コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

劇団四季『リトルマーメイド』初日観劇記

国内最大級の劇団、劇団四季。

全国に8つの常設劇場を有し、世界的に著名な作品を多数上演している劇団四季はディズニー関連の作品も上演されています。『美女と野獣』、『ライオンキング』、『アイーダ』とディズニーのブロードウェイ・ミュージカル作品を国内でロングラン上演。2013年春、この豪華ラインナップに『リトルマーメイド』が加わりました。

rtm9積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏](東京・大井町)にてロングラン公演

舞台版『リトルマーメイド』は2008年にニューヨーク、ブロードウェイにて開幕し、その後世界中で公演する為に新たなイメージやデザインを設定し、ヨーロッパ版としてオランダとロシアで公演されました。

今回は、劇団四季様よりお借りする事の出来た公演写真を用い、観劇させていただいた初日の公演模様をダイジェストでお伝え致します。

 

初日観劇記

 海底の世界に住む人魚のアリエルは18歳―海の王トリトンの末娘で、地上の世界に憧れている。好奇心旺盛な彼女は、今日も幼なじみの魚、フランダーを連れて冒険へと出かけていく。

rtm2アリエルを除く6姉妹と「トリトン王」。個性豊かな6姉妹は姉妹らしい揃った演技を披露する。

撮影:下坂敦俊/©Disney

 舞台は多くの照明を用い、再現する事の難しい海底の様子を上手く再現している。舞台上の全ての出演者が海底で生活している事を仕草や動作で再現しており、客席も海底にあるのではないか、と錯覚してしまうほど。当たり前の事かもしれないが、海の中では魚も海藻もじっとして動かない訳ではない。それを見事に出演者の方々が再現されていた。

rtm3洞窟内の大きな像には沢山の”地上世界の宝物”が保管されている。

撮影:下坂敦俊/©Disney

 「アリエル」や「トリトン王」などの主要な登場人物が”フライング”という空中浮遊装置を用い、舞台上を泳ぐ。その泳ぐ姿はとても優美で、観客を魅了する。様々な海の生物が舞台を自然に横切る演出も程よいバランスで組み込まれており、飽きさせない。海面を再現するシーンでは波や岩に見立てた舞台セットを用い、海面を再現している。海に戻るシーンや海底への舞台転換のスムーズさに感動するが、このような素晴らしい演出や舞台転換により、『リトルマーメイド』の世界に没頭でき、時が経つ事を忘れてしまう。

ある日、アリエルは航海中の船へ近付き、そこで人間の王子エリックを見つける。たちまち恋に落ちてしまったアリエル。しかし、船は彼女の目の前で嵐に襲われ沈没し、エリックは海に投げ出されてしまう。

rtm1中央がハンサムな王子「エリック」。右は執事の「グリムスビー」。

写真:下坂敦俊/©Disney

 「エリック」たち地上の王国の者たちは船に乗って登場する。船は荒波を進む様子を再現しており、舞台上で大きな装置を用い、大胆な動きをする。船員たちの迫力ある歌や揺れ動く船上での演技にも注目したい。

溺れたエリックを抱え、必死に水面に向かうアリエル。浜辺まで運ぶと、歌を口ずさみながら介抱をする。朦朧としながらもアリエルの美しい歌声が脳裏に焼き付いたエリック。自分を救ったその声に惹かれ、声の持ち主である女性を必ず見つけると心に決める。

rtm6『リトルマーメイド』を代表する曲の1つである「アンダー・ザ・シー」の場面。舞台は華やかなひとときを迎える。

撮影:荒井健/©Disney

 映画でも有名な「アンダー・ザ・シー」の場面を舞台で華やかに再現。劇団四季版はヨーロッパ・オランダにて公演された舞台をベースにディズニーと劇団四季が妥協無しにブラッシュアップした世界最新の舞台版「リトルマーメイド」。「アンダー・ザ・シー」の場面では、新作のパペットが大集合し、賑やかで華麗な海底の世界を再現している。全ての魚たちが集合し、歌い上げる「アンダー・ザ・シー」は迫力満点。ステージから”ぐわっ”と来る大勢の出演者による素晴らしい歌声に、鳥肌が立つほどの衝撃を受けた。

