コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』Produced by TBS製作発表記者会見開催!

「メタルにはマクベスが良く似合う」という、いのうえひでのりの着想から生まれた『メタルマクベス』は、2006年に劇団☆新感線と宮藤官九郎が初めてタッグを組み、初めて挑んだシェイクスピア作品であり、ロックバンドが劇中で生演奏する音楽に特化したスタイルで上演された。シェイクスピアの『マクベス』の世界観は変えずに、2206年の廃退した近未来と、空前のバンドブームに沸いた1980年代の日本を二重の構造に置き換えるという大胆なアレンジによって創り上げられた脚本は、近未来と過去を行き来しながら劇中をかき乱し、ゆるい台詞に油断している間に核心に引き込まれるという宮藤官九郎独特のうねりを、ハードロックとヘヴィメタルの楽曲で煽りまくり、怒涛のごとく突き進む物語は客席を圧倒し、前代未聞のシェイクスピア作品として大きな話題となりました。

この『メタルマクベス』が、初演から12年の時を経て、激しいリズムに突き上げられて瓦礫の中から遂に復活。宮藤自ら脚本を書き直し、キャストを変え、演出にアレンジを加えて、disc1、disc2、disc3と題して3作を連続上演します。

7月23日(月)に初日を迎えるdisc1は、退団以来21年ぶりに劇団☆新感線に出演することとなった橋本さとしと、ミュージカルの女王・濱田めぐみ。

9月に開幕するdisc2は、歌舞伎界の次世代を担う尾上松也と、歌手としても女優としても常に話題を集める大原櫻子。

11月に開幕するdisc3は、ミュージカル界のプリンス浦井健治と、2017年のミュージカル『キャバレー』で圧巻の歌とダンスを披露した長澤まさみ。

この豪華なキャスト達が冒頭からハイテンションで破滅へまっしぐらに突き進むマクベス夫妻を演じます。

7月23日からのdisc1開幕に先立ち、2018年5月10日、東京都江東区の豊洲PITにて製作発表記者会見が行われました。

製作発表記者会見の模様

日中の不安定な空模様のせいか、5月としては肌寒い気温の陽も暮れた新豊洲の一角、会場となった豊洲PIT内は詰め掛けた報道陣と、応募総数約3000名の中から抽選により当選した選ばれし1000人の観覧者の熱気でTシャツ一枚でも暑い程。

真っ暗なステージ上には沢山の照明機材と、メタルらしく鎖のデコレーションが。

定刻になり、ステージアラウンド東京のPVが流れ、MCの挨拶が終わると、ステージ下手より、OP.ACTとしてdisc1,3に出演の冠徹弥さんの音頭によるコール&レスポンス。

もっとアウェイかと思っていたと満足そうな徹弥さんが派手なシャウトで曲名を叫ぶと、橋本さとしさん、尾上松也さん、浦井健治さんの各discの主役であるランダムスターの男性陣3名による劇中曲「きれいは汚い、ただしオレ以外」が、公演本番と同じく5名編成の生バンドにて披露。

本番の劇場では決して見る事の出来ない、disc1・2・3の主役3名による恐ろしい程に図太くも端正なメタルサウンドに会場は一気に沸騰。6名の女性ダンサーを引き連れ、豊洲PITを派手にヘッドバンギングさせます。

そして曲の後半には、濱田めぐみさん、大原櫻子さん、長澤まさみさんの各discのマクベス夫人3名がまたも徹弥さんのシャウトコールで登場。更に盛り上がりを増す会場。今回の製作発表の為に用意された、「メタルマクベス」をイメージした各人の黒のコスチュームは、圧倒的重厚感を演出していました。

