コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

『音楽劇ヨルハVer1.2』を観る

『音楽劇ヨルハVer1.2』が2月9日(金)~13日(火)まで北千住 THEATRE1010にて公演されました。

大人気ゲーム「ニーア オートマタ」(NieR:Automata)の前日談「真珠湾降下作戦」を描いた舞台「ヨルハ」の再再演である『音楽劇ヨルハver1.2』は、ギターやピアノによる生演奏と歌唱が加わったバージョンです。

今回は、コンフェティのラジオ番組「花奈澪のコンフェティ☆シャワー」でお馴染み、花奈澪さんも出演される舞台の模様をお届けします。

あらすじ

遠い未来、機械生命体によって地球を侵略された人類は、月へと逃れていた。

衛生軌道上に存在する人類の防衛拠点では、アンドロイドたちが人類に代わって侵略者たちと戦っている。

第十四次降下作戦において予想外の攻撃を受けた実験部隊『ヨルハ』はたったの四機を残して全滅・・・・。

しかし、地上に残って抵抗運動を続けていたレジスタンスと合流したヨルハたちは司令部の過酷な運命に応え、機械生命体へと決死の戦いを挑むのだった。

たった四機での戦いを強いられるヨルハ。

援軍の要請も断られ、司令部から見放されたヨルハのもとに現れたのは、過去の作戦で投下されたものの司令部の命令から外れ、独自に抵抗運動を続けている「レジスタンス」たち。

ヨルハとレジスタンスは共に機械生命体への絶望的な戦いに挑もうとします。

戦いの中で生まれていく、ヨルハとレジスタンスの交流。

人間とアンドロイド、機械生命体の間にある違いとは何なのか?

アンドロイドに備えられている作られた過去の記憶「擬似記憶」を持つ意味とは?

舞台の臨場感に生の音楽が奥行きを持たせ、「ニーア オートマタ」に繋がっていく深い物語が紡がれます。

二十一号役 花奈澪インタビュー

-『音楽劇ヨルハVer1.2』はどのような作品ですか?

一人ずつ死んでいくお話なんですけれど、「少年 ヨルハ」とは全く違う、女子ならではのダンスだったり歌だったりとか、また別の作品なので、エンターテイメント性が強く、よりゲームの世界観に近いのかなと思うので、ぜひ多くのゲームファンの方に観ていただきたいです。

-二十一号はヨルハ四機の中でどのようなキャラクターですか?

スキャナータイプなので、いろいろな物事をわかってしまう、頭のいいゆえの辛さというのが二十一号にはあるのではないかと思っています。

冷静沈着で、現場を引いてみているというか、ちょっと斜に構えている部分もありますね。

-花奈さんは「ニーア オートマタ」プレイヤーですか?

もちろん!

実際に生で聴けて幸せです。耳が幸福です。

3月2日の「花奈澪のコンフェティ☆シャワー」では、二十一号歌唱シーンやリスナーへのメッセージも放送予定です!

©SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 - 観劇記