コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』いよいよ開幕!

2010年4月、マーシャル・ブリックマン&リック・エリスの台本、アンドリュー・リッパの作詞・作曲にてブロードウェイのルント・フォンテーヌシアターにて上演され、大反響を呼び、世界各地で公演されるブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』。

2014年4月に青山劇場、KAAT(神奈川芸術劇場)他で日本初演。
白井晃の質の高い演出と、キャラクターにぴったりのキャスト陣、心に残る優れた楽曲で、「何度も見たくなる本当に楽しい作品」と、再演を望む声が続出しました。

ゴメス役の橋本さとしは、本作で読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。アンコールの声にお応えし、2017年のハロウィン・シーズン、白井晃が芸術監督を務めるKAATで、ついに待望の再演の幕を開けます。ブラックな笑いとゴシックなテイストに溢れた、ユニークなお化け一家の家族愛ミュージカル。新たに豪華な新メンバーを迎え、オールスターキャストによる新生『アダムス・ファミリー』の開幕です。

10月28日からの神奈川公演に向け、神奈川県横浜市のKAAT【神奈川芸術劇場】にて報道向けフォトコールが行われました。
今回、公開されたのは劇中より、4つのシーンです。

 

When You’re an Addams「我らアダムス」
墓場にて、アダムス一家の登場。

 

Just Around the Corner「死は近くにいる」
モーティシアの部屋にて、ゴメズがウェンズデーとルーカスが愛し合い、結婚の意志があることを内緒にしていた事に怒りを爆発させるモーティシア。

Crazier Than You「狂ってる」「君と一緒にいられないなら死んだ方がまし」というルーカス。ウェンズデーはボウガンを持ち、ルーカスにりんごを頭上に乗せ、樹の所に立つ様に命じる。そこにルーカスの両親も加わって…。

 

Live Before We Die「死ぬまで生きよう」
家出をしようとするモーティシアを追ってくるゴメズ。ゴメズはモーティシアに、昔、自分達が「結婚をしたい」と父親に話しに行った時の事を思い出す。

フォトコールの後には囲み会見も行われ、橋本さとしさん、真琴つばささん、壮一帆さん、村井良大さん、昆夏美さんが登壇されました。

今回にかける意気込みについて、橋本さんは「3年半ぶりの再演となりますが、気持ちは完全にフレッシュな感じです。ニューメンバーも揃いまして、コレは最高のミュージカルじゃないですかね。手応えをバッチリ稽古場で感じながら、劇場に入っていきました。白井さんの演出も、(初演か!)と思う程、細かく、台本を見返してみると、自分の台詞のほとんど全部にチェックが入ってました。それ位、緻密に作り直して、新たな気持ちでアダムス・ファミリーが誕生しますのでその瞬間を、是非、皆様と味わいたいと思います。」と話されました。

モーティシアが、真琴さんと壮さんのダブルキャストである事について橋本さんは「いやぁ、もう、本当に「アリガトウゴザイマス」。左右どっちを見てもモーティシアが居るというのは不思議な現象なんですよ。舞台稽古でも、モーティシアを後ろから見たら、どっちがどっちか分からない位。本当にモーティシアというキャラクターに向かって真摯に取り組まれていて。初演の時に真琴さんのモーティシアと一緒にずっと共演させていただいて、これ以上のモーティシアは居ないんじゃないかな、と言う位、素晴らしいモーティシアで、その真琴さんのモーティシアから、僕のゴメズというものがある意味で「生まれた」気がしていて。だけど今回、パッとこちらを見たら、「また居たよ!(驚)」って。何と言うか、役者によって一つのキャラクターが、こんなにも違っていて、そこに答えがあるのではなく、すべ自分のモノにしてしまうエネルギーというモノを感じていて、また新たなゴメズを引き出していただいた感じで最高です。これ、プライベートで二人も奥さんを持つって、絶対ダメなことですからね。役者でよかったと思いますね。」

会見の最後に、真琴さんから大暴露が。

「見所がもう一つあるんです。今回、壮一帆さんが、舞台上で初KISSを披露する事になりました。女優デビューでございます。先程のフォトコール中のKISSが初めてでございました。」と会見場を大いに湧かせ、壮さんは「事務所の先輩に「女優」にしていただきました。柔らかかったです。」と答えられました。

珠玉のメンバーが織り成す、お化け一家の物語、是非劇場に足を運んでみてください。

ハロウィン特別企画決定!
Halloween Special 3 Stages!!

