コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“はじまりの巨人”東京公演開幕!

2012年より集英社発行の「週刊少年ジャンプ」に連載中で、コミックスシリーズの計発行部数が2,700万部を超える古館春一作の高校バレーボール漫画、「ハイキュー!!」。

2014年から2016年かけては、毎日放送、TBS系列にてTVアニメが放送され、ゲーム化もなされる等、ファンを増やし続ける「ハイキュー!!」の世界。2015年11月には、主人公、日向翔陽役に俳優の須賀健太を向かえた、「ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」」初演をAiiA 2.5 Thiater Tokyo他にて公演。2016年4月の再演〝頂の景色〞、同年10月の〝烏野、復活!〞、2017年3月の〝勝者と敗者〞、2017年9月の〝進化の夏〞を経て、2018年4月28日、第5作目となる、「ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“はじまりの巨人”」が、東京都新宿区の日本青年館ホールにて開幕しました。

初日の公演に先立ち、囲み取材と公開ゲネプロが行われましたのでお伝えします。

囲み取材の模様

囲み取材に登壇されたのは、日向翔陽役の須賀健太さん、影山飛雄役の影山達也さん、縁下力役の川原一馬さん、照島遊児役の船木政秀さん、中島猛役の柳原凛さん、演出家のウォーリー木下さんの6名。

本作の拘った点、他作品と違う点は?とウォーリーさんへの質問について、「今回はタイトルが「はじまりの巨人」という事で、一番最初の初演の時の日向が憧れた小さな巨人というものが、これまでずっと全編通して描かれてきたんですけども、その小さな巨人を中心に話を描いてみようかなと思いまして、なので、自然と初心に還るというか、今までやって来た事も踏まえながら、演劇ハイキュー!!の面白いエッセンスを一杯詰め込んで、かつ、次の秋公演に向けて繋がる未来がある様なそういう作品にしたいと思って作りました。」と回答。

新しい仲間が加わってカンパニーの雰囲気はどうか?との質問に「非常に良いエッセンスを与えてくれまして、稽古場から凄くやる気やこの作品にかける皆の気持ちみたいなものを凄く僕は感じていまして、烏野高校を演じるのはもう三年以上になりまして、年々、体が年老いていくんですよ。下から突き上げられると言いますか、それこそ休みの日も皆で集まって稽古をしていたりとか、条善寺高校チームは朝早くから、稽古場が開いたら直ぐに来てアクロバットの練習したりというのを見ていると、やっぱり烏野も負けていられないなという気持ちになりまして、僕らは皆でご飯を食べに行ったりというのを習慣づけて、皆で同じ釜の飯を食うというのが烏野として心がけてました。」

役者間の世代がほぼ同じという点について、「そうですね、学校の学生の部活じゃないですけど、稽古開始からツアー公演終了まではずっと一緒にいるので、友達とも違いますし、仕事仲間っていうだけではないし、本当に同士というか、特に同じ学校のメンバーというのは、言葉では言い表せない絆と言ったら変ですけども、そういうもので繋がってはいるなと、毎回感じる所ではありますね。」と長期シリーズで培ったチーム愛を語りました。

出演者各々に愛称のようなものはあるのか?という問いには「船木くんはふなっき~とか、柳原君は凛なんだけど、出演者に二人凛がいるから中島とか。もう一人の条善寺高校にいる松原凛は、忍者が好きだから“忍”って呼ばれてます。」

次の秋公演をもって、烏野排球部キャストが卒業する事について、須賀さんは「今回の“はじまりの巨人”という作品と、もう一本、秋の“最強の場所”という公演をもちまして、僕達、烏野高校を卒業という形になるんですけども、僕らが卒業するのは次の秋公演なので、今回の春公演というのはまず、春公演としてしっかり成功させるという事を一番に置いているんですけども、秋公演が決まっているからこそ出来る物というか、今まで次の公演が見えた状態で公演をするのは、演劇ハイキュー!!にとって初めての事なので、そこは、“だからこそ”の魅力というか、先が決まっているからこそ、「出せる色」というのが絶対に有ると思うので、演出的にもバンバン取り入れている公演になっていますので、“はじまりの巨人”を見ていただければ、“最強の場所”がより楽しめるという形になっていますので、両方見ていただいて楽しいでいただければと思います。」

最後に来場者へのメッセージとして、「さっき聞いてビックリしたんですけど、実は今回これまで最多のキャスト数で、映像出演を含め、キャストが演じるキャラクターの数が60を超えているらしいんですよ。なので、見に来て下さる方には全キャラクターを是非見て頂いて、「ここでこの人はこんなキャラを演じているんだ」と、そういう楽しみ方も出来る作品になってると思います。僕らの秋公演へ向けての想いみたいなものも感じて頂きつつ、三年やって来たからこその演劇ハイキュー!!になっていると思いますので、是非是非、劇場に遊びに来て頂ければなと思います。よろしくお願いします。」と締めくくられました。

