コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」開幕!

劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』 と現在公開中の劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』 の大ヒット作品の初の舞台化作品となる舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」が梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて開幕しました。

橋本祥平(一条シン役)、小南光司(神浜コウジ役)、杉江大志(速水ヒロ役)、大見拓土(仁科カヅキ役)を筆頭に豪華若手キャストが劇中歌にもなった数々の人気楽曲の歌唱。さらストーリーの重要な要素である、スケートやライブ、ダンスがプロジェクションマッピングも駆使し、舞台ならではの仕掛けや演出で本作の見どころ“プリズムショー”をリアルに表現。

また、劇場版では、映画館でのコスプレ、声援、アフレコOKの”応援上映”が話題となりましたが、舞台でもその演出を引き継ぎ、観客と一体となって舞台を作る”応援上演”を実現しました。

ここからは公演に先立って行われたゲネプロの模様をお届けします。

ゲネプロの模様をお届け

出演するキャスト全員が「BOY MEETS GIRL」を歌唱しながら登場し、幕開け。

続いて、大人気ユニットOver The Rainbowのプリズムショーに主人公の一条シンが衝撃を受け、プリズムスタァを目指すシーンへ。最新技術を駆使した舞台ならではの演出で、劇場版アニメを忠実に再現。劇場でも多くの人を魅了したプリズムショーの舞台版はさらに心がときめく演出で、思わず声が出てしまうような内容に。

一条シンが仲間と共に成長する姿や、エーデルローズ校での寮生活、ライバル校シュワルツローズとのダンスバトル、そして舞台版オリジナルの物語なども盛り込まれており前半から圧倒されます。

舞台両袖のランプが点灯している際は「お芝居シーン」、消灯状態の「LIVEシーン」と分け、観客は応援グッズや声援という形で参加し、一緒にステージを盛り上げて頂く応援上演というスタイルに挑戦。観客とステージが一体となって作品を作り上げる初の試みも見どころのひとつとなっています。

劇場版挿入歌「athletic core」や「EZ DO DANCE」などの人気楽曲はもちろん、脚本の青葉讓が作詞を担当した舞台オリジナルの楽曲も初披露。さらに、お風呂シーンなどのサービスショットやお笑いシーンも随所に散りばめられ、キンプリを知らない人でも楽しめる舞台となりました。

東京公演のチケットは完売となっていますが、千秋楽ライブビューイングが11月12日(日) に実施されます。

公演DVD・Blu-ray・CD発売

本作の公演DVD・Blu-ray・CDが2018年3月23日(金)に同時発売されることも決定致。
稽古映像、バックステージ映像、キャストインタビューの特典映像の他、初回はビジュアルブックレット、フォトカードといった豪華特典も封入。CDは公演挿入歌を1枚にした豪華アルバムとなっており、更に公演期間中は、劇場でのご予約でキャスト参加のイベントに抽選でご招待という特典も。

公演公式ページはこちら

©T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ /「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」製作委員会2017

 - 舞台, 2.5次元, アニメ