約3分の楽曲は会場の熱量が上がりきった瞬間に見事なタイミングで終了し、

この一曲で燃え尽きたという橋本さんは「髪型をバチッと決めて、眼鏡をかけたら色違いの“ブラックペアン”みたい。」と自身の出演ドラマにかけてさっそくネタふり。

尾上さんは、歌舞伎座の公演から飛びこみ参加でリハーサルにも遅れて登場と大変。

浦井さんは挨拶早々、「盛り上がってますか!!」と客席煽りが楽しくてしょうがない様子。

ミュージカル「メリーポピンズ」が絶賛公演中の濱田さんは、メタルという何時と間逆の世界に、「如何しようかと。とりあえず今は“傘”は置いていますので、大丈夫。この世界に飛び込んでますウェ~~イ!!」と、まず通常の舞台では見る事の出来ないテンションを客席にアピール。

大原さんは、自身の発売されたNEWシングルのような、爽やかで切ないイメージをぶった切っていこうと思っており、皆盛り上がってパンクな感じにしたいとの事。

長澤さんは現在、自身が出演する毎週月曜夜9時よりフジテレビ系にて放送中の連続ドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇中の様に、このメタルならではの素晴らしい変化を楽しんで出来たら良いなと話されました。

場面転換後、トークセッションへ。

トークセッション

すっかりお色直しも終わった6名に加え、本作を担当する脚本家の宮藤官九郎さんと、演出家のいのうえひでのりさんが登場。

全員が登壇し、着席……と次の瞬間、尾上さんが大原さんの座ろうとしていた椅子の昇降機構を物凄い音と共に壊してしまった様子。「これが“歌舞く”って事ですよ」と余裕ながらも平謝りな様子の尾上さん。ハプニングを笑いにします。

12年ぶりのメタルマクベス上演だが、なぜステージアラウンド東京で?という質問に、いのうえさんは「劇団新感線としてステージアラウンドで4年間上演して欲しいと言われ、流石に4年は、大阪や他の地方にも観たいお客さんが居るので無理、という事で、2年ということになったんですが、髑髏城の七人で一年半、メタルマクベスで半年という事になる」と経緯を説明。

変更点は?との問いには、宮藤さんが、「基本、変えないと思います。シェイクスピア先生が400年前に書かれた作品を12年位で変えちゃいけない。」とリスペクトを込めたお答え。

そして出演者それぞれの話が弾んだ後、MCより、皆に観て貰いたい映像が有るとの旨が。実は冒頭でLIVE演奏された「きれいは汚い、ただしオレ以外」の曲のPVをランダムスター役の3人が既に撮影済みで、製作発表にて本邦初公開するとの事。舞台上の登壇者と来場者1000名が見つめる中、PVが流れ始めます。

冒頭30秒程度は、重厚感のあるへヴィメタルのMVでランダムスター3名のかっこよさが際立つ……はずですが、画面内に白い円形の“何か”が映った後からは、会場内の爆笑が止まりません。

登壇者の表情は一様に“何を見せられているんだ”感満載です。

約3分間の映像が終わると会場は拍手喝采。PVの完成品を未見だった男性陣3名は、「健ちゃんと僕は橋本さんの漕ぐ自転車の車輪になってるとは知りませんでした」と尾上さん。「あの格好して、買い物袋からおネギが出ているママチャリをどんなシーンになるのかなと思ったら、シュール過ぎない?コレ。面白いですね~この映像欲しい。」と橋本さんは絶賛。

PVで途中から登場する白い円形器具は「ラート」と呼ばれるドイツが発祥のスポーツ。

「MV撮影時、先生まで来て下ってご指導してくれたんですよ。」と浦井さんがいうと、「難しかったのは、ラートの中にカメラを設置してタイミング良く回る所でした」とPV撮影ならではの苦労を話す尾上さん。

橋本さんは「現場に着いてから殆ど練習無く、“はいやってみましょう”だったんですが、凄い難しかったんですけど、僕、カメラを見過ぎていて、1回転で良かったのに調子に乗ってそのままクルクル回って壁にぶち当たったという、事故ってました。」とPVの完成度を上げようと腐心する様を語られました。

