コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

『RICE on STAGE「ラブ米」~I’ll give you rice~』炊飯開始!

2017年4月より、原作・ヤオヨロズ、原案・高林ユーキ、エンカレッジフィルムズの制作で、TOKYO MXほかにて放送された短編アニメ『ラブ米-WE LOVE RICE-』。

10月からは待望の第二期『ラブ米-WE LOVE RICE- 二期作』が放送され、同年2月からは、WEBコミック『ラブ米〜Rice is beautiful〜」がコミックスマート「GANMA!」で「46」作にて配信され、10月から12月まで、ラジオ日本で『ラジ米-WE RADI RICE-』が毎週月曜午前一時よりOAされる等、話題沸騰の「ラブ米」。

そして満を持して2017年11月に品川プリンスホテルClub exにて公演された舞台化第一弾、『RICE on STAGE「ラブ米」~Endless rice riot~』は、その余りにも突き抜けた世界観とキャストの熱演で会場を直火炊きで銀シャリに炊き上げました。

先日の2018年2月14日~17日に行われた米フェス、『RICE on STAGE「ラブ米」Festival in バレンタイン』を経て、いよいよ、舞台第二弾となる、『RICE on STAGE「ラブ米」~I’ll give you rice~』が前回と同じく、東京都港区の品川プリンスホテルClub exにて開幕しました。初日公演に先駆け、囲み取材と公開ゲネプロが行われましたのでお伝えします。

囲み取材の模様

囲み取材に登壇されたのは、ひのひかり役の田村升吾さん、平山役の川上将大さん、兄鴨役の滝口幸広さん、フリーカ役のOH-SEさん、そして、演出家の村井雄さんの5名。

二作目にかける意気込みについて、田村さんは「ラブ米は二作品目になるんですけども、続編という事で稽古の段階で自信を持って前回の作品を確実に超えて行く、衝撃と笑い、感動を届けられる様な作品が出来てるんじゃないかなと思っていますので、明日の初日から精一杯ぶつけて行きたいなとおもっています。」と話され、今回がラブ米初参加となる新キャストのOH-SEさんは、「前作からは唯一、僕だけがキャストとして初参戦という事で、それも皆さんの敵役という形でやらせていただきます。

この作品を通して、キャストとスタッフが一番伝えたい事は、改めてお米って美味しいね、とか、あのお米食べてみたいね、という擬人化の一番の意味って、そこにあると思いますので、是非、僕達がお米に対して向き合っている姿を見て、改めて家に帰った時にお米と向き合っておいしいねと思ってくれたら良いなと思っていますので、よろしくお願い致します。」との意気込み。

演出家の村井さんからは「前作に比べてお米の世界のコメディという事で、不条理な世界なんですけど、笑い有りで作って来たので、前回よりは皆、お米ギャグとかに耐性が出来ているというか当たり前になって来ているんですよ。なので、演劇って、“場所を信じる力”って大事だと思うんですけど、こちらサイドは物凄く信じきれているんですね。集まって下さるグルメの皆さんも物凄く信じてくれるので、強い演劇集団にもなってますし、強い演劇の場に成っていると思うので、そこもお伝えしたいポイントです。」

是非見て欲しいポイントとしてOH-SEさんは「僕、元々ダンサーとしてやらして頂いていて、表に出る役者もやらせて貰いつつ、裏方の振付であったり、モノを作る作業の方もやらせて貰っているんですけども、そういう目線でこの舞台を見た時に、キャストの彼らの何が凄いかって、役者という職業だけで全てのモノをこなすんですね。もしかしたら、その中で歌、ダンス、お芝居、コメディがあって、本来なら苦手な物って、一人一人が絶対に有る筈なんですよ。歌がちょっと苦手だったな、ダンスが苦手だなとか沢山いらっしゃると思うんですけど、それでも役者だからと言って、一生懸命ゼロから出来ない物をこの本番に向けて凄い練習して汗かいて頑張っているんですね。その姿が皆さんに“熱”として届くと思いますで、是非その熱量を感じていただけたらなと思います。」と役者陣の奮闘を上げられました。

ゲネプロの模様

いま再び炊飯ジャーの蓋が開かれる!

イナゴの襲来を食い止め、一層の粘りと甘味を強めた“米米フレンズ”。

お米同士の絆を炊き上げた彼らの前に、新たな刺客が立ちはだかる…!?

謎の超穀物(スーパーフード)「フリーカ」とは一体…!?

穀一穀と迫る魔の手。お米たちの運命は・・・!?

本作も1部はステージ、2部はハーベストショーの2部構成!
新作も、皆まとめて炊いてやる~!

本作は舞台第一弾、『RICE on STAGE「ラブ米」~Endless rice riot~』、そして、『RICE on STAGE「ラブ米」Festival in バレンタイン』からストーリー、時間軸が繋がっており、過去作品を鑑賞した方は思わずニヤリとするかも。勿論、初見の方も楽しめます。

また、あの有名冒険活劇漫画のオマージュと思しきシーンもあり、世代を超えて楽しめる事でしょう。
ハーベストショーにおいても、複数の新曲が披露され、満足度は特A間違い無しです。

【公演概要】

公式ページはこちら

<公演期間>
2018年4月21日(土)~4月30日(月・休)

<会場>
品川プリンスホテルClub eX

<公演時間>
約1時間55分(途中休憩無し)※多少の前後有り

<料金>
『オーナー席(特典付)』
米かぶりつき席:8,800円※前方エリア席
高みの見物席:8,800円※2階バルコニー席

『指定席』
一般席:6,800円

(前売り・当日共/全席指定・税込)

<出演者>
『ラブライス』
ひのひかり:田村升吾
ささにしき:星乃勇太
ひとめぼれ:前川優希
あきたこまち:白石康介
にこまる:佐野真白

『ST☆RICE』
ネリカ:健人
平山:川上将大
トヨハタモチ:齋藤健心
キヨハタモチ:北乃颯希
ゆめのはたもち:宮本弘佑

『GAZEN BOYS』
白端光:白柏寿大
黒太閤:田内季宇

『合鴨ブラザーズ』
弟鴨:福島海太
兄鴨:滝口幸広

フリーカ:OH-SE(電撃チョモランマ隊)

<STAFF>
企画・原作:ヤオヨロズ
脚本・演出・作詞:村井雄(KPR/開幕ペナントレース)
音楽:坂部剛
振付:本山新之助
美術:竹邊奈津子
照明:大波多秀起(デイライト)
音響:遠藤宏志(アルコト)
映像:横山翼
衣裳:山下和美、坂東智代
ヘアメイク:古橋香奈子、野澤文愛(LaRME)
歌唱指導:奥村健介
演出助手:陶山浩乃
舞台監督:澤麗奈(obbligato)
制作進行:植村友美子
宣伝美術:天達普也、小林美咲(number ace inc.)
宣伝写真:設楽光徳
票券協力:サンライズプロモーション東京
製作:ネルケプランニング
プロデューサー:荒木田由紀
協力:ジャストプロ
:一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会
:一般社団法人おにぎり協会
協賛:全米販ごはん彩々
主催:ネルケプランニング

© RICE on STAGE「ラブ米」
© 腹8分目製作委員会

 - 舞台, 2.5次元