コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ミュージカル「少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~」いよいよ開幕!

1997年4月よりテレビ東京系列にて放送され、1999年8月には劇場版アニメが公開された少女アニメ「少女革命ウテナ」。

アニメーション監督の幾原邦彦さんと少女漫画家、さいとうちほさんにより企画され、王子様に憧れる男装の少女・天上ウテナが『薔薇の花嫁』と呼ばれる少女・姫宮アンシーと出会い<世界を革命する力>を手に入れるための闘いに巻き込まれていく姿を描いた物語です。

少女たちが抱える心の闇やコンプレックスを哲学的な言葉と独創的な切り口で描き、同年代の少女たちに大きな衝撃を与え、今なお多くの支持を集める傑作アニメーションです。

その「少女革命ウテナ」がアニメ放送20周年を記念し、初の2.5次元ミュージカル化。
東京都渋谷区のCBGK シブゲキ!!にて開幕します。

主人公、天上ウテナ役に舞台「じょしらく」や舞台「カードファイト!!ヴァンガード」~バーチャル・ステージ~などに出演し、アーティスト業と並行して役者として精力的に活動を行っている乃木坂46の能條愛未、姫宮アンシー役にブロードウェイミュージカル「ピーターパン」にてトートルズ役を演じた経験を持つ、若手女優の山内優花、ウテナと敵対する生徒会メンバーである桐生冬芽役に戸谷公人、西園寺莢一役に横井翔二郎、有栖川樹璃役に立道梨緒奈、薫幹役に大崎捺希、冬芽の妹・桐生七実役に鈴木亜里紗、ウテナの親友である篠原若葉役を竹内夢が務めます。

そのほか、影絵少女A子を熊田愛里、影絵少女B子をNENE、冬芽の幼少期を池田謙信、西園寺の幼少期を山内涼平が演じます。

本公演にあたり、20曲を越えるオリジナル楽曲を製作。「少女革命ウテナ」の世界観をそのままに歌とダンスで華やかなひとときをお送りします。

脚本・演出は舞台「男水!」、ミュージカル「ヘタリア」、ミュージカル「スタミュ」などステージ全体を彩る演出で高い評価を得ている吉谷光太郎氏が務めます。

初回の公演に先駆け行われた囲み取材と公開ゲネプロの模様をお届けします。

囲み取材の模様

囲み取材に登壇されたのは、天上ウテナ役の能條愛未さん、宮姫アンシー役の山内優花さん、桐生冬芽役の戸谷公人さん、西園寺莢一役の横井翔二郎さん、有栖川樹璃役の立道梨緒奈さん、薫幹役の大﨑捺希さんの6名。

稽古を振り返って大崎さんは「出演者皆、良い人達なんですよ。稽古場が凄く楽しくて、和気藹々として毎日毎日、今日より明日は良い物を作って行こうという気合に満ち溢れた良いカンパニーだなと思いました。」と話され、立道さんは、「本当に稽古場の空気が良くって、皆が高めあっていく感じで、自分が稽古をしていない時も、何か案が有ったら言って下さったりとか、助け合いのある楽しい稽古場でした。」と自信満々。

横井さんは「稽古初日ですかね。山内さんと、初めましての自己紹介もしないまま、アンシーを“シバく”シーンの稽古から入って、昨日、山内さんのブログにも書いて頂いたんですけど、非常に怖かったと…割と長い間、怖い人だといわれて。でも、色々乗り越えてここまで仲良くやってこれたのが良かったかなと思います。」と暴露。

山内さんは見所を「アニメとか漫画の美しい世界観を照明だったり、音響だったり、キャストのキャラ作りや所作等、全ての所で漫画やアニメにある世界観をとても大切に作った意識が皆あると思うので、そこに注目してみていただけたらなと思います。」と話し、戸谷さんは「とにかく美しい世界観になっているので、役者の皆が演じている空気感と、アニメでは体験できないような感覚を味わえると思うので、1回観ただけでは理解出来ない部分ももしかしたら有るかも知れないので、是非、何回でも劇場に足を運んでください。」と猛プッシュ。

最後に能條さんは「20年前のアニメという事で、それを今回舞台化することによって、放送されていた当時よりもパワーアップした物を皆様にお届けできたら良いなと思いますし、キャスト一同、千秋楽までウテナを全力で盛り上げていき、そして、私も座長としてこの物語をしっかり引っ張っていけるよう、頑張りたいと思います。」と意気込みを語られました。

公開ゲネプロの模様

幼いころに自分を救ってくれた『王子様』に憧れるあまり自らも王子様になろうとする男装の少女・天上ウテナは『薔薇の花嫁』と呼ばれる少女・姫宮アンシーと出会う。

どこか寂しそうな雰囲気のアンシーへ不思議と視線が向かうウテナ。同じ頃、親友の篠原若葉が生徒会の西園寺莢一から酷い仕打ちを受ける。

深く傷つき悲しむ若葉の敵をとるため、西園寺へ決闘を申し込むウテナ。
怒りをぶつけるウテナの左薬指の指輪(薔薇の刻印)に気付いた西園寺は、「次のデュエリストか」と申込を受ける。

ウテナが決闘の場所へ行くと、巨大な門扉と空へと続く螺旋階段と共に真っ赤なドレスに身を包んだアンシーが現れる。

『薔薇の花嫁』とエンゲージした者は『世界を革命する力』を手に入れることができるという。

鳳学園では『薔薇の花嫁』を賭けて生徒会メンバー桐生冬芽、有栖川樹璃、薫幹らによる決闘ゲームが繰り広げられていた…。

【公演概要】

公式ページはこちら

<公演期間>
2018年3月8日(木)~3月18日(日)

<会場>
CBGK シブゲキ!!

<公演時間>
約2時間(途中休憩無し)

<料金>

プレミアシート:9,500円(非売品グッズ付)
一般席:7,800円

※全席指定・税込

<出演者>
天上ウテナ:能條愛未(乃木坂46)
姫宮アンシー:山内優花
桐生冬芽:戸谷公人
西園寺莢一:横井翔二郎
有栖川樹璃:立道梨緒奈
薫幹:大﨑捺希
桐生七実:鈴木亜里紗
篠原若葉:竹内夢
影絵少女A子:熊田愛里
影絵少女B子:NENE
冬芽・幼少期:池田謙信
西園寺・幼少期:山内涼平

<STAFF>
原作:ビーパパス
スーパーバイザー:幾原邦彦
脚本・演出:吉谷光太郎
企画・製作:エグジットチューンズ/ポニーキャニオン
制作:ポリゴンマジック
主催:ミュージカル「少女革命ウテナ」制作委員会

© ビーパパス・さいとうちほ/小学館・少革委員会・テレビ東京
© ミュージカル「少女革命ウテナ」製作委員会

 - 舞台