コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』開幕!

1997年に世界のヒットメーカー、フランク・ワイルドホーン作曲にてNYブロードウェイで初演されたミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』。原作はイギリスのバロネス・オルツィの小説「The Scarlet Pimpernel」(「紅はこべ」)。このミュージカルは、脚本・作詞:ナン・ナイトン、音楽:フランク・ワイルドホーンによって創られました。

国内における『スカーレット・ピンパーネル』

日本では宝塚歌劇団星組が2008年安蘭けい主演にて初演。たちまち大人気公演となり、2010年には月組で再演され、今でも宝塚歌劇の数ある作品の中で、常に再演希望の高い作品のひとつです。

dsc_9657

ヒロイン、マルグリット役には、元宝塚歌劇団星組トップスターの安蘭けいを起用。2009年に宝塚歌劇団を退団後、ミュージカル女優として第一線に立ち続けています。2008年の宝塚歌劇団の初演で、日本初のパーシー役を演じ、自身の代表作の一つになりました。今回はパーシーを力強く支える妻マルグリット役に挑みます。

主演、パーシー役は、石丸幹二。今年でデビュー25周年を迎え、日本のミュージカル界を代表する俳優として舞台、テレビなど多くのメディアで大活躍中。 フランク・ワイルドホーンの代表作『ジキル&ハイド』主演で大好評を博し、遂に『スカーレット・ピンパーネル』で、ファン待望、正義のヒーロー役に挑戦。

敵役のショーヴラン役は、石井一孝。ロベスピエール役の平方元基、佐藤隆紀[LE VELVETS](Wキャスト)は、イギリス皇太子のプリンス・オブ・ウェールズの2役を演じます。

演出・新曲にも注目

今回、世界中で多数の作品を演出しているガブリエル・バリーが日本で初めて演出。翻訳・訳詞・潤色は日本の演劇界で活躍する木内宏昌。ワイルドホーン氏による、本公演のための新曲も用意。1曲目は、パーシーのソロナンバー、2曲目は、ロベスピエールが歌い、ブロードウェイ版をベースに新曲を加え、新バージョンとしてお届けします。

また、宝塚歌劇版での「A Piece Of Courage」(宝塚歌劇版タイトル「ひとかけらの勇気」)は同作品を代表する大変人気の高い素晴らしいナンバーですが、今回の新バージョンでは、演出のガブリエル・バリー氏により、ブロードウェイ版の脚本に合わせて歌詞・タイトルが新しくなり、また歌われるシーンも変更して登場。

ストーリーだけでなく、名曲ぞろいの楽曲にも注目しましょう。

 

 

 - 観劇記