コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』~To the shining future~東京公演開幕!

2015年4月にリリースされたスマートフォン向けゲームアプリ「あんさんぶるスターズ!」(Happy Elements K.K)は、ダウンロード数200万を突破している大人気コンテンツです。

現在は2周年を迎え、初めてのバーチャルライブツアーとなる「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE ~1st Tour“Morning Star!”~」も大成功を収めるなど、勢いはとどまることを知りません。

舞台シリーズとなる『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』は2016年6月に初演、2017年1月に続編が上演、2017年9月にKnights篇が上演され大きな盛り上がりをみせました。

そして2018年1月、『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』~To the shining future~大阪公演が大盛況の内に終了、いよいよ東京公演が東京都足立区のシアター1010にて開幕しました。

初回公演に先立ち、囲み会見が行われました。

囲み会見の模様

会見に登壇されたのは、小澤廉さん、山本一慶さん、松村泰一郎さん、谷水力さん、前山剛久さん、安井一真さん、野嵜豊さん、星元裕月さんの8名。

東京公演にかける意気込みは?との質問に小澤さんは「今回はメインストーリーが完結するという事なんですけども、僕達Trickstarが初演と、二作目の~Take your marks!~で作り上げてきた空気感と絆というのを大事にしながら、最後までやり切りたいなと思っております。と述べ、山本さんは「廉君が言った通り、今回が完結篇という事で、終わった後に三部作を通して、自分としてキラキラした心になれる作品だなと僕も思っているのでそれをお客さんにお届け出来る様、頑張りたいと思っています。」と述べ、松村さんは「前二人と一緒で、完結篇という最期に向かって全員で造って行くものが一作目、二作目より、どんどん進化した物であれるように常に全力で、そして稽古もそれだけの事をやって来たつもりでいますので、頑張りたいと思います。」と述べ、谷水さんは「一作目二作目と、今まで少しずつ作り上げてきた物が全て集結されたような作品になっていると思うので、そこで、Trickstarがどれだけキラキラ輝けるかという所を、僕達は頑張っていきたいと思います。」と述べ、前山さん「今回、Trickstar、fine共に新曲があって、勿論、歌やパフォーマンスの面でもっともっと良いものを見せたいなという気持ちもあるんですけど、何よりも大事なのが今回、メインストーリー完結篇という事でお芝居の面で、気持ちで勝負する部分が凄く多いのでそこを個人的には頑張りたいなと思っています。」と述べ、安井さんは「僕はfineとして、Trickstarだけでなく、他のユニットも圧倒出来るようなパフォーマンスをこれから見せていきたいと思っています。」と述べ、野嵜さんは「メインストーリー完結篇という事なので、しっかりTrickstarの壁になり、敵になって導いていけるような存在に成れたらなと思っております。パフォーマンスの方も色々な曲があるので、しっかりと圧倒出来るように頑張りたいと思います。よろしくお願いします。」と述べ、星元さんは「完結篇という事で、姫宮桃李としてfineの正義を最期まで貫き通し、そして純白の翼を羽ばたかせていきたいと思っています。」と述べました。

次に、どんな所をよく見て欲しいか?という質問に小澤さんは「今回の見所はTrickstarには舞台オリジナルの新曲があります。そして本編はTrickstarが主軸なんですけども、彼等だけでなく、他のユニットの皆がいろんな思いを募らせていて、その思いに支えられながら、ステージ上にTrickstarが立つという、僕達だけでなく、全ユニットが協力しているという空気感というのが、また一つの見所じゃないかなと思っております。その為にはやっぱりカンパニーが本当に仲良くないと、そういう部分が嘘の演技になってしまうというのが、僕は嫌だなと思っていまして、それを本当の仲の良さで表現できれば良いなと思っております。fineとTrickstarは、正義と正義で戦うのですが、何が正しいのかという答えが、本物のアイドルとは何なのかというのが、舞台上で表現できればなとおもっております。」と答えました。