ゲネプロの模様

幼い頃に見た〝小さな巨人〟に魅せられ、バレーボールを始めた少年・日向翔陽。
しかし憧れの烏野高校排球部に入部した彼を待ち受けていたのは、中学最初で最後の試合で惨敗した天才プレイヤー・影山飛雄の姿だった。

最初は反目し合っていた二人だったが、様々な困難を前に少しずつ互いを認め合っていく。
インターハイ予選で惜敗した烏野は春高出場を目標に夏の東京合宿で各々進化を遂げた。

春高予選を目前にした日向と影山は、白鳥沢学園高校の超高校級エース・牛島若利と遭遇する。絶対王者・白鳥沢を倒さなければ全国出場は果たせない。

そして、いよいよ始まる春高予選。変幻自在な攻撃スタイルの条善寺高校、和久谷南高校との次世代〝小さな巨人〟対決!!

ボールを落としてはいけない、持ってもいけない。
3度のボレーで攻撃へと〝繋ぐ〟球技、バレーボール。

再び全国の舞台を目指して、熱戦、開幕!

本年2月に、秋の新作公演となる、「ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“最強の場所”(チーム)」の公演発表と同時に主人公、日向翔陽役の須賀健太を含む、烏野高校排球部キャスト一同の公演卒業が発表され、話題となったのは記憶に新しい所。

“はじまりの巨人”“最強の場所“と、烏野高校の挑戦を目に焼き付けて下さい。

【公演概要】

公式ホームページはこちら

<公演期間>
東京公演:2018年4月28日(土)~5月6日(日)
兵庫公演:2018年5月12日(土)~13日(日)
福岡公演:2018年5月18日(金)~20日(日)
宮城公演:2018年5月25日(金)~27日(日)
大阪公演:2018年6月1日(金)~3日(日)
東京凱旋公演:2018年6月8日(金)~17日(日)

<会場>
東京:日本青年館ホール
兵庫:あましんアルカイックホール
福岡:福岡国際会議場3Fメインホール
宮城:多賀城市民会館大ホール
大阪:オリックス劇場
東京凱旋:TOKYO DOME CITY HALL

<公演時間>
約2時間25分(15分間の途中休憩を含む)

<料金>
東京・兵庫・東京凱旋公演:S席:8,800円,A席:6,800円
福岡・宮城公演:8,800円
大阪公演:S席:8,800円,A席:6,800円B席:4,800円

(全席指定・税込)

<出演者>
『烏野高校』
日向翔陽:須賀健太
影山飛雄:影山達也
月島蛍:小坂涼太郎
山口:忠三浦海里
田中龍之介:塩田康平
西谷夕:渕野右登
縁下力:川原一馬
澤村大地:田中啓太
菅原孝支:田中尚輝
東峰旭:冨森ジャスティン

『条善寺高校』
照島遊児:船木政秀
母畑和馬:森永彩斗
二岐丈春:鈴木遥太
沼尻凛太郎:荒田至法
飯坂信義:安川集治
土湯新:松原凛

『和久谷南高校』
中島猛:柳原凛
川渡瞬己:正田尚大
白石優希:木村優良
花山一雅:Goku
鳴子哲平:本川翔太
秋保和光:蓮井佑麻

『白鳥沢学園高校』
牛島若利:有田賢史

『音駒高校』
孤爪研磨:永田崇人
黒尾鉄朗:近藤頌利

『梟谷学園高校』
木兎光太郎:東拓海
赤葦京治:髙﨑俊吾

『烏野高校OB・OG』
嶋田誠:山口賢人
田中冴子:佐達ももこ

『烏野高校マネージャー』
清水潔子:長尾寧音
谷地仁花:斎藤亜美

『烏野高校顧問・コーチ』
武田一鉄:内田滋
烏養繋心:林剛史

◆映像出演
『青葉城西高校』
及川徹:遊馬晃祐
岩泉一:小波津亜廉
松川一静:白柏寿大
花巻貴大:金井家大

『伊達工業高校』
青根高伸:新井将
二口賢治:木村敦
作並浩輔:廣野凌大
黄金川貫至:羽富和大

<STAFF>
原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:和田俊輔
振付:左HIDALI
共同脚本:入江おろぱ
美術:中根聡子
照明:佐藤公穂
音響:藤森直樹,大木裕介
映像:大鹿奈穂
衣裳:小林菜摘(ダダグラム)
ヘアメイク:松下よし子(アトリエレオパード)
演出助手:溝端理恵子
舞台監督:須田桃李(DDR)
デザイン:江口伸二郎
宣伝写真:三宅祐介
票券協力:サンライズプロモーション東京
制作:ネルケプランニング
監修:集英社(「週刊少年ジャンプ」編集部)
協賛:ファミリーマート
協力:一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会/モルテン/ミカサ
主催:ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会(TBS/ネルケプランニング/東宝/集英社/キューブ)

© 古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

 - 舞台, 2.5次元