続いて質疑応答へ進みます。

質疑応答への模様

しかし、先程のPVの破壊力に打ちのめされたのか、記者からの質問が出ず、会場の来場者からの質問を受ける事に。

大原さんへの質問で、役作りで“パンクやメタルっぽい一面”はあるのか?との問いに「私は有りますね。ライブで一曲程、“おらぁぁぁっ”っていうREADY GO!という曲なんですけど、何時はJ-POPや前向きで明るい曲を歌っているんですが、READY GO!を歌う時だけは、“声出せ!!もっとだ甘い!!”って言って「発散」しています。ライブでこの曲をやる時だけは、常日頃溜まった何かを爆発させています。」とアーティストならではの方法を大原さんは答えられました。

もう一つの質問は橋本さんへ。
全シーズン見に行こうと思っているが、どのシーンが一番オススメか?との質問に「どのシーンが良いかと言われましても、僕まだ一回もこの作品演じていないもので…、客として観に行かせて貰った時にやっぱり残像として残っているのは、橋本じゅんさんの“ゲロ”かな。止め処なくゲロが出ます。あといっぱいじゅんさんが出てくる所とか。見終わっても夢に出てくる程ですが、そんな橋本じゅんさんと久し振りにまた一緒に出来るのが僕の楽しみの一つなので、一緒にバカな遊びしたいと思っています。」と“W橋本”の共演を楽しみに話されました。

そして来場者1000人とフォトセッションの後、各discの出演者による囲み取材がおこなわれました。

囲み取材の模様

まず、今日の感想は?との質問に「今回は一曲しか歌わなかったんですが、一曲で燃え尽きちゃいました。この一曲に皆さんに伝えたい物を凝縮させてやったので、エネルギーを使いました。でも中々、生バンドでへヴィメタルのライブを記者会見で歌うというのは無いので、最後のフォトセッションで会場の皆さんと一緒に“いぇ~~~い”とやったのは既にこの作品は一体感があるなというか、早く“したく”なってきましたね。disc2,3の若手達のシーズンにはいいバトンを渡したいと気合が入ります。ただ、バトンを渡すだけじゃなく、ハードルを上げまくってdisc3の時には棒高跳び位の高さにしたります。」と橋本さん。

濱田さんは「皆さんがメタルマクベスを凄く待っていらっしゃったんだなというのが伝わって来て、今回初参加なんですけど、既に3分の1位、溶け込めたんじゃないかなと思う位、盛り上がった記者会見だったので、この勢いで頑張りたいなと思いました。橋本さとしさんが21年ぶり新感線復帰という事で私も得の華を添えられるようにウォーミングアップして頑張りたいなとおもいます。」と答えました。

「リハーサルも早々に非常にスリリングな製作発表だったんですが、皆さんが盛り上がって下さったんで、本当に楽しかったですし、メタルマクベスを本当に楽しみにして下さっている熱気が伝わって来ました。僕らはまだ先ですけど、公演に向けて気合が入りましたね。僕は生バンドで歌わせていただく機会なんてそうそう無いものですから、単純に今日は楽しかったですし、さとしさんと濱田さんのdisc1をうけて…という気持は勿論あるんですが、兎に角、自分達は楽しくやろうかなと今日は思いましたね。」と尾上さん。

今まで見たことの無い笑顔だったと報道陣からの返しに、「普段私がやっている演劇ジャンルはこういう感じは無いですから、でも似通っている所も有るんですけども、また、違った分野で自分をさらけ出していければという風に思います。」とも話され、大原さんからは「マクベス夫人役は初演で松たか子さんが演じられ、今回は濱田さんと長澤さんも。本当に女性らしいというか、こんなに色気の有る方々の中に何で私が…大丈夫かしら?という所がちょっとあるんですけど、だからこそ自分らしさというか、私が精一杯出来るオリジナリティの有るマクベス夫人をやれたらと思います。」とコメント。