10月29日(日)、31日(火)、11月1日(水)(各14時開演)の3ステージは、特別企画がいっぱい!
ぜひアダムス一家、バイネッケ一家と一緒にハロウィンを楽しもう!

Special その1
トリック オア トリート・カーテンコール

この日だけの特別なカーテンコールをご覧いただけます。
何が起こるかは劇場でのお楽しみ!

Special その2
仮装DAY!あなたもファミリーの仲間入り!

我こそはという方はぜひ思い切り仮装してご来場ください。
そして、劇場を愛すべきおばけでいっぱいにしてください!

※ 上演中、客席内では服装の一部の脱衣や装飾品(帽子 等)の取り外しをお願いする場合がございます。
※ 他のお客様にご迷惑となる撮影行為や、ある一定の場所を長時間占拠して、公演に支障をきたす行為、化粧室内の仮装着替え、メイクの為に鏡前のスペースを占有することはご遠慮ください。
※ 客席内での撮影はご遠慮ください。撮影はロビーのみでお願いいたします。

Special その3
舞台上で撮影できるチャンス!

対象公演のチケットをお持ちのお客様で、ご希望の方は抽選で50組様 終演後に舞台上で記念撮影ができます!

(仮装していてもしていなくてもOK!)

※ 記念撮影をご希望のお客様は開場、休憩時に座席番号を応募用紙にご記入の上、劇場ロビー各階にございます応募箱へご投函ください。尚、お連れ様とご一緒に記念撮影を希望される方はその方の座席番号も合わせてご記入お願いいたします。
※ 当選者の発表は終演後に場内放送、及び劇場出入り口付近での掲示にてお知らせいたします。
※ 当選されたお客様は1階席客席前方にてお待ちください。
※ 記念撮影時に当選番号を確認させていただきます。撮影終了までは座席指定チケットは必ずお手元にお持ちください。
※ 紛失・盗難その他いかなる場合でも座席指定チケットは再発行できません。座席指定チケット 無き場合には、記念撮影をご遠慮いただきます。予めご了承ください。
※ 当日は1組毎スタッフが撮影いたしますが、カメラやカメラ付携帯電話はお客様ご自身でご用意ください。
※ 撮影場所はスタッフにて誘導させていただきますので、予めご了承ください。
※ 出演者との記念撮影はございません。

【公演概要】

<会場>
神奈川公演:2017年10月28日(土)~11月12日(日)KAAT神奈川芸術劇場
大阪公演:2017年10月27日11月18日(土)・19日(日) 豊中市立文化芸術センター・大ホール
富山公演:2017年11月24日(金)・25日(土)オーバード・ホール

<上演時間>
約2時間45分(休憩20分含む)

<STAFF>
台本:マーシャル・ブリックマン&リック・エリス
作詞・作曲:アンドリュー・リッパ
原案:チャールズ・アダムス
翻訳:目黒条/白井晃
訳詞:森雪之丞
演出:白井晃

<出演>
橋本さとし 真琴つばさ/壮一帆(ダブルキャスト)
昆夏美 村井良大
樹里咲穂 戸井勝海
澤魁士 庄司ゆらの
梅沢昌代 今井清隆
中本雅俊/小暮キヨタカ
照井裕隆/藤井凛太郎
新井俊一/柏木奈緒美
遠藤瑠美子/田口恵那
岡本華奈/熊澤沙穂

<ミュージシャン>
平木宏隆(Gt.)/木村将之(Ba.)
山本真央樹(Drs.)/伊東麻奈(Keyb)
鈴木謙之(Keyb)/BUN Imai(Per.)
八巻綾一(W.W.)/宮木謙介(W.W.)
小瀬晃弘(Tp.)/張替啓太(Tb.)上津原早紀(Vl.)/大岩直季(Vc.)

<STAFF>
音楽監督:浅川寛行
美術:松井るみ
照明:高見和義
音響:松木哲志・佐藤日出夫
振付:振付稼業air:man
衣裳:前田文子
ヘアメイク:川端富生
映像:新生璃人・栗山聡之
稽古ピアノ・音楽監督助手:境田桃子
歌唱指導:満田恵子
演出助手:河合範子
舞台監督:榎太郎
プロデューサー:田中希世子
制作:冨士田 卓
製作:井上肇
企画・製作:(株)パルコ

公式HPはこちら

 

 - ミュージカル