コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

『イケメン戦国THE STAGE~織田信長篇~』幸福ルート、公演スタート!

株式会社CYBIRD(サイバード)が展開する女性向け恋愛ゲームアプリ、「イケメン」シリーズ。
2012年6月の「イケメン大奥◆恋の園」を皮切りに累計1700万ダウンロード超を誇る本シリーズ中屈指の人気作、『イケメン戦国◆時をかける恋』を原作とし、2017年4月に上演した舞台化第1弾「真田幸村編」、8月に上演した第2弾「織田軍VS “海賊”毛利元就編」は大好評の内に幕を閉じました。

そして、2018年4月、第三弾となる「イケメン戦国THE STAGE~織田信長編~」が東京都足立区のシアター1010にて遂に開幕します。

プロデュースを行うのは蒼井翔太主演の「PRINCE KAGUYA」「スマイルマーメイド」、そして「イケメン戦国THE STAGE」シリーズや「イケメン革命THE STAGE」を手掛けたレジェンドステージ。

脚本・演出は歴代の「イケメン戦国THE STAGE」を手掛けた宮城陽亮が担当。
アクションはフジテレビ系ドラマ「貴族探偵」アクションコーディネーターなども務めるATTから根本太樹が、振付は、人気ダンスパフォーマンス集団「梅棒」の楢木和也が担当します。

勿論、メインテーマは原作でおなじみの藤田麻衣子の「きっと感じてた」を舞台用にアレンジして使用。最高の音楽が舞台に花を添えます。

初回公演に先立ち、囲み取材と幸福ルートの公開ゲネプロが行われました。

囲み取材に登壇されたのは、織田信長役の小笠原健さん、上杉謙信役の橘龍丸さん、武田信玄役の横山真史さん、真田幸村役の荒一陽さん、水崎舞役の早乃香織さん、今川義元役の竹石悟朗さん、豊臣秀吉役の滝川広大さん(幸福ルート)、顕如役の鷹松宏一さん、猿飛佐助役の早乙女じょうじさん、毛利元就役の原嶋元久さんの10名。

昨日に引き続き、小笠原さんへの質問で、いよいよ信長編だが?との問いに「一作目真田幸村編をやって、二作目、毛利元就編をやりまして、満を持して、良いバトンが前回の原嶋さんから繋いで頂いたので、それにノッていける様に、今回一生懸命稽古をしてまいりましたので、いよいよ今日、幕が開けるのかという気持ちで高まっております。」と気合十分な座長。

昨日の囲み取材は織田軍勢ばかりで、肩身の狭かった橘さんは、「いやぁ良かったです。昨日は上杉軍が誰も居ない中の囲み取材で、周りは敵しか居ないから今日は味方が居る…と思ったら、後ろに敵が居ました。僕は初演の頃にこの作品に携わらして頂いて、今回、第三弾にして再演という事なんですけども、上杉軍自体も、早乙女じょうじさん以外はNEWメンバーで、皆で力を合わせてやっていこうという所で、最初のお稽古の頃からわき合い合いと、とても楽しく、良いカンパニーだなと思いながらやらせて頂いていますので、きっと皆さんにも良い物を見せられるんじゃないかなと私、確信しておりますので、是非とも、「幸福」「情熱」、皆で頑張りましょう。」

本日のゲネプロは「幸福」ルートだが、見所は?との問いには小笠原さんから「幸福」と言ったらウチの広大ですと振られ、滝川さん「やっぱり、信長様の「願い」がどうなっていくのか。想いやそういった部分が「幸福」と「情熱」の違いではないでしょうか?」

原嶋さんは「最終盤、信長と謙信がやり合うけど、その終わり方が本当に「幸福」と言う言葉にピッタリというかほっこりする感じ。じゃあ、「情熱」の終わり方はどういう風なのだろう?と思ったら、確かに情熱的だな、という風に「情熱」「幸福」の見所がちゃんとルート名になっているので、その違いを楽しむというのも今回の見所なのかなと思います。」と舞台袖からしっかり物語を考察されています。

2165

最後に小笠原さんから来場者へ「御覧の通り、凄い良いメンバーが3作目にして揃って集まってくれたなと思いますし、新しく加わってメンバーもおります。皆でとにかく力を合わせて、劇場に来られた目の前のお客様から頂ける笑顔や拍手、2時間観て楽しかったと言っていただける事が僕等にとっては、生きる活力と言いますか、この一ヶ月掛けてそこに向かって頑張って来たので、これから今日の初日に向けて万全を期したいと思っております。頑張りますので、皆さん、どうぞよろしくお願い致します。」と締められました。

ゲネプロの模様

京都への旅行中、『水崎舞』は雷に打たれる。目を開けるとそこは、本能寺の変の真っ只中で……?

「貴様、天下人の女になる気はないか?」織田信長の命を救ったことで、『幸運を運ぶ女』と気に入られてしまった舞は、彼の傍に仕えることに……!?