最後に劇場にお越しになるファンの皆様へ、小澤さんは「何時も応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。僕は心に残る様なとかいう大反れた事を言うつもりは無くてですね。でも、アイドルを演じるという事で、アイドルの仕事というのは夢を見させるというのもまた一つの仕事だと思うので、見に来てくださった皆様には、夢を見て貰えるような、そんな素晴らしいキラキラした舞台をお届けしたいなと思っております。キャスト一同、頑張りますので、応援の程、よろしくお願いします!」と答えられました。

公演の模様

“生徒会長の権限により命じよう。Trickstarは解散しなさい”

生徒会長・英智より、突然のユニット解散命令を言い渡され散り散りになるTrickstar・・・

ひとり残され、あきらめかけるスバルであったが、ドリフェスでTrickstarが示した輝きによって他のユニットに変化が。

ユニット分裂の危機の中たった一人でステージへ立つことを決めたスバル。
果たしてスバル、北斗、真、真緒はTrickstarとして再び集結しステージに立つことが出来るのか―――

Trickstar『WE CAN SHINE!』、fine『everlasting song』の2曲の新曲と、御馴染みの『Singin’ ☆Shine』を含む全17曲、嵐の様な2時間45分は見応えたっぷり。
メインストーリー完結篇に相応しい8ユニット30名の大カンパニーが繰り広げる圧巻のステージを是非、お見逃し無く。

【公演概要】

 

公式ページはこちら

<公演期間>
大阪公演:2018年1/19日(金)~1/21日(日)
東京公演:2018年1/25日(木)~2/5日(月)

<会場>
大阪:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
東京:シアター1010

<公演時間>
約2時間45分(10分間の途中休憩を含む)

<料金>
チケット:¥8,000(税込)

<出演者>
『Trickstar』
明星スバル:小澤廉
氷鷹北斗:山本一慶
遊木真:松村泰一郎
衣更真緒:谷水力

『Knights』
瀬名泉:高崎翔太
鳴上嵐:北村諒
朔間凛月:荒牧慶彦
朱桜司:北川尚弥

『UNDEAD』
大神晃牙:赤澤遼太郎
朔間零:小南光司
羽風薫:奥谷知弘
乙狩アドニス:瑛

『流星隊』
守沢千秋:佐伯亮
深海奏汰:堀海登
南雲鉄虎:小西成弥
高峯翠:村川翔一
仙石忍:深澤大河

『Ra*bits』
仁兎なずな:大崎捺希
紫之創:櫻井圭登
真白友也:宮崎湧
天満光:夏目雄大

『2wink』
葵ひなた:山中健太
葵ゆうた:山中翔太

『紅月』
鬼龍紅郎:上田堪大
蓮巳敬人:小松準弥
神崎颯馬:樋口裕太

『fine』
天祥院英智:前山剛久
日々樹渉:安井一真
伏見弓弦:野嵜豊
姫宮桃李:星元裕月

<STAFF>
原作:『あんさんぶるスターズ!』(Happy Elements K.K)
脚本:赤澤ムック
演出:宇治川まさなり
音楽:Arte Refact、角谷和俊
作詞:松井洋平
振付:服部友美
美術:中村知子
照明:柏倉淳一
音響:戸田雄樹
映像:横山翼、新田憲太郎
衣裳:摩耶、岩田麻希
ヘアメイク:車谷結
歌唱指導:橋爪貴明
小道具:桜田卓
舞台監督:澤麗奈
演出助手:村山歩
稽古ピアノ:山元悠加
制作進行:麻田幹太、神戸丈志
宣伝美術:渋谷悠子
宣伝写真:金山フヒト、渡部俊介
制作会社:Quaras
主催:マーベラス/Happy Elements K.K/フロンティアワークス

© 2016 Happy Elements K.K/あんステ製作委員会

 - 舞台, 2.5次元, あんさんぶるスターズ!