コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』公開記者会見開催!

『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』 は、二十歳を過ぎてもニート生活を続けるどうしようもない6つ子の日常、時には奇想天外な非日常がユーモアたっぷりに描かれ、2016年度流行語大賞にノミネートされるなど日本全国に旋風を巻き起こした、TVアニメ「おそ松さん」を舞台化したもの。

第1弾は、2016年9月29日~10月23日まで東京・大阪で上演され、クズでニートな6つ子たちの1日を繰り広げた爆笑必至のステージは全公演で満員御礼の大ヒットを記録ました。

その第2弾が、『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』と題し公演されます。
大阪公演は梅田芸術劇場にて、2月23日(金)~2月26日(月)、東京公演はTOKYO DOME CITY HALLにて3月1日(木)~3月11日(日)まで上演します。

舞台第2弾の制作陣は、演出の小野真一を始め、第1弾を手掛けたスタッフが再集結。
出演キャストも、おそ松役に高崎翔太、カラ松役に柏木佑介、チョロ松役に植田圭輔、一松役に北村 諒、十四松役に小澤 廉、トド松役に赤澤遼太郎の6名が、そして6つ子のイケメンver.であるF6役として、F6おそ松役に井澤勇貴、F6カラ松役に和田雅成、F6チョロ松役に小野健斗、F6一松役に安里勇哉、F6十四松役に和合真一、F6トド松役に中山優貴と、第1弾で本作を華々しく彩ったキャスト陣が続投致します。

長男、おそ松役を務める高崎翔太は、「第一弾を超える作品になると、期待しております!またあの6つ子ニートを観れると思うと、楽しみでなりません。」と、第2弾への意気込みを語りました。

原作となる、TVアニメ「おそ松さん」も第2期が10月よりテレビ東京ほかにて放送開始となり、ますます「おそ松さん旋風」が日本全国に巻き起こります。舞台「おそ松さん」第2弾で、さらにパワーアップした6つ子たちが、どんなSHOW TIMEな1日を届けてくれるのか、楽しみですね。

公開記者会見の模様

12月4日、都内某所にて公開記者会見が開催されました。
事前応募で集まった66名の幸運なファンと報道陣が文字通り、すし詰め状態で見守る中、会見はスタート。

最初に松野家の6つ子達が登場。
長男:おそ松役の高崎翔太さん、次男:カラ松役の柏木佑介さん、三男:チョロ松役の植田圭輔さん、四男:一松役の北村 諒さん、五男:十四松役の小澤 廉さん、六男:トド松役の赤沢遼太郎さんの6人全員の自己紹介が終わるや否や、

高崎さんが「一つだけいいですか?本当に俺、悪くないんですけど……めっちゃパンツ見える!」と客席のファンの方を見て一言。
それに「どこ何処?ドコどこ?」と絡む小澤さん。こんなやり取りが頭から繰り広げられます。

司会から今回着用している新しい衣裳について聞かれると「今日、初めて袖を通しました。パーカーとかに比べると、生地がちょっと薄めなんですよ。ちょっと心配な所がありますね、トッティの乳首の方が透けないか。可愛い衣裳ですよ。」と皆さん。舞台第2弾を控えての気持ちはと問われると

赤澤さん「第2弾が決まって僕が思ったのは、僕は体格が割と良い方なので、先ず肩幅をそぎ落とそうと、頑張りました。」と答えた所で「(アニメ2期の劇中の様に)それよりも乳首を捥ぎ取った方が良いよ」と、小澤さんに突っ込まれる赤澤さん。

小澤さん「僕は舞台上で口を開けっ放しなんですよ。第2弾が決まった時は、先ずは加湿器を買おうと思いました。カッピカピに乾くので。」

北村さん「そうですね、またお尻のケアをしないといけないなと。前の方は出せるのであれば。先ずは許可を取ってから。」

植田さん「(今までの3人を見て)もうこの様な感じですので、私はとりあえず場の規律をしっかりと正す役目のポジションをやれたらと。」

柏木さん「第1弾が凄くキラキラな衣裳を着させて頂いた時、あの時点で何かパワーアップしてない?と言われたので、是非、次はもっとパワーアップした衣裳を。一体、どんな物になるのだろうというのが楽しみです。」

