コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

「ヨセフと不思議なテクニカラードリームコート 」公演中!

「キャッツ」「オペラ座の怪人」の作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー、「ライオンキング」「エビータ」の作詞家ティム・ライスが初めてタッグを組んだ伝説のデビュー作が東急シアターオーブ(渋谷)にて7月24日(日)まで公演中!

DSC_0667

今最もブロードウェイで熱い気鋭の演出家アンディ・ブランケンビューラーの手による新バージョンとして日本初上陸。

DSC_4572

色とりどりのロイド=ウェバー楽曲が宝石箱のように詰まった作品を、最先端のクリエイターが新たに演出。「夢は叶う!」という強いメッセージが感じられる、夏にふさわしい爽快感に溢れたミュージカルとなっています。

演出を魅る

今、ブロードウェイで最もチケットが取れない話題のミュージカル『ハミルトン』の振付家でもあるアンディ・ブランケンビューラーが演出、振り付けを担当。

DSC_0729

プロジェクションマッピングを多用したステージは衣装をスクリーンにするなど、現代らしい演出となっています。振付家が演出を担当するからこそ可能な映像演出により、シンプルな舞台セットながら、連続して変化する映像により、舞台に引き込まれます。

DSC_4353

映像により、壮大な舞台に。

DSC_4158

照明の演出も見逃せません。
円形状の照明器具により、立体的な照明演出を可能に。

DSC_4701

ストーリー

ヨセフは12人兄弟の11番目で、父ヤコブの一番のお気に入り。

DSC_0032

自慢の息子ヨセフが可愛くて仕方がないヤコブは、彼にだけ特別な色とりどりのコート(=テクニカラー・ドリームコート)を授ける。

DSC_0064

しかし、それが発端となり兄弟間の妬みが高じ、兄達の企みでヨセフは奴隷として売り払われてしまいます。

DSC_0250

図らずも人生の旅に出ることになったヨセフは、行く先々で苦難に見舞われながらも、持ち前の真面目さと努力で道を切り開いていく。

DSC_0522

エジプト王ファラオのもと成功したヨセフと、自分に辛くあたった兄達との思わぬ再会の日がやってきます。

DSC_0776

DSC_0838

DSC_0864

有力者となった自分に気づかぬ兄達に、ヨセフは愛のある行動に出る・・・。

DSC_0956

エンディングのダンスコーナー「ヨセフ・メガミックス」にも注目!

DSC_4649

チケット情報など公演詳細はこちら

 

 - 観劇記, ミュージカル