、皆さんお越し下さい!」と昨年と趣向を変えた内容である事を力説。

続いて岩城さんは「昨年に引き続き、ルーク役をやらせて頂いて本当に嬉しく思います。昨年はルークの目線で描かれたストーリーになりまして、今年はアッシュの目線のストーリーになります。今回の横浜アリーナの公演に関しては、恐らく誰も観た事も、聞いた事も、体感した事も無いような舞台になっていると思います。来て頂いた方に一生忘れられないようなステージにしますので、是非いらしてください。劇場でお待ちしております。」とのお答え。

昨年に引き続きナタリアを演じる朝倉さんは「日々の稽古の中でナタリアとしてアビスの世界に存在できている事が、とても幸せです。今年の横浜アリーナのステージは、去年と同様にアクロバットやアクションが凄く盛り沢山で、とても勢いのあるステージになっています。そして去年以上に“幾ら目が有っても足りない”見所満載のステージになっていると思うので、「ジアビス」の世界を体感しに是非、会場へお越し下さい。」と役柄に対する充実感を話されました。

そして、星波さんは「昨年に引き続き、ティア・グランツという素敵な役を演じられる事を、本当に嬉しく思いますし、それと同時に昨年ステージに立った時のファンの皆さんの「テイルズ オブ」シリーズに対する愛の大きさも体感したので、それをしっかりと受け止めながら、自分はもっと大きな愛をもってティアを演じられる様に頑張りたいと思います。今年の公演は、六神将という去年出ていない新しいキャラクターも沢山出てきますし、その新しいキャラクターが出て来る事によって、自分は勿論なんですけども、他のパーティメンバーも昨年とはまた違う色んなキャラクターとの関わり方という所も、皆、悩みながら一生懸命作ってきたモノが有るのでその辺を楽しみに見て頂けたらと思います。」

横浜アリーナならではの見所は?との問いに「お客様参加型であり、客席の近くにキャラクターが行くかもしれないし、もしかしたら、お話も出来るかもしれないし、場合によってはお客様の参加テンションの度合いによって、キャラクターが動いたりとか。積極的に参加できるような内容になっています。あの名台詞や技名を一緒に叫べるかも。去年以上に皆さんに作品の世界を一緒に旅している感覚になって貰える作り方になっているのかなと思うので、ペンライト(コンサートライト)等がどの様に使われるのか、楽しみにしていて下さい。そして、「ジアビス」のゲームを今一度プレイしてから、会場に来られるとより楽しめますので是非。」と朝倉さんと星波さん。

「お客様と一緒に楽しみたい。出演者も全力で楽しみますし、それをお客様に届けられる様に頑張ります。」と岩城さんの言葉にも力が入っていました。

【公演概要】

公式ホームページはこちら

<公演日時>
2018年6月15日19:00開演

<会場>
横浜アリーナ

<公演時間>
約2時間超(途中休憩無し・多少の前後有り)

<料金>
9,500円(全席指定・税込)

“LIVE&THEATER”限定来場者特典:複製サイン入りA5クリアファイル

※本公演当日のご入場の際にお渡しいたします
※3歳以下入場不可、4歳以上チケット必要。

<出演者>
アッシュ:新井雄也
ルーク・フォン・ファブレ:岩城滉太
ナタリア・ルツ・キムラスカ・ランバルディア:朝倉ふゆな
ティア・グランツ:星波(ザ・フーパーズ)
ヴァン・グランツ:RYOJI
シンク/イオン:高橋紗妃
リグレット:齊藤恕茉
アリエッタ:岡本麻海
ディスト:笠原織人(STARBOYS)
ラルゴ:森山栄治
アニス・タトリン:甲斐千尋
ガイ・セシル:川村玲央
ノワール:花奈澪
モース:内田健介

『ダンサー』
MAEDA
Fumiya
飯塚大夢
Ryoga
田邉浩仁
中島祐太
松野咲紀
深瀬友梨
西村実佳
Kaoru

『スペシャルゲスト』
◆声優
ルーク・フォン・ファブレ:鈴木千尋
ジェイド・カーティス:子安武人(公演本編での声のみのゲスト出演)

<STAFF>
脚本:入江おろば
演出・振付:TETSUHARU
舞台監督:DDR
照明:橋本義之
音響:ヨシモトシンヤ
衣裳:加藤佑里恵
ヘアメイク:松前詠美子
特殊造形:湯田商店
殺陣指導:吉崎考行
演出補佐:内田健介
振付助手:RYOJI
演出助手:きまたまき、宮崎舞
宣伝写真:八木斗希雄
宣伝美術:FILM
ウイッグ提供:MAPLE
主催:テイルズオブザステージ実行委員会
企画製作:(株)バンダイナムコエンターテインメント
制作協力:(株)バンダイナムコスタジオ
制作:(株)東急エージェンシー、(株)S-SIZE

©藤島康介©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 - 舞台