コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

シェイクスピアの「リア王」手話版、「里亞王(リア)」を観る

LRは4月25日より浅草にてシェイクスピアの「リア王」手話版、「里亞王(リア)」が上演中。

DSC_7076

今年はシェイクスピア生誕450年を記念し、各地で上演企画が行われておりますが、手話での上演はLRの「里亞王(リア)」のみ。

今回は、「里亞王(リア)」の魅力を公演写真と共にお届けする。

DSC_0015

2つの家族の物語「里亞王(リア)」。舞台は広大な国、ブリテン。

里亞王(リア)と3人の娘

里亞王(リア)の長女ゴネリルと次女リーガンは父への会いを言葉巧みに語り、領土を手に入れるが、三女コーデリアは正直に語り、父を激怒させてしまい、追われるように綸州国王のもとに嫁ぐ。これをかばった忠臣ケントは追放されてしまう。

DSC_0046

長女ゴネリルと次女リーガンはやがて、父をうとましく思うようになり、冷遇に憤慨した「里亞王(リア)」は嵐の荒野に飛び出す。

DSC_0063

DSC_0157

DSC_0074

狂気の世界に沈む「里亞王(リア)」の前に現れたのは風貌を変えた元忠臣のケントであった。

「里亞王(リア)」の重臣グロスター伯と2人の息子

重臣グロスター伯の次男エドマンドは正妻の子では無かったため、長男エドガーから地位と財産を奪おうと策略する。次男エドマンドは父グロスターに、兄の長男エドガーが陰謀を企てていると告げ口をし、兄を追い出す。

DSC_0168

さらに、父グロスターは次男エドマンドの虚偽の密告により、謀反の疑いをかけられ、両目をつぶされる。

DSC_0304重臣グロスター伯は風船の割れる音と共に失明する。

DSC_0312失明後の重臣グロスター伯。目元に注目。

荒野をさまよう父グロスターの前に現れたのは身なりを変えた、兄エドガーであった。

DSC_0352

「里亞王(リア)」の娘たちの愛をも得ようとする次男エドマンドの野心は成熟するのだろうか・・・?

DSC_0377

時は流れ、父「里亞王(リア)」の不遇を知った三女コーデリアは父を救うべく、綸州国王を率いて姉たちと戦う。

DSC_7013

2つの家族の運命はいかに・・・。

DSC_0512

手話言語、音声言語、身体表現さまざまな方法を駆使した新たなシェイクスピアの世界。30名以上のオーディションから選考した聴こえない俳優5名、聴こえる俳優8名、そして聴こえないスタッフ6名、聴こえるスタッフ10名が共同して舞台を創り上げている。

DSC_0325

音声と手話、光と闇、響きと静寂・・・様々な対比によって構成された舞台。
パーカッションによる生演奏で、独特の世界観を作り上げる。

DSC_6969

聞こえる人と聞こえない人が共同で舞台を作り上げる事で、各々が生活する世界を表現し、舞台として1つのものに。
身体表現や表情など、様々な”言葉”によって構成される舞台は心奪われる演技の数々によって、引き込まれる。

DSC_7071「利」と「理」が絡み合う、人の愛と困果の物語。

「里亞王(リア)」によって確立された新たな舞台の世界。
LRによる今後の展開、とても楽しみだ。

4/28(月)13:00〜のみチケット残席ありとのこと。
チケットの予約はこちら

【公演情報】

公式ページはこちら

<公演日>
2014年4月25日(金)〜28日(月)

<公演時間>
4月25日(金):14:00、19:00
26日(土):13:00、18:00
27日(日):13:00
28日(月):13:00

<会場>
アサヒ・アートスクエア

<会場アクセス>
東京メトロ銀座線「浅草駅」4、5番出口より徒歩5分
都営地下鉄浅草線「浅草駅」A5番出口より徒歩10分、「本所吾妻橋駅」A3出口より徒歩6分
東武線「浅草駅」より徒歩6分

<チケット情報>
前売券
一般:3500円、学生:2500円

当日券
一般:4000円、学生:3000円

チケットの購入はこちら

<出演>
大橋ひろえ、加藤裕(SET)、山本映子、加藤道子、三上剛、砂田アトム、奥本真司、蒼島えいすけ、岩﨑さと子(ワンダープロ)、數見陽子、大滝樹、貴田みどり(オフィスキイワード)、庄﨑隆志

<スタッフ>
脚色/演出:庄﨑隆志(office風の器)
演出補:野崎美子
舞台監督・照明:清水義幸(カフンタ)
舞台美術:安元亮祐
音楽:芳賀一之
舞台装置・仮面製作:榎本トオル
衣装:川口知美(COSTUME80+)
宣伝写真:齋藤陽道
宣伝ヘアメイク:藤田理恵
宣伝美術:須田真魚
制作:廣川麻子(ヒロカワ企画)、佐々木優佳(ヒロカワ企画)
協力:デフ・パペットシアター・ひとみ、㈱スーパーエキセントリックシアター、アートNPOリンク(アサヒ・アートスクエア協力事業)、バリアフリー映画鑑賞推進団体シティ・ライツ

<公演サポートについて>

聴こえない・聴こえにくい方に
事前に台本の無料貸し出し

※紙版のほかに、データ版を用意し、タブレットなどの端末におとして見られるようにします

お子様をお持ちの方に
無料託児サービス(ゲッティシステム経由で予約購入のお客様向け)

車いす利用の方に
事前にお知らせ頂くことで、席をあらかじめ用意(全席自由のため)

見えない、見えにくい方に
バリアフリー映画鑑賞推進団体シティ・ライツ様のご協力により、弁士によるライブで音声解説を行います。FM周波数88.5MHzで放送され、FMラジオを持参すれば誰でも聴取可能。また当日、会場ロビーにてラジオの貸出も行います(台数限りあり)。また、ガイドヘルパーの方1名様は無料となる他、開演前30分前には舞台説明会を行います。

実施回:4月26日(土)13:00/18:00、28日(月)13:00

※この団体が音声ガイド付きで上映した映画「ゆずり葉」に庄崎隆志、岩崎さと子、貴田みどりが出演していたご縁での企画です。

盲ろう者の方に
介護通訳者1名を無料、見やすい席の配慮、舞台説明会の実施

協力:ヒロカワ企画

 - 観劇記, LR