コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

超歌劇『幕末Rock』絶叫!熱狂!雷舞 東京公演いよいよ開始!

2014年2月にゲームがリリースされるや大ヒットし、7月にTVアニメが放送され、“幕末”という時代設定のもと、志士(ロッカー)たちが音楽で新しい時代を創る、斬新で魅力的なキャラクターにあふれた大人気コンテンツ『幕末 Rock』。

舞台版は、超歌劇(ウルトラミュージカル)と銘打ち、2014年12月に吉谷光太郎氏の脚本・演出で上演され、本格Rockの楽曲の数々と圧巻の雷舞(ライブ)演出を、若手実力派俳優たちがミュージカルで表現し、全公演満席で、立見もでるほどの注目作となりました。

原作ゲーム、アニメの世界観をそのままに、劇中の演出シーンの一部として、観客が実際にペンライトを振りながら公演を楽しむという観客参加型のライブ要素を取り入れた演出が大好評。その後、2015年8月超超歌劇(ちょう・ウルトラミュージカル)として、東京・大阪で再演し、全公演即SOLD OUT。千秋楽には全国でのライブビューイングも敢行。そして2016年8月、9月には新作で新キャラクターも登場した「黒船来航」を上演。そして、2017年11月には超歌劇(ウルトラミュージカル)『幕末Rock』待望の雷舞(ライブ)を東京・大阪で開催。坂本龍馬の誕生日である11/15からは、シリーズ3作品の音楽配信がスタートしています。

11/24(金)より、超歌劇(ウルトラミュージカル)『幕末Rock』のシリーズ最新作である「絶叫!熱狂!雷舞」(クライマックスライブ)公演が、新大阪の大阪メルパルクホールにて開幕。

今回は初演(2014年)、再演(2015年「超・超歌劇<ちょうウルトラミュージカル>」)、続編(2016年「黒船来航」)につづく、待望のライブ(雷舞と表記)となり、初日公演からキャストはもとより、観客のボルテージも高く、会場は開演前の前説から熱気に包まれました。

坂本龍馬(良知真次)、高杉晋作(糸川耀士郎)、桂小五郎(三津谷亮)の3名をはじめ、土方歳三(輝馬)、沖田総司(佐々木喜英)を加えた「超魂團」(ウルトラソウルズ)やペリー・ジュニア(兼崎健太郎)、徳川慶喜(KIMERU)、井伊直弼(吉岡佑)らが熱唱、そして前説を担当した、お登勢(山岸拓生)と勝海舟(岩﨑大)も加わり、熱い雷舞(ライブ)を展開。

中でも、各キャラクターの楽曲を公式サイトからリクエストを募集、歌い手をシャッフルして様々な組み合わせで披露したりと、超歌劇(ウルトラミュージカル)『幕末Rock』ならではの趣向で客席を沸かせ、特に新衣裳で登場するシーンはセットの世界観ともマッチして観客を大いに魅了しました。

盛り上がりを見せる超歌劇(ウルトラミュージカル)『幕末Rock』 絶叫!熱狂!雷舞(クライマックスライブ)は、11/26(日)までの大阪公演を大盛況の内に終了し、11月29日より大千秋楽の12月3日に向かって東京都渋谷区のAiiA 2.5 Theater Tokyoにていよいよ東京公演がスタートします。

初回公演に先立ち、囲み会見と公開ゲネプロが行われましたのでお伝えします。

囲み会見の模様

会見に登壇したのは坂本龍馬役の良知真次さん、高杉晋作役の糸川耀士郎さん、桂小五郎役の三津谷亮さん、土方歳三役の輝馬さん、沖田総司役の佐々木喜英さんの5名。

主演の坂本竜馬役の良知さんは東京公演に向けての意気込みとして「この幕末Rockシリーズは、最初はゲームで始まり、漫画、アニメ、そしてその最終章という形で、この超歌劇が生まれたのですが、スタート当時のその時の気持ちと、絶叫!熱狂!雷舞と、気持ちは一緒なのですが、何かが変わってるなと思うと、それは勿論、キャストも変わっていますし、新しい衣裳が出来る事もそうですけど、変わってない事っていうのは音楽の良さだったり、原作の良さだったり。2.5次元という物を本当にお客様が客席で楽しみで待っていて下さるので、その方々に純粋に楽しんで頂く、そして「2.5次元として幕末Rockをやって良かったな、観に来て良かったな」という絶叫!熱狂!雷舞を迎えられるようにと思っております。」

と答えられました。

ゲネプロの模様

今回、取材出来たのはセットリストAの公演でした。

大音圧のロックサウンドに身を任せ、2時間10分のクライマックスライブに思う存分、酔いしれたい方は是非、劇場へ!

大千秋楽公演・GYAO!ストアで生配信が決定!

映像配信サービス「GYAO!」の2.5次元ミュージカルに関する映像作品を纏めた特設ページ「ニゴステ(2.5次元ステージ)」にて、12月3日(日)に行われる超歌劇『幕末Rock』絶叫!熱狂!雷舞の最終日・千秋楽公演を生配信します。
セットリスト違いの「マチネ公演:A」「ソワレ公演:B」の2公演の一挙配信です!

特設ページはこちら

<配信日時>
生配信(セットリストB):2017年12月3日(日)12:00公演
生配信(セットリストA):2017年12月3日(日)17:00公演

※セットリストAとBでは内容が一部異なりますのでご注意ください。

<視聴料金>
各公演単品2,500円(税込)、両公演のセット購入4,000円(税込)

※GYAO!ストアでの購入となります。

<販売期間>
2017年11月28日(火)14:00~12月3日(日)各公演開始1時間まで

(両公演のセット購入は当日13:00まで)

<アンコール配信>
12月5日(火)午後~7日間。

※生配信購入者は追加料金なしでアンコール配信が視聴可能です。

【公演概要】

公式ページはこちら

<公演日程>
大阪公演:2017年11月24日(金)~26日(日)
東京公演:2017年11月29日(水)~12月3日(日)

<会場>
大阪:大阪メルパルクホール
東京:AiiA 2.5 Theater Tokyo

<公演時間>
約2時間10分(途中休憩無し)

<チケット情報>
一般席/7,900円(税込)

超歌劇『幕末Rock』オフィシャルチケットページはこちら

<出演者>
坂本龍馬:良知真次
高杉晋作:糸川耀士郎
桂小五郎:三津谷亮
土方歳三:輝馬
沖田総司:佐々木喜英
お登勢:山岸拓生
勝海舟:岩﨑大
井伊直弼:吉岡佑
徳川慶喜:KIMERU
マシュー・カルブレイス・ペリー・ジュニア:兼崎健太郎

アンサンブル
山田諒 佐藤優次
仲田祥司 池田謙信
吉田邑樹 新開理雄

<STAFF>
原作:『幕末Rock』(マーベラス)
構成:吉谷光太郎
音楽制作:テレビ朝日ミュージック
ステージング:MAMORU
主催:マーベラス
:テレビ朝日ミュージック
:NBCユニバーサル・エンターテイメント
:NAS
協力:Gibson

 

©2014 Marvelous Inc./幕末Rock製作委員会
©2014 Marvelous Inc./超歌劇『幕末Rock』製作委員会

 - 舞台, 2.5次元