高崎さん「今回、劇場のキャパが二倍になりまして、気になるのが…(左手で銭マーク)。お客さんの笑顔が二倍見れるのかなと思うと楽しみです。もっと沢山の人に劇場で観て貰えるというのが嬉しく思います。」

第2弾で6つ子役からF6役にお願いしたい事は?との質問に高崎さん「この中で一番僕が年上なので、ご飯とか行く時ちょっと気まずいんですよ。でも、僕より年上が向こうには居るんですよ。“保護者”として付いて来て欲しいです。そうすると、皆がハッピーです。」と切実なお答えが。

続いてF6が登場しミニライブ。人気曲、Forever 6ock Youを、F6おそ松役:井澤勇貴さん、F6カラ松役:和田雅成さん、F6チョロ松役:小野健斗さん、F6一松役:安里勇哉さん、F6十四松役:和合真一さん、F6トド松役:中山優貴さんが披露しました。

ファンの前でライブをした観想は?との問いに「本当にこういうグループを結成して、色んな所を周ってイベントをする人達、みたいな気がして。この曲以外にも何曲かあるんですが、何回かイベントでやらせて頂いた事があるので、久しぶりでとても楽しかったです。」と井澤さん。

第2弾はどのような事をやってみたいかという問いには以下のように答えました。

中村さん「第一作目はダンスも歌もお芝居も沢山やらさして頂いていたんですけど、第2弾は更にもっとパワーアップして、来てくれた皆さんを魅了したいと思っております。」

和合さん「やっぱりF6の魅力っていうのは、どこへでも行けたりとか、どんな所でも皆を楽しませるというところだと思うので。世界中どこへでも行ったし、宇宙の色んな所へも行ったし。誰も想像できない所へ行ってパフォーマンスをしてみたいと思います。」

安里さん「第2弾があると聞いて、一番最初にプロデューサーさんに聞いたのが、「銭湯のシーンは有りますか?」。聞いたんですけど、まだそれは教えてくれなかったので、次がどうなるのか楽しみです。」

小野さん「6つ子の中に混ざってみたい。僕チョロ松役じゃないですか。圭輔が抜けて僕が入るみたいな。一人だけF6として混ざってる。」

和田さん「ティッシュ配りたいですね。あんな人生でティッシュせがまれる事無いなと思って。次はトイレットペーパーでお願いします。」

高崎さん「健斗君と似てるんですが、F6はビックリするほどルックスが良い6人ですが、6つ子みたいな普通の服を着て普通の会話をしたいなと思いました。何故かと言うと、我々が前回会った時は、本当に人の話を聞いてないでテンポ重視で目を見て話さないちょっと特殊な芝居というか、6人なので、そこは普通の6つ子をやってみたいなと思いました。」

と答えました。

F6役から6つ子役にお願いしたい事は?との質問に「リハーサルで僕達が踊っている時にずっと6つ子達がみてたんですが、多分、皆もう踊れると思うんですよ。あの6人の「Forever 6ock You」を見てみたいんですよ。あと、銭湯のシーン。僕達銭湯というよりは、海に入ってそうなイメージなので。」

