コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

舞台『刀剣乱舞』外伝 此の夜らの小田原、開催!

新小田原城への来場者100万人達成記念として、舞台『刀剣乱舞』外伝 此の夜らの小田原が小田原城にて一夜限りで行われました。

原案である「刀剣乱舞-ONLINE-」は、DMM GAMESが制作、ニトロプラスがキャラクター及びシナリオを担当したシミュレーションゲーム。名立たる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆けめぐりながら部隊を編成・育成していくという、いま最も注目を集めている大人気コンテンツです。女性層を中心に大きな支持を受け、全国に刀剣ブームを巻き起こしています。

その舞台版である、舞台『刀剣乱舞』は第一弾公演「虚伝 燃ゆる本能寺」2016年5月に東京・大阪にて上演。公演を収めたBlu-rayは、2016年9月19日付のオリコン・ウィークリーチャートで総合1位を記録、年末に行われた再演でも大好評を博しました。

そして、2017年6月~7月上演の「義伝 暁の独眼竜」も動員数を増し、2017年10月30日付のオリコン・ウィークリーチャートでBlu-ray&DVDともに総合1位という快挙を成し遂げました。

公演にあたって 出演者コメント

刀剣男士、九振りのコメントをご紹介。

山姥切国広:荒牧慶彦

一夜限りの公演ということで、美しい小田原城のもと、舞台『刀剣乱舞』の世界の魅力を最大限お伝えしたいです。新たな“刀剣男士”六振りの活躍と、物語をとくとご堪能あれ!!
そしてこの小田原城公演は、いわば「ジョ伝」の助走でもあります。
ここからさらに刀ステの物語が盛り上がっていくので、ぜひお楽しみに!!

へし切長谷部:和田雅成

初の野外公演。成功させるべく尽くし無事に全員で戦い抜きました。
新“刀剣男士”六振り。これまでの公演を経て本丸を支え続けている三振り。みんな、本当にカッコいいです!本丸の皆がこの場所に立たせてくれましたし、自分たちも皆の場所を守ります。
そして、「主命とあらば、何でもこなしますよ」

小夜左文字:納谷健

新たな“刀剣男士”を加えて舞台『刀剣乱舞』の新たな物語。ひとつの物語としてお客様の心に届くように、一夜限りといえど全力で戦って、舞台『刀剣乱舞』の世界で小田原城を染め上げられたと思います!!
「ジョ伝 三つら星刀語り」でも物語をさらに深め、紐解き、また未来へ繋ぐ。刀ステの本丸の在り方、カタチがより深く見え、お客様にお届けしたいです!!僕らの戦う姿、前に進む勇姿をお楽しみに!!

骨喰藤四郎:北川尚弥

歴史ある小田原城での一夜限りの公演ということでとても緊張しましたが、お客様の心に残るよう精一杯演じさせていただきました。野外ステージということもあり、屋内のステージとはまた違う雰囲気を楽しんでいただけたと思います。新“刀剣男士”の初めてのお披露目でもありますので、そこをしっかりと観ていただきたいです。「ジョ伝 三つら星刀語り」でも精一杯演じます。皆さん最後まで応援のほどよろしくお願いします。

同田貫正国:武子直輝

新小田原城100万人来場記念という、とてもめでたい記念に舞台『刀剣乱舞』という作品でステージに立たせていただけて、本当にありがたく思います。新“刀剣男士”六振りのお披露目公演でもありますので、一振り一振りの個性的な戦い方を見てほしいです。真摯に一つ一つ大切に「同田貫正国」という役を演じたいと思います。心身共に強くたくましく誠実な中身の強さで、舞台『刀剣乱舞』の世界を生きたいと思います!!質実剛健!!

山伏国広:横山真史

我々、新“刀剣男士”六振りの初お披露目で緊張していないと言ったら嘘になりますが、それぞれの個性を遺憾なく発揮し、寒さを忘れるくらい熱気全開の熱い舞台となっております!「すべてを笑い飛ばせるほど強くなりたい」大好きな言葉です。山伏国広役が決まった際、周囲の方にぴったり、という言葉をいただきました。まだまだ自分は山伏国広のように強くはありませんが、この言葉をしっかりと表せるよう、お客様に笑顔で帰っていただけるよう最後まで修行に精進したいと思います!!

日本号:成松慶彦

今回から初参加で初の野外公演。しかも小田原城の前ということで、初めてだらけの経験ばかりでした。舞台『刀剣乱舞』の世界観の中、日本号としての初公演をみなさんに楽しんでいただけるよう、一夜限りの公演を精一杯楽しく演じました。プロジェクションマッピングも相俟って、とても壮大な世界観となっております。たくさんの人たちに愛されているこの作品にかかわることができ、日本号として生きられることが本当に幸せです。「ジョ伝 三つら星刀語り」でもこの素敵なカンパニーで最高の作品を創り上げたいです。みんなに負けないよう、人一倍努力してみなさんに愛される日本号になれたらと思います。応援、よろしくお願いいたします!

博多藤四郎:木津つばさ

お披露目を歴史ある小田原城の麓でできることを大変うれしく思います。博多藤四郎という名に恥じぬよう精一杯臨みました!全てが見所と言っておきます!本当に全てが見所です!小田原城特別公演も終わり、次は「ジョ伝」がございます!今回出演の九振り、歴史上の人物、そしてアンサンブル、スタッフ一同で共に肩を組んでよりパワーアップした姿をお見せできるよう尽くして参ります!何卒応援の程よろしくお願いいたします。

ソハヤノツルキ:飯山裕太

今回から舞台『刀剣乱舞』の世界で生きることができ、とても幸せに思います。見てくださる皆様の心を揺さぶらせられるよう、そして原作の世界から初めて飛び出してきた力のあるソハヤノツルキをお届けできるよう精一杯頑張りたいと思います。今回から初出演の“刀剣男士”六振りと、前回から出演の三振りの皆さんとの共闘、とても好きですし、心から熱くなります!「ジョ伝」へ向けさらにパワーアップし、また新たに成長した姿をお客様に見せられるよう、精一杯稽古していきたいと思います。「ジョ伝」でも皆様のご来場をお待ちしております!
12月には東京、大阪、福岡にて最新作「ジョ伝 三つら星刀語り」の上演を控え、ますます盛り上がりを見せる舞台『刀剣乱舞』。今後の動きも見逃せません!

©︎舞台『刀剣乱舞』製作委員会

 - 舞台, 2.5次元, 刀剣乱舞