突如始まった戦国ライフ――

豊臣秀吉・徳川家康・伊達政宗・石田三成・明智光秀……
歴史に名を残す武将たちに囲まれて、舞は信長の城・安土城で暮らし始めた。

再びタイムスリップして現代に戻る日の自由を賭け、舞は信長と囲碁勝負をすることになる。
「俺が勝つごとに貴様の身体のどこかをひとつ奪う。触れようが口づけようが、自由にする……」

唯我独尊で邪魔する者には容赦のない信長に、舞は戸惑い、怖れを抱く。
戦を重ね、多くの人間の命を奪ってきた魔王の凍った瞳――
その奥底に秘められた信念とぬくもりに触れたとき、舞の胸に新たな感情が芽生えはじめる。

けれど、宿敵に囲まれた織田軍は戦火の中を突き進み……

かけがえのない人と出逢い、変わりゆく自分を受け入れる意思が未来を切り開く――『幸福』な恋、

互いを思う気持ちが奇跡を起こし、戦国時代と現代、五百年の時と運命を乗り越える――『情熱』の恋、

この春、二つの恋の結末が、花開く……。

 

本作最大の特徴は、原作のゲームアプリ同様、公演回により物語が大きく2つに分岐し、「情熱」「幸福」の2ルートに分かれ全く異なる結末を迎える点。
一般的にマルチエンディング作品は、エンディング10分程度が違う事が通例ですが、本作はなんと後半約45分間。昨日に引き続き行われたゲネプロは「幸福ルート」の上演となり、信長と舞の行く幸福な行末が描かれます。

“戦ステ”ファンなら、両ルート鑑賞は必須ですね。

【公演概要】

公式ホームページはこちら

<公演期間>
2018年4月5日(木)~4月9日(月)

<会場>
シアター1010

<公演時間>
約2時間(途中休憩無し)※情熱・幸福、両ルート共

<料金>
一般席:7,800円(税込・全席指定)

非売品オリジナルグッズ付チケット:9,800円(税込・全席指定)

※劇場にて、「戦ステ~信長編~イラストビジュアル扇子」&「チェキ複製キャストブロマイド」をセットにしてプレゼントします。「チェキ複製キャストブロマイド」は、16メインキャストが各日時公演用にチェキで8パターン撮影し、その写真を複製したスペシャルなブロマイドです。会場にてランダムでお渡しとなります。

※座席は一般席のお客様を含めた指定席となります。前方席の確約ではございません。予めご了承ください。

<出演者>
織田信長:小笠原健
上杉謙信:橘龍丸
明智光秀:橋本全一
武田信玄:横山真史、
真田幸村:荒一陽
石田三成:天野眞隆
徳川家康:杉山真宏(JBアナザーズ)
水崎舞:早乃香織
森蘭丸:星元裕月
今川義元:竹石悟朗
豊臣秀吉:緑川睦(情熱ルート)・滝川広大(幸福ルート)※Wキャスト
顕如:鷹松宏一
猿飛佐助:早乙女じょうじ
毛利元就:原嶋元久
伊達政宗:米原幸佑

『剣舞衆』
工藤博樹
芹澤良
町田達彦
松藤拓也
石岡遼士
仁木紘
酒井拓武(JBアナザーズ)
酒井駿
宮田龍樹
大平真嗣

<STAFF>
原作:CYBIRD「イケメン戦国◆時をかける恋」
原作イラスト:山田シロ
脚本・演出:宮城陽亮
主題歌:藤田麻衣子「きっと感じてた」
舞台監督:阿部けん
音響監督:田島誠治
照明:鈴木健司(ルポ)
美術:濱田真輝
アクション:根本太樹
振付:楢木和也(梅棒)
衣装:加藤佑里恵(藤衣装)
ヘアメイク:小熊清美
武器製作:羽鳥健一/湯田商店
音楽:滝沢俊輔
演出助手:島崎敦毅
キャスティング協力:枡井妙子(c4)
宣伝美術:角田志保
写真:平賀正明
WEB製作:下吹越勇太
製作:滝北典子/佐藤希(アンデム)
票券:サンライズプローモション大阪
アシスタントプロデューサー:藤原敏昭(フジテレビジョン)/池長彩也子(サンライズプロモーション大阪)/茶谷優(サイバード)/北澤詩織(レジェンドステージ)
プロデューサー:萩原義久(フジテレビジョン)/山田泰彦(サンライズプロモーション大阪)/船津崇(サイバード)
総合プロデューサー:黒谷通生(レジェンドステージ)
企画・制作:レジェンドステージ
主催:イケメン戦国THE STAGE 製作委員会(フジテレビジョン、サンライズプロモーション大阪、サイバード、レジェンドステージ)

 

©CYBIRD/イケメン戦国THE STAGE

 

 

 

 - 舞台