「いまこうやって並んでいるメンバーが、同じ舞台には立たないというのが凄く今寂しいんですが、その襷というかバトンを兄貴のさとしさんからそれぞれ、大晦日までちゃんと持っていけるように覚悟が決まったかなと思います。初演の内野さんから受け継いで、しかも3チームでやるという事で三者三様というか、チラシのカラーも勿論色が違うというのでいろんな楽しみ方を、三倍じゃなく三百倍位、楽しんでいただけるような、舞台に出来たらなと思うんですが、松也と話していたんですが、公演期間を最後まで完走する事をまず目標に倒れない事というのがあって、体力作りに励んでいる感じです。」と気合は十分な浦井さん。

長澤さんは、「新感線は初めてで、歌を歌う機会というのも二度目なので、まだまだ分からない事だらけで、先ほど井上さんが7キロ痩せるといってらっしゃったので、皆さんの意見を聞いて体力万全にして心して舞台初日を迎えたいなと思います。ロックのサウンドは昔から好きなので、ロックの魂は持っている方だと思いますので、その部分を開放していきたいと思います。」と“開放宣言”。

そして最後は男性陣のシャウトコメントで会見は幕を閉じました。

「髑髏の次はメタルが回る」。7月23日の開幕が待ちきれませんね。

【ONWARD presents 新感線☆RS 『メタルマクベス』Produced by TBS製作発表記者会見概要】

<日時>
2018年5月10日(木)19:00開始

<会場>
チームスマイル・豊洲PIT

<参加者数>
約1000人(応募総数約3000名)

<歌唱披露曲>
きれいは汚い、ただしオレ以外

<出演者>
橋本さとし
濱田めぐみ
尾上松也
大原櫻子
浦井健治
長澤まさみ

宮藤官九郎

いのうえひでのり

女性ダンサー6名
「メタルマクベス」バンド5名

オープニングMC:冠徹弥
MC:TBSアナウンサー山本匠晃

 

【公演概要】

disc1公式ホームページはこちら

disc2公式ホームページはこちら

disc3公式ホームページはこちら

<公演期間>
disc1:2018年7月23日(月)〜8月31日(金)
disc2:2018年9月15日(土)〜10月25日(木)
disc3:2018年11月9日(金)〜12月31日(月)

<会場>
IHIステージアラウンド東京

<公演時間>
disc1・2・3共に未定

<料金>
13,500円(全席指定・税込)※未就学童児入場不可

<出演者>
◆disc1◆
ランダムスター/マクベス橋本:橋本さとし
ランダムスター夫人/ローズ/植本B:濱田めぐみ
レスポールJr./元きよし:松下優也
グレコ/マクダフ山口:山口馬木也
グレコ夫人/シマコ/林:猫背椿
パール王/ナンプラー:粟根まこと
植本/医者:植本純米
エクスプローラー/バンクォー橋本:橋本じゅん
レスポール王/元社長:西岡德馬

山本カナコ
礒野慎吾
吉田メタル
村木仁
冠徹弥
富川一人
小沢道成

穴沢裕介
Erica
見目真菜
齋藤志野
鈴木智久
鈴木奈苗
橋本奈美
原慎一郎
山崎朱菜
山﨑翔太
米花剛史
渡辺翔史
藤家剛
工藤孝裕
菊地雄人
熊倉功
あきつ来野良
横田遼
北川裕貴
紀國谷亮輔

『ミュージシャン』
岡崎司(guitars)
髙井寿(guitars)
福井ビン(bass)
松田翔(drums)
松﨑雄一(keyboards)

◆disc2◆
ランダムスター/マクベス魔Ⅱ夜:尾上松也
ランダムスター夫人/ローズ/村木B:大原櫻子
レスポールJr./元きよし:原嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)
グレコ/マクダフ浅利:浅利陽介
グレコ夫人/シマコ/林:高田聖子
パール王/ナンプラー:河野まさと
村木/医者:村木よし子
エクスプローラー/バンクォー岡本:岡本健一
レスポール王/元社長:木場勝己

