コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

舞台版『惡の華』公演中。

別冊マガジン連載のちにアニメとなった大人気漫画作品『惡の華』が初めて舞台化され、浅草ゆめまち劇場にて7月31日(日) まで公演中。

DSC_5530 (1)

舞台版『惡の華』で主役・春日役を演じるのは映画『告白』、『山田太郎ものがたり』等の清水尚弥さんが、仲村役を元宝塚花組でコンフェティでもおなじみの花奈澪さん、佐伯役を第7回東宝シンデレラオーディション審査員特別賞の秋月成美が演じます。

DSC_5147

DSC_5324

脚本・演出は『博士の愛した数式』等の加藤拓也が担当。
原作7巻34話までの中学校時代のストーリーを忠実に再現した舞台は見応えバッチリの2時間。

DSC_5720

仲村役の花奈澪さんによるサイケデリックな迫真の演技は見逃せません。

DSC_5703

複雑に入り組んだ人間模様など、人気漫画原作ということもあり見どころは盛りだくさん。
原作ファンならずとも、魅力あふれるキャスト演じる舞台に釘付けになることでしょう。

DSC_5887

公演公式ページはこちら

 ©押見修造/別冊少年マガジン/講談社刊

 - 観劇記, 花奈澪