コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~箱根学園王者復格(ザ・キングダム)~遂に開幕

2008年より『週刊少年チャンピオン』(秋田書店刊)にて大好評連載中の、渡辺航が描く漫画作品、『弱虫ペダル』。
ロードレースという自転車競技を題材にし、男女問わず漫画ファン、自転車愛好家など多くの人から支持され、コミックス累計1,700万部を突破した今最も熱いスポーツ少年漫画は、孤独なアニメオタク少年の小野田坂道が、総北高校自転車競技部の仲間と共にインターハイを目指し、その中でライバル校である王者・箱根学園や京都伏見高校らのメンバーと切磋琢磨しながら成長していく物語です。

その人気作品を舞台化したのが舞台『弱虫ペダル』、通称『ぺダステ』。
気鋭の作・演出家 西田シャトナーが、独自に生み出した表現技法“パズルライドシステム”を駆使し、舞台化不可能と言われていたロードレースという自転車競技を舞台上で表現。一本のハンドルと俳優によるマイムで自転車を走らせているような演出方法は、演劇界の革命的手法と各方面から賞賛されました。

舞台で幅広く活躍する躍進的な実力派俳優たちはロードレースを表現するため、舞台上を縦横無尽に全力で疾走。
舞台袖にはけると倒れ込んで酸素を吸引しなくてはならないほど、本気の走りと汗による「熱気」は観る者の心を「熱く」させ、多くの観客を感動させています。

2012年の舞台『弱虫ペダル』(=初演)から、インターハイの3日間を描く「インターハイ篇」やライバル校・箱根学園メンバーをフィーチャーした「箱根学園篇」、坂道が2年生になり新体制となったチームを描く「総北新世代、始動」や「箱根学園(ハコガク)新世代、始動」と言った作品を経て、2017年2月には、記念すべき10作目となる「新インターハイ篇~スタートライン~」を上演。

フランス・パリで開催された「Japan Expo2017」でのステージイベントではフランスの人々に熱狂をもって受け入れられ、同年10月には「新インターハイ篇~ヒートアップ~」を上演。その勢いは増すばかりです。

そして最新作となる第12作、舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~箱根学園王者復格(ザ・キングダム)~がいよいよ東京都豊島区の東京芸術劇場より開幕します。

初日の公演に先駆けて行われたオフィシャル会見と公開ゲネプロの模様をお伝えします。

オフィシャル会見の模様

会見に登壇されたのは、小野田坂道役の醍醐虎汰朗さん、今泉俊輔役の猪野広樹さん、鳴子章吉役の百瀬朔さん、泉田塔一郎役の河原田巧也さん、新開悠人役の飯山裕太さんの5名。

お客様へのメッセージとして、飯山さんは「今こうして僕ら舞台をやっていく中で、劇場の外の現実の世界では、まだ寒かったりとか、春に向かっていく中ですが、劇場に足を運んでいただければ、何時でも選手達が汗を流している真夏のインターハイの空間が味わえますので、劇場でお待ちしております。」と述べ、河原田さんは「シャトナーさんを筆頭に、それぞれがクリエイティブに新しい事を見つけていこう、という姿勢を全員に感じるのがこの舞台『弱虫ペダル』だなと思うんですけど、今回も本当に色んな事を沢山挑戦しています。皆怖がらず、兎に角前に進んでいこうという気持ちが今回は強いなと感じているので、劇場で皆様にお会い出来た時、カーテンコールでどんなお顔をされているのか、見るのが緊張と楽しみで一杯です。初日から飛ばしていきますのでよろしくお願いします。」と述べ、百瀬さん「今回の作品は楽しみな部分も沢山有ると思うんですけど、僕個人的には、河原田の“た~ちゃん”が走るという事が、レースをするという事が、ずっとこの作品を引っ張ってきた人がここにきて走るという事に、何か一つ運命的なものを感じる部分が有るので、僕個人としては楽しみで、皆様もそういう所を楽しみに来て頂けたらと思います。」と述べ、猪野さんは「お芝居として、シンプルに面白い作品になったなと素直に感じています。後は、先代の方々がやっぱりいらっしゃるので、色々な想いを受け継ぎ、新しいものを作って行く、使っているハンドルも凄く年季が入っていますし、今つけているグローブもそうですけど、「ああっ、これが今まで脈々と使われて来たヤツなんだな」と。そういう気持ちを毎公演忘れずにやっていきたいなと思っております。」と述べ、醍醐さん「とてもとても熱い舞台に仕上がったんじゃないかなと思います。また、今回は初めて導入された各キャラクター毎の“決め技”があるので、是非、観て欲しいなと思います。劇場でお待ちしております。」と挨拶されました。