逆木圭一郎
インディ高橋
保坂エマ
市川しんぺー
徳永ゆうき
伊藤玻羅馬
常川藍里

蝦名孝一
大久保芽依
落合悠介
狩野新之介
岸波紗世子
嶌村緒里江
鈴木悠華
武市悠資
西田健二
本多陽葉
本多玲菜
渡部又吁
武田浩二
加藤学
川島弘之
南誉士広
藤田修平
森大
渋谷亘宏
下島一成

『ミュージシャン』
髙井寿(guitars)
滝和祥(guitars)
大桃俊樹(bass)
雨宮直人(drums)
松﨑雄一(keyboards)

◆disc3◆
ランダムスター/マクベス浦井:浦井健治
ランダムスター夫人/ローズ/右近B:長澤まさみ
レスポールJr./もときよし:高杉真宙
グレコ/マクダフ柳下:柳下大
グレコ夫人/シマコ/林:峯村リエ
パール王/ナンプラー:粟根まこと
右近/医者:右近健一
エクスプローラー/バンクォー橋本:橋本じゅん
レスポール王/元社長:ラサール石井

礒野慎吾
吉田メタル
中谷さとみ
村木仁
冠徹弥
上川周作
小沢道成

伊藤結花
植竹奈津美
駒田圭佑
鈴木智久
鈴木奈苗
鈴木凌平
新納智子
早川紗代
本田裕子
山﨑翔太
米花剛史
渡辺翔史
川原正嗣
藤家剛
工藤孝裕
菊地雄人
あきつ来野良
横田遼
北川裕貴
翁長卓

『ミュージシャン』
岡崎司(guitars)
髙井寿(guitars)
福井ビン(bass)
松田翔(drums)
松﨑雄一(keyboards)

【STAFF】
原作:ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」松岡和子翻訳版より
作:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり
音楽:岡崎司
振付&ステージング:川崎悦子
美術:堀尾幸男
照明:原田保
衣裳:伊賀大介
音響:井上哲司
音効:末谷あずさ、藤森直樹
殺陣指導:田尻茂一、川原正嗣
アクション監督:川原正嗣
ヘア&メイク:宮内宏明
小道具:高橋岳蔵
特殊効果:南義明
映像:上田大樹
大道具:俳優座劇場舞台美術部
歌唱指導:右近健一
演出助手:山﨑総司、加藤由紀子、木下マカイ(disc1)
舞台監督:篠崎彰宏(disc1,3)、菅田幸夫(disc2)、芳谷研
宣伝美術:河野真一
宣伝写真:岡田貴之
宣伝衣裳:伊賀大介
宣伝ヘアメイク:宮内宏明
宣伝小道具:中田彰輝
宣伝:脇本好美、浅生博一、長谷川美津子ディップス・プラネット
キャスティングアシスタント:細野博幹
制作助手:大森祐子(disc1,3)、花澤理恵(disc1)、坂井加代子(disc1,2)、
福島美咲(disc1,3)、泉野奈津子、中柄毅志(disc2)、竹内舞(disc2)、
伊藤宏実(disc2)
デスク:高畑美里、
制作:辻未央、高田雅士(disc1)、伊藤宏実(disc2)、中柄毅志(disc3)
制作プロデューサー:細川展裕、柴原智子
主催:TBS/ディスクガレージ/ローソンHMVエンタテイメント/電通
後援:BS-TBS/TBSラジオ
特別協賛:株式会社オンワードホールディングス
制作:ヴィレッヂ
企画・製作:TBS/ヴィレッヂ/劇団☆新感線

Produced by TBS Television, Inc., Imagine Nation B.V., and The John Gore Organization, Inc.

©1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

 

 

 

 

 - 舞台