一方アリエルも、父トリトンの警告をよそに、地上への憧れとエリックへの恋心をますます募らせていく。そんな彼女に目を付けたのは、海の魔女―アースラだった。アースラはアリエルに、「その美しい声と引き換えに、3日間だけ人間の姿に変えてやろう。この間にエリックとキスを交わすことができれば、一生人間のままでいられる」という話を持ち掛ける。ただし、それが果たせぬ場合は、アリエルの魂はアースラのものになるという……。悩み戸惑うアリエルをアースラは言葉巧みに誘惑し、遂に契約書にサインをさせる。そして、アリエルの尾ひれは人間の足へと変わり、彼女は憧れ続けた陸の世界に向かうのだった。

rtm5海の魔女「アースラ」は歌も演技も大迫力。

撮影:荒井健/©Disney

タコ”である海の魔女「アースラ」。”タコ”といえば特徴的な足だが、この足を出演者が上手く、しなやかに操作する事により、見事に海底にいる”タコ”を再現している。「アースラ」は足の動きにあった効果音にも注目してほしい。音と動きが合わさる事で、人間のみが演じるとは思えない臨場感を体感できる。「アースラ」の感情に合わせ動く姿はまるで生きているようだ。「アースラ」といえば、「アラン・メンケン」氏作曲による邪悪さがありながら耳に残る曲の数々も忘れてはいけない。「アースラ」役の俳優さんによる歌声も劇団四季だからこそ可能な素晴らしい配役であった。

実はアースラは、海の王トリトンの姉であった。自分を王宮から追放した弟を恨み続けていたのである。弟の愛娘アリエルの恋心を利用して、海の王の力を奪おうと企んだのだ。何も知らないアリエル。ようやく人間の世界に辿り着き、エリックの王宮に招かれたものの、声を奪われた彼女は、自分がエリックを救い、彼が憧れる声の持ち主であることを伝えることができない。

rtm4『リトルマーメイド』を代表する曲の1つである「キス・ザ・ガール」の場面。言葉は通じなくても、愛は芽生える。

撮影:荒井健/©Disney

 「アリエル」が地上に上がってからのシーンと海底のシーンでは大きな演出の違いがある。海底のシーンでは立体的なパペットや装置によって舞台が飾られていたが、地上に上がってからはどうだろうか?写真の後方に注目してほしい。大きな”絵本”が舞台セットとして用いられており、全体の演出が海底とは異なり、平面で再現されている。これは、地上の世界が「アリエル」にとって夢の世界であり、現実とは一線を引いたものだ、という事を再現している。2つの異なる混在する事の無い世界を上手く分けて再現しているのである。「スカットル」に歩き方を教わるシーンのカモメたちによる愉快なタップダンスも見逃せない。「アリエル」が地上の世界、お城で歌うナンバー「どんな夢より(Beyond My Wildest Dreams)」にも注目してほしい。「アラン・メンケン」氏作曲の舞台版『リトルマーメイド』の為に作られた曲だ。一度聞くと耳からはなれなくなるメロディーなど、曲の良さはもちろんだが、「アリエル」の夢が現実になった感情が爆発する演技をぜひ、見逃さず見てほしい。「今日からすべてが変わる」そんな瞬間を「アリエル」は歌や演技で再現する。心から楽しむ「アリエル」の姿に、歓客もつい、笑顔になってしまうナンバーだ。

アースラとの契約の期限は刻々と迫ってくる。果たして彼女の愛の結末は…… 。

 

初日の劇場風景

初日終演後、幅広い年齢層の観客からは鳴り止まぬ拍手・・・7回のカーテンコールの後、無事に初日の幕は閉じられました。この舞台が完成された物で、年齢問わず楽しめる舞台である事が証明された瞬間でした。

rtm7グッズ売り場も初日から大盛況でした。

歌、演技、音楽、演出、衣装、照明・・・どれを取っても完成された素晴らしい舞台。今回紹介できなかった細かい演出や舞台機構も沢山あり、ディズニーファンも舞台ファンも年齢問わず楽しめる作品に仕上がっています。

rtm8初日のキャスティングボード。

世界中で公演された大ヒットミュージカルの世界最新バージョンを味わえるのは日本の劇団四季のみ。劇団四季とディズニーが築き上げた強固な関係があるからこそ、実現した『リトルマーメイド』。

地上に現れた海底の世界をどうぞ、お見逃し無く!

 

【公演情報】

<公式ホームページ>

アクセスはこちら

<公演日程>

4月7日(日)開幕~12月31日(火)公演分まで現在発売中

<会場>

積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏]  (東京都品川区広町2-1-18)

<会場アクセス>

JR京浜東北線「大井町駅」東口・西口より徒歩3分

東急大井町線「大井町駅」より徒歩3分

東京臨海高速鉄道りんかい線「大井町駅」出口Bより徒歩3分

<料金>

S席9,800円/A席8,000円/B席6,000円/C席3,000円

ファミリーゾーン S席子ども5,000円/A席子ども4,000円

「四季の会」会員料金 S席のみ8,800円

<予約方法 >

ネット予約:SHIKI ON-LINE TICKET (24時間受付。ただし、発売初日は午前10時より)

電話予約:劇団四季予約センター 0120-489444(午前10時~午後6時)

直接購入:各劇団四季専用劇場、JR東日本 びゅうプラザ 他

 

チケットのご購入はお早めに!

 

協力:劇団四季

©Disney

 

 - 劇団四季, 観劇記 , ,