ゲネプロの模様

インターハイ1日目に全てのゼッケンを獲得し王者復格を狙う箱根学園と、一方、敗れた総北は挑戦者として闘う事を決意し、インターハイ2日目へと臨む。

スタート早々に、主将・手嶋の作戦で箱根学園を引き離す総北。だが、鏑木が疲労の為、後方へ沈んでしまう。

決死の覚悟で救出に向かった3年・青ハ木。彼が奥の手として鏑木に渡した物とは…?
そして単独で先頭を目指す小野田を、箱根学園・新開悠人が強襲。坂道はその執拗な攻めに苦戦する。

メンバーが散り散りとなり、チーム総北は危機的状況に…。
一方、御堂筋率いる京都伏見は小野田達を抜いて、先頭の箱根学園に追いついた。

スプリントラインが近づき、箱根学園と京都伏見の因縁の対決が再燃。
誇りを背負う箱根学園主将・泉田塔一郎に、底知れぬ実力の京都伏見一年・岸神が食らいつく。

両者譲れぬ勝負の行方は…!?

【公演概要】

公式ページはこちら

<公演期間>
東京公演:2018年3月2日(金)~3月11日(日)
神戸公演:2018年3月16日(金)~3月18日(日)

<会場>
東京:東京芸術劇場 プレイハウス
神戸:新神戸オリエンタル劇場

<公演時間>
約2時間10分(途中休憩無し)

<料金>

プレミアムチケット:¥10,800

※劇場にて公演パンフレット(販売品)とプレミアムチケット限定グッズ(非売品)をセットにしてプレゼント致します。

一般席:¥7,800

※全席指定・税込

<出演者>
『総北高校』
小野田坂道:醍醐虎汰朗
今泉俊輔:猪野広樹
鳴子章吉:百瀬朔
手嶋純太:鯨井康介
青八木一:八島諒
鏑木一差:原嶋元久
古賀公貴:本川翔太

『箱根学園』
泉田塔一郎:河原田巧也
葦木場拓斗:富永勇也
黒田雪成:伊藤澄也
真波山岳:杉山真宏
銅橋正清:兼崎健太郎
新開悠人:飯山裕太

『京都伏見高校』
御堂筋翔:林野健志
水田信行:桝井賢斗
岸神小鞠:天羽尚吾
山口紀之・パズルライダー監督:一瀬悠

『パズルライダー』
河野智平
伊藤玄紀
長瀬真夏

<STAFF>
原作:渡辺航「弱虫ペダル」(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載)
演出・脚本:西田シャトナー
音楽:manzo
作詞・歌:桃井はるこ
舞台監督:下柳田龍太郎
美術:秋山光洋
照明:加藤学
音響効果:天野高志
音響:田邊陽介
ヘアメイク:古橋香奈子、川井友美、松野亜莉沙、遠田瞳
衣裳:惠藤高清
振付:片渕雅子
歌唱指導:上田誠司
演出助手:高橋将貴
美術助手:古謝里沙
演出部:岸川卓巨、木村力、林宏和
照明操作:藤田典子、町田美果、小池みのり
ムービングプログラマー:相馬寛之
音響サンプラー:柴田直子
マイクケア:豊島佑奈
大道具:イトウ舞台工房
小道具:羽鳥健一
コンディショニングトレーナー:伊藤洋、親泊聡
コンディショニング協力:東京西川 AiR
カメラマン:金山フヒト
宣伝・グッズデザイナー:羽尾万里子、天野果菜
制作進行:杉田智彦
制作:齋藤恵、高山みなみ、宮澤一樹
主催:マーベラス、東宝、トムス・エンタテインメント

© 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
© 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、トムス・エンタテインメント

 - 舞台, 2.5次元, 弱虫ペダル