第2弾では新曲があるとの話題に「踊る曲、バラード、馬鹿な事を言ってる歌だとおもいます。」と一同。

この日17時30分解禁の情報として、アニメ版のキャラクターデザインの浅野直之氏が今作の為に描き下ろしアニメイラストを作成。

舞台直前の6つ子の楽屋の様子を描き、それぞれのキャラクターを表現した舞台版オリジナルイラストとなっています。

そして東京公演千秋楽のライブビューイングも発表され、2018年3月11日の千秋楽公演を全国の映画館にてライブビューイングする事が決まりました。

続いて質疑応答に。
F6への質問。新曲の話があったが、個人的にこんな歌を歌ってみたいというのが有るか?という問いに以下のように答えました。

中山さん「僕は盛り上がる曲が好きなので、お客さんと一緒にコール&レスポンスを出来る曲があったら良いなと思います。」

和合さん「ロック。皆で楽器とか練習して、バンドを結成してロックナンバーなどをやっても面白いんじゃないかな。」

安里さん「音楽無しのアカペラを。皆でハーモニーを届けたいです。」

小野さん「R&Bぽいのとか。」

和田さん「バラードですかね。前回のバラードチックな曲って、「聖なるかな匣智裏紙」だけだったのでああいう感じのバラードをやってみたいです。」

井澤さん「僕はバチバチに踊りたいです。韓流みたいな。お洒落でカッコイイふりを踊れれば。そのなかでちょっと、皆さんと踊れるようなフリを一緒に出来たらいいなと思います。」

フォトセッションが終了し、挨拶を終えて退場…と思ったら、舞台袖から高崎さんがケーキを持って登場。
この日はF6一松役:安里勇哉さんの30歳のお誕生日で、サプライズとしてお祝いが行われました。

安里さんは、「ありがとうございます。30歳になって一発目の舞台がおそ松さんなので6つ子とF6、そして他の皆も力を合わせて最高の舞台、エンタテイメントを届けたいと思います。皆さん楽しみにしていて下さい。」と答えられました。

最後に今回の舞台への意気込みを代表し、高崎さんが「本日はお集まりいただき、誠にありがとうございます。こんな愉快なメンバーでまたやれる事が凄く嬉しく思っています。今回、全力で笑って最後、ちょっと泣けるような、そんな舞台を目指して皆で作って行きたいと思います。僕達も全力で楽しみますので、来てくれるお客様も全力の笑顔を向けられる、そんな舞台に仕上げて行きたいと思います。是非とも、楽しみにしていて下さい。ありごとうございました。」と締めくくられました。

【公演概要】
『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』

公演ホームページはこちら

<日程>
大阪:2月23日(金)~2月26日(月)
東京:3月1日(木)~3月11日(日)

<会場>
大阪:梅田芸術劇場メインホール
東京:TOKYO DOME CITY HALL

<公演時間>
未定

<出演者>
おそ松:高崎翔太
カラ松:柏木佑介
チョロ松:植田圭輔
一松:北村諒
十四松:小澤廉
トド松:赤澤遼太郎

F6/おそ松:井澤勇貴
F6/カラ松:和田雅成
F6/チョロ松:小野健斗
F6/一松:安里勇哉
F6/十四松:和合真一
F6/トド松:中山優貴

トト子:出口亜梨沙
イヤミ:窪寺昭
チビ太:KIMERU
ハタ坊:原勇弥

※出演者は変更になる可能性がございます。

<STAFF>
原作:赤塚不二夫「おそ松くん」
演出:小野真一
脚本:伊勢直弘、鹿目由紀、小峯裕之
音楽:橋本由香利
劇中歌プロデュース:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
美術:石原 敬
技術監督:寅川英司
舞台監督:山下翼
照明:斎藤喜和(Dort)
音響:ヨシモトシンヤ(カムストック)
映像:ノアド株式会社
衣装:八重樫伸登
ヘアメイク:車谷結(raftel)
小道具:羽鳥健一
振付:FunX(ファンクス)
歌唱指導:設樂咲枝
宣伝美術:五島英一
制作プロデューザー:杉田智彦(アズプロジェクト)
主 催:「おそ松さん」on STAGE製作委員会2017

<チケット>
プレミアムシート9,800円(税込/全席指定)※特典付き・前方座席
一般席6,800円(税込/全席指定)※未就学児の入場は不可となります

 

©赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2017

 - 舞